ムササビ観察日記

主に東京の多摩西部でムササビの生態写真を撮影しています。滑空を見たら、もうムササビの虜になること間違いナシ(^O^)

最近のNKのパターンは。。。

2017-07-15 05:47:24 | NK神社
7月11日

最近蝶撮(主にゼフィルス→御興味のある方はこちらをクリック)に奔走しており、夜の観撮がおろそかに(^^;)スンマソン


TKと迷ったのですが、NKへ。

階段を上り始めて3階建ての樹洞を見ると、中にまん丸のナニカがある。もしやムササビ!?と撮影してみたところ、スズメバチの巣でした(^^;)アラマ

心臓破りの階段を上りきると、暗くなる前にまずは先日の穴熊穴の確認。

イイ感じの穴です。周りには掘り出した土が。中をのぞき込むと少し下がって奥の方で上がっているように見えました。

お参りをしてスタンバイ。
日没後約10分。
裂け目を見ると、アレ??もういるゾ。

裂け目メスです。

10分経過した頃に裂け目を上り始めました。しばらく発射台から様子を伺い、少し上って裏口へでました。トイレ方面へ滑空するかと思ったのですが、更に上って見えなくなりました。
今までのパターンだと、本殿向かって右の森へ滑空していたので、森寄りで待機しました。
少し待っていると、、、ホントに飛んできてくれました!

読みが当たりました。素晴らしい滑空です。
いとウレシ(^^)v


裂け目メス様に感謝デス!!

いつもだと手水舎下から(たぶん)娘が上がってくるので、注視していたのですが、今日は静か…。
裂け目メスの方に目をやるとまだいます。
少し奥、とても近くに光る目が!

お互いに排他する様子もなく、鳴き交わしをしたりしばらく一緒に行動しているようでした。
たぶん娘かな。今日は本殿裏からでした。

この娘を発見後、少ししてテンのスギの樹洞から1頭出てきました。

ジッとこちらを見ています。


左耳が結構ボロボロ。
個体識別に役立ちそうです。

性別を確認すると

どうやらオスです。
耳のボロから歴戦の勇士といったところカナ。

裂け目に裂け目メス
向かいのテンのスギにオス
…そして森で娘と落ち合う裂け目メス。

最近はこのパターンです。実に興味深いです。
前回の追い回していた片方のメスは遠くに行ってしまったのでしょうか。
もしそうだとすると、裂け目メス=縄張りメスかな。
本殿周辺にいつもいるし…。

そして本殿向かって左側でも何頭かの音が。
そちら側でも観撮したいのですが、、、
ナゼカ右側が好きなんですよね~(^^;)

分身がいたら…といつも思います(笑)



ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ムササビの見る世界 | トップ | やっぱり気になる2頭 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
地獄の特訓 (たまにお邪魔しているTW)
2017-07-18 10:12:29
管理者さまおはようございます
あの特訓的な試練の階段を重たいレンズ持って
何度も登り切って待ち伏せしているのに、待合せしている娘たちにすっぽかされ続けているTウォーカーです(苦笑)

でもこんな忍者の抜け穴みたいな穴があるのですね?
近々お邪魔したいですm(_ _)m
Unknown (くまがい)
2017-07-18 17:41:24
ご苦労様です、この暑さではあの階段を登る気力はありませんなぁ。
メス親子の近くにオスがいる場合、第一位候補オスの場合と、オスの子供(メスとオスの2頭が育ったパターン)の可能性もありますね。
この場合は歴戦の勇士っぽいので、第一位候補オスなのかな?
TW様 (ともきりん)
2017-07-19 15:08:21
TWさん、コメントありがとうございます。

心臓破りの階段、本当にキツいですよね。
上りながら、糞や食痕を探したり、今日はどんな観察ができるのだろう。なんて考えて気を紛らせながら上っています(^^;)

穴熊穴は、奥の方に行くにつれて、せり上がっているように見えました。アナグマや他の動物が使ってくるとよいですね。ヒョッコリ顔出してくれると最高なんですが。
くまがい様 (ともきりん)
2017-07-19 15:20:04
熊谷先生、コメントありがとうございます。

前回もテンのスギからオスが出ました。娘が近くに飛んでくると、逃げるように飛び降りていきました。やはり第一位候補オスの可能性大ですね。

向かいの裂け目には裂け目メス(母、たぶん縄張りメス)がいるのに、意外と大丈夫なんですね~

耳のギザギザがなかなかスゴいですね。
ソロソロ名前を付けようかなぁ(^^;)

コメントを投稿

NK神社」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。