バンダナおやじの「心はいつも太平洋」

かつてCafestaでUPしていた日記で、サイパン・テニアンでのエピソードがいっぱいです。

台風「チャバ」その1

2016年12月13日 | 思い出話 テニアン・サイパン
その①「すぎもーパワー」

さて、ティンティン(台風8号)の残した傷痕も、一ヶ月もたつとようやく癒えてきた。
ただこの年(2004年)は台風が多く、6月末のティンティンが台風8号だったのだが、この一ヶ月半の間に既に台風15号まで発生していた。
そんな8月の中旬、すぎもーが部屋を掃除した。

すぎもー:「誕生日も近いし、気合入れて掃除しましたよ。」
私:「ああ~?掃除したぁ~!?なんちゅう事をしでかすんじゃ!おみゃあが掃除するとまた台風が来るやろがぁ、あかんてぇ勝手に掃除したら。」

そうなのである、かつてすぎもーが部屋を掃除したら、ティンティンの直撃を喰らったのである。
すぎもー:「あんなのはたまたまですよ、僕にそんなパワーはありません。」
私:「そんなん解っとるて、ジョークだわジョーク。」

と、そこに「いや、そうでもなさそうですよ。」と声がする。
声の主はvow3さん。先ほどからインターネットでサイパン周辺の雲の衛星写真を眺めている。

vow3さん:「これを見てください、このチューク辺りに固まっている雲!これってヤバくありません。」
(画面を見る3人)

「・・・・・・」
私:「これは・・・ヤバい・・・」
vow3さん:「どうするんですかすぎもーさん、掃除なんかするから。」
すぎもー:「いや、それが原因じゃないと思うんだけど・・・・」
私&vow3さん:「うんにゃ、あんたが原因だ。」
すぎもー:「もう、好きにしてください・・・」


こんな感じで、この時はまたいつもの台風程度と軽く考えていた。
この後に起こる大災害など知る由もなく・・・・

つづく

さて、この後どうなったのか?台風チャバの勢力とは?「大災害」って一体?次回こうご期待!
この「チャバ」シリーズ、一体どこまで長くなるのやら・・・


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恐怖のマチョティ野郎 2006... | トップ | 台風「チャバ」その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

思い出話 テニアン・サイパン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。