時間の外 

気ままな雑記帳です。話題はあれこれ&あっちこっち、空を飛びます。別ブログ「時代屋小歌(音楽編)(旅編)」も、よろしく。

部屋の中に、あって欲しいもの。

2017年04月29日 | 日々の、あれこれ

先日、新しいソファを買い、それが家に届いた。

それまで使っていたソファは、もう何十年も使い続けていたソファだったので、もう相当ダメになってきていた。とうに寿命が尽きていたのだが、長年使い続けたぶんだけ愛着もあったし、ソファーを買い直すからには、古いソファの処分の問題もあった。

 

今回新たなソファを買うにあたって、大事なポイントだったのは、まず新しいソファのサイズと、それまで使っていたソファの処分の問題だった。

なので、家具屋さんに行って、店のスタッフに、古いソファの処分をやってもらえるかどうかを確認するのは大事な問題だった。

幸い、新しいソファの購入にあたって、古いソファの処分も引き受けてもらえるようだった。もちろん、処分には多少の費用もかかったけれど。

新しいソファを設置する場所は、それまで古いソファがあった場所。

なので、古いソファを処分しないと、新しいソファの置き場所に困ることになる。

 

新しいソファを、それまでソファのあった場所におけないと困るから、サイズはそれまでの古いソファと同じ程度のサイズでないといけない。

また、古いソファを粗大ゴミとしてゴミ屋さんに引きとってもらうとなると、色々面倒くさそうだった。なので、新しいソファと入れ替わりで、古いソファにはなくなってもらわないといけない。

 

とりあえず、それらの問題はクリアできるみたいだったから、新たなソファの購入に踏み切ることができた。

 

 

それまで使っていた古いソファは、私が若い頃に1人暮らしを始めた時に、購入したもの。

私は、学生の頃はもちろん、社会人になってからも数年は実家から通っていた。

学校は実家から十分に通える距離だったし、社会人になって働き始めた会社もまた、普通に実家から通える距離だった。

 

だが、学生の頃は、学校のそばで1人暮らしをしている友人はたくさんいたし、社会人になってからは、早く1人暮らしがしたくてたまらなくなっていた。

親元を離れたかった。が、きっかけがなかった。実家から通う分には、余分な出費も防げたし。

だが、そのうちひょんなことから良いきっかけができ、そのチャンスに私は飛びついた。

まあ、チャンスとは言っても、引っ越し先は会社から遠い場所だった。

はっきり言って、会社に通うには、実家からのほうが近かった。

通勤時間は倍になった。だが、たとえ通勤時間が倍になっても、1人暮らしをしたいという気持ちの方が私は強かった。

そんなこともあり、そそくさと私は1人暮らしのための引っ越しの準備を始めたのだが、その際、引っ越し先にはソファを置きたかった。

 

ソファを部屋に置きたいという気持ちは昔から強かった。

それは、中学の頃によく泊りに行っていた友人の部屋が原因だった。

友人の部屋には、どこかで「ゴミ」として捨てられてた、ベンチが置いてあった。

横長の、3人がけぐらいの長さのベンチだった。

誰かがゴミ出しした「ベンチ」を、拾ってきたのだったろう。

 

で、その友人の部屋に行くたびに、「部屋にベンチがある」という環境が私がうらやましかったのだ。

その友人の部屋にベンチがもしもなかったとしたら、その部屋に訪れる人は、ベッドに座るか、あるいは床に座るしかなかった。

だが、ベンチがあるものだから、けっこうくつろげた覚えがあった。

 

私は自分の引っ越し先に誰かが来た時、ベッドをベンチやソファがわりには、あまりしてほしくなかった・・という気持ちがあったのも一因だった。

横長のソファがあれば、床に座らなくてもすむし、ベッドをソファ代わりにはされないだろう。

 

というわけで、晴れて1人暮らしが始まった時には、最初からソファがあってほしかった。だから、引っ越しした日か、あるいは引っ越した翌日にソファが届いたと思う。

 

で、1人暮らしの始まりと共に使い始めたソファを、先日まで延々と使い続けたことになる。

 

その古いソファ、カバーをはずしてみたら、これがもうボロボロで。

生地はすりきれているし、もう弾力もないわ・・で。

だが、それだけボロボロになるまで私につきあってくれたことになる。

 

新しいソファーを持ってきた業者が、そのお古のソファーを持っていった時、ちょびっとだけ寂しい気持ちにもなった。

思わず心の中で「これまで御苦労さん」とつぶやいてしまった。

 

生物でもないのに(笑)。

 

でも、長年使うと、愛着は湧いてしまうものではある。

 

 

ともあれ、我が家に届いた新しいソファ。

長さは、それまで使っていたソファとあまり変わらないから問題ない。

だが、高さが、今までのソファとは違う。

正直、新しいソファを買う時、その「高さ」まではチェックしていなかった。

なので、新しいソファの「高さ」には、これから徐々に慣れていくしかない。

 

とりあえず・・・新しいソファのフワフワ感・・・これはやはりいいもんだ。

 

 

 なお、写真のソファは、私が買ったソファとは関係ありません。

 

『インテリア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ありがとうが言えなくて」... | トップ | 埋もれた自作曲の蔵出しシリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の、あれこれ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL