バンダナおやじの「心はいつも太平洋」

かつてCafestaでUPしていた日記で、サイパン・テニアンでのエピソードがいっぱいです。

「BAKAMOTOさん完結編」

2017年03月07日 | 思い出話 テニアン・サイパン
さあ、いよいよ「BAKAMOTO」シリーズ最終章!
名前が違っただけで、突然ブチきれた「BAKAMOTO」氏を乗せ、バスは走り出した。
しかし、言われっぱなしでは腹の虫が収まらない!!

私(心の声):「ふざけるなコノヤロー!!だいたい何でこの俺がこんな貧弱なヤローに言いたいこと言われにゃならんのだ!!」
そこで、真っ直ぐカジノホテルに向かうところを、ドライバーに言って行き先変更、私達のホテルのレストランに連れ込んだ。
私:「では、ここで今後の予定の説明と、他にお話したい事がありますので、少々お待ちいただけますか?」
今にも回し蹴りをぶち込んでやりたいのをこらえながら、今後の説明を丁寧にした後、一枚のFAXをとりだした。
この客が、機嫌を損ねているのは、あきらかに名前を間違えた事が原因である、じゃあそれを利用してやろうじゃねーか。

私:「先程はお名前を読み間違えまして、誠に申し訳ありませんでした。」
客:偉そうに足を組み、あらぬ方向を見ながら顎でうなずく。
私:「すみませんが、こちらを御覧いただけますか。コレが旅行会社から送られてきたFAXなんですけど、読んでみていただけますか。」
客:「・・・バカモト・・・・」
私:(間髪をいれず)「ですよね、でもまさか『BAKAMOTO』は無いと思いましてお呼びしたのですが、かえってご不興をかいまして誠に申し訳ありませんでした。」
客:「・・・・・」(不安げな表情になる。)
私:「いや、時々名前の間違ってる事とかあるんですけど、こういったことがあると私共も本当に困るんですよね。今回もお客様が大変不愉快な思いをされたと旅行会社にしっかりと文句を言っておきますので」
客:「いや、いいですよそんな・・・こちらこそ・・・すいません・・・・」

すっかり、大人しくなり言葉も途切れがちな「BAKAMOTO」さん。
それもそのはず、FAXを見せた辺りから私の声のトーンは低くなり、空手の試合の時そのままに、視線鋭く相手の目を見据えて離さない。
全身からは「文句は言わせねーぞ」オーラを放出。ハッキリ言って脅しモードである。

その後、大人しくなった「BAKAMOTO」さん、帰りにフェリー乗り場まで送ったときは、
「どうもいろいろありがとうございました。」
と、朝のあの勢いはすっかり影を潜めていた。 
今回のことは、ハッキリ言ってFAXが読めなかった事、またそれの確認が出来なかった事(確か、直前に追加の連絡で入ってきた客だった。)が悪いのであり、「BAKAMOTO」さんには何も非は無かった。
今思えば、自分達の不手際のせいで、「BAKAMOTO」さんには、悪い事をしたなぁと思う。
でもね、あの時何も声を荒げずに

「え、違いますよ○○です。」
と言っていれば、お互い嫌な思いはせずに済んだ事だったのに。
こういった客商売をしていると、よく起こることではあるけど、確かにお客さんは第一なんだけど、それも常識の範囲があるよね。
まぁこの「常識」ってやつも、人それぞれの価値観で違いがあるんだけれど。
やはり、あきらかに非常識な相手には毅然とした態度で臨まないと、何でも言ったもん勝ちになってしまう。
でも、世の中にはそういった非常識な人が沢山いる。かつて、百貨店の販売員(婦人服フロアー担当だった。)やっていたときも、本当に言いがかりのようなクレーム付けてくる人もいた。
そんな人一人一人に、相手になるのもエネルギーの無駄だよね。
せめて自分は、人から「非常識」と後ろ指さされないようにしたいもんだ。

あっ、ところで「BAKAMOTO」さんの名前なんだったけ?最後まで聞かなかったような気が・・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「続BAKAMOTOさん」2007年11... | トップ | 俺の名前を言ってみろ~❗ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちづ)
2017-03-14 00:08:18
ええ~~っ!!
お名前が結局わからなかったんですか?!!

・・・消化不良な感じです(w)
聞きたい!名前が聞きたい!!BAKAMOTOさ~ん!!
Re:Unknown (bandanaoyaji)
2017-03-14 07:25:30
なんか聞いたけど、その日の夜にはもう忘れていたような。
BAKAMOTOさんの態度の変化を、スタッフと笑い話にしてたのは覚えてます。

コメントを投稿

思い出話 テニアン・サイパン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。