時間の外 

気ままな雑記帳です。話題はあれこれ&あっちこっち、空を飛びます。別ブログ「時代屋小歌(音楽編)(旅編)」も、よろしく。

Merry Xmas Everybody  by SLADE

2016年12月24日 | 音楽全般

皆さん、メリークリスマス!

 今年も、クリスマスがやってきました。

毎年このブログでは、この時期になると、私の好きなクリスマスソングを紹介してきていますが、今年もその慣例を守って(?)、私の好きなクリスマスソングを紹介することにします。

 

今回セレクトしてみたのは、スレイドというバンドの「メリー・クリスマス・エブリボディ」という曲であります。

スレイドというバンドは1966年に結成されたロックバンドで、1969年にファーストアルバムを発表。

主に大活躍したのは1970年代前半で、本国イギリスではチャート上位にもたびたびランクインしたようです。

だが、その勢いで、その後アメリカ進出をもくろんだけれど、アメリカでは本国イギリス並みにはいかなかったようです。

その後しばし低迷の時期を過ごしますが、1980年代に入ると、また評価も上昇し、イギリスのみならず、今度はアメリカでもヒットを飛ばしました。苦節?年、よかったね、スレイドの皆さん。

 

メンバーチェンジもなく1991年くらいまでバンド活動は続いだようですが、1991年にメンバーのひとりが体力の限界を理由に脱退し、一時バンドそのものの活動も停止。

でも、その後しばらくして、新たなメンバーを加え、再び活動再開し、今に至るようです。。

 

で、この「メリー・クリスマス・エブリボディ」は1973年のヒット曲。

ハッピーで明るく楽しいクリスマスソングです。

なんでも本国イギリスでは、この曲はクリスマスソングの定番曲として根強い人気を誇っており、クリスマスシーズンになると、再びチャートインしてくることもしばしばあるようなのです。

そういや、日本人シンガーによるクリスマスソングにも、そういう曲はありますよね。それと一緒なのでしょう。

 

楽しげな映像も魅力ですが、なんといってもこの親しみやすいメロディが魅力的。

訳詞を読んでみても、前向きで元気をわけてもらえるハッピーソングなのです。

切ないクリスマスソングもいいですが、やはりこういうハッピーなクリスマスソングも欠かせないですよね。

 

この曲を聴きながら、皆さんもクリスマスをハッピーに過ごせますように。

 

では、どうぞ!

イギリスのロックバンド、スレイドのご機嫌なクリスマスソングです!

ちなみに、あのオアシスをはじめ、多数のミュージシャンが、この曲をカバーしているようですよ。

 

 https://www.youtube.com/watch?v=apoFZv5J6xo

 

 

もしも上記のリンクで映像が見れない場合は、以下のワードで検索してみてください。

音源が聴けるリンクが見つかるかも。

 こちら ↓

 Merry Xmas Everybody  SLADE 

 

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 懐かしいゲームの話で、盛り... | トップ | 旅行記「つげ義春の旅をゆく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽全般」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL