今月の歯科コラム「8020」

2017-06-22 23:02:14 | デンタルプラザ
先日の台風並みに発達した低気圧の影響で、各地は大荒れ。新幹線も架線事故で立ち往生でした。さぞや高知県にある早明浦ダムの貯水率も回復したと思いきや、そうでもないみたいでまた取水制限するようです。

そんな今日ですが、今年前期の学校歯科健診第三回目に行ってきました。今回は一番低学年の歯科健診でしたが、カリエス罹患の生徒さんがほとんどいない!のです。私の学生時代とはカリエスに関して雲泥の差があります。カリエス予防の成果でしょうか?

成果と言えば、平成元年にスタートした「8020」運動ですが、今年新聞報道では「8020」達成者が50%を超えたとのことです。80歳で20本以上の歯を残す「8020」。29年かけて「8020」運動の成果が目に見えて出てきたということにまります。この「8020」に関して今月の歯科コラムで取り上げています。

年少者のカリエス減少、「8020」達成者五割越え、歯科を取り巻く環境も私の学生時代とは大幅に変化しています。これからの歯科医院、歯科医療はどこに行く?新しい発想や理念が必要な時代なのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道香社書作展 | トップ | 今月のブログスター「坂出人... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む