時間の外 

気ままな雑記帳です。話題はあれこれ&あっちこっち、空を飛びます。本拠地は「時代屋小歌」というHPです。

ノーベル賞と、ボブ・ディラン

2016年10月15日 | 音楽全般

私にとってディランは精神的にあまりに大きな存在であり、多大な影響を受け、なおかつ長年憧れの人であり続けてきた。

このブログでも、ディランのことは何度も取りあげてきた。

 

そんなディランが、ノーベル賞に選ばれた。

文学賞だそうな。

 

おそらくこれを機会にディランの音楽に新たに触れる人も増えるだろうし、ディランのことについて記述する本やブログも増えるはず。

ディランのちょっとしたブームも起きるだろう。

十代の頃からディランを聞き続けてきた私が、ディランがノーベル賞をとったからといって、すぐにディランのことについてここに書くのは、まるでブームに便乗しているようで抵抗あるしで、ちょっと葛藤があった。

 

だが・・

 

やはり書いておかないといけないかな・・とも想う。

 

 

思えば近年、ノーベル賞の発表の頃になると、ディランは毎回のように候補にあがっていた。

村上春樹さんがそうであるように。

 

私個人の感じ方で言えば、ディランは作家ではないので、その詩が毎回ノーベル賞文学賞の候補になるだけでも十分凄いと思っていた。

ディランがノーベル賞を取ろうが取るまいが、私がディランの長年のファンであることは何も変わらないので、あまり関係ない。

正直言うと、たとえ候補になることはあっても、実際にノーベル文学賞をとることはないのではないか・・と思っていた。

 

そうしたら・・・本当にとってしまうことになるとは・・。

 

私は、ディランがノーベル文学賞をとったということを嬉しいか嬉しくないかと問われれば、長年のディランファンとして、そりゃ嬉しいに決まっている。

 

その一方で、別の感じ方も自分の中にある。

これでまた、ますます神格化されていってしまいそうだな・・ということと、あまりにも偉くなりすぎてしまったなあということ。

ここまで来たか・・と思うと、感慨深いと同時に、少し遠くなってしまったような・・。

自分はディランに親しみを持って好きでいたから、なおさら。

 

若い頃、ウディ・ガスリーに憧れてたディラン。

ジャック・エリオットのボーカルスタイルを若い頃取り入れてたディラン。

エルビスを愛し、また、そのエルビスからは自作曲をカバーされたディラン。

他愛ないラブソングが多かった時代に、哲学的な歌詞を若い時期に書きあげてたディラン。

ビートルズに心から敬意を表しながらも、ビートルズとは互いに影響を与えあったディラン。

その音楽スタイルゆえ、ブライアン・ウィルソンに恐怖を感じさせたディラン。

ペテン師と言われたこともあるディラン。

裏切り者と言われたこともありディラン。

自身のことを「ソング・アンド・ダンスマン」と表現したこともあるディラン。

著書「タランチュラ」で、読者を煙に巻いたディラン。

インタビューでも、相手を煙に巻く答え方をしていたディラン。

セカンドアルバムのジャケットに、当時つきあってた女の子と一緒に写真に収まったディラン。

フォークロックを生みだした頃には、尖りまくっていたディラン。

絶えず変化を続け、作風も、サウンドも、歌い方も、声も、時には顔そのものも変化し続けたディラン(整形というわけではなく、あくまでも写真写りという意味だ)。

自分のサインが、売却の対象になることを嫌がってたディラン。

自分のやりたいように活動を続け、その結果ファンにサプライズを与え続けたディラン。

ライブのたびに、曲の歌い方も、メロディも、時には歌詞も変え、ちょっと聞いただけではリスナーは曲の判別ができなかったりもしたディラン。

代表曲を平気でライブでセットリストから外してしまうディラン。

社会派の曲を作ったかと思えば、時には、別れた奥さんのために未練たらたらのラブソングも書いたディラン。

特にフォークロックの時代に、難解だがイメージの広がりが無限のような歌詞を書いてたディラン。

気難しい面がある反面、案外俗っぽい面もあるディラン。

若い頃、かなりのイケメンだったディラン。

流出音源が多く、海賊盤も多かったディラン。

60年代、時代の代弁者ヒーローにまつりあげられ、それにほとほと嫌気がさしてたディラン。

その結果、自分のイメージを壊すために色んなことをやったディラン。

バイクで死にかけたこともあるディラン。

70年代、顔にドーランを塗って、旅芸人みたいなライブツアーをしたディラン。

時には映画にもチョイ役で出たディラン。

初来日公演の時、まるでラスベガスのエンターティナーのような雰囲気でステージに現れたディラン。

80年代後半、しばらくスランプにあったディラン。

改宗した時、コンサートで延々説教をしたらしいディラン。

プロモ映像制作のために、日本をひっそり訪れたこともあるディラン。

90年代中盤から、ギアーを入れ直し、通常なら老年とも言われる年代にあっても、好調な活動を続けるディラン。

大病を患い、その治療のために血液を入れ替えることになったこともあるディラン。

アメリカン・ルーツ・ミュージックへのリスペクトと造詣が深いディラン。

いきなりラジオのパーソナリティを務めたこともあるディラン。

権威ある賞を数々受賞してきたが、晴れがましい場所で祝福される時、どうにも居心地悪そうな様子であることが多い、ディラン。

時間軸が交差する、独自のスタイルの自伝を書いたディラン。

自伝でもわかるように、驚異的な記憶力を持つディラン。

ディランを知らない若い警察官から、不審者と間違われ(?)職務質問を受けたこともあるディラン。

孫のために、孫の通う幼稚園に出向き、そこでミニライブをやったら、現場にいた子供に「変なおじさんが来て、怖い歌を歌ってた」と言われたディラン(←その時、一体どんな選曲をしたんだ??)。

あまりに偉大な存在になりすぎてしまい、周りのスタッフにとっては恐れ多すぎて彼に近づけず、リハの時などひとりでポツリとしてることもあったディラン。

そんな、ひとりポツリとしているディランにスタッフの1人が勇気を出して 世間話で声をかけたら、その気遣いに「ありがとう」と答えたディラン。

ジャック・フロストという別名でプロデュースをすることもあるディラン。

ジョン・レノンに「神」という曲の中で本名(ジマーマン)を歌詞の中に出されたこともあるディラン(ジョンにとってはディランはヒーローの1人だった)。

近年のアルバムに、ジョン・レノンに捧げた曲を作って収録したディラン。

ポール・マッカートニーのことについて、「早く引退してほしい。彼の才能を見てると嫉妬してしまうんだ。」と語ったこともあるディラン。

ジョージ・ハリスンとスーパーバンドを組んだこともあるディラン。

ジョージに関しては「ジョージは早くビートルズをやめるべきだった。彼なら1人でも十分やっていけた。同じバンドにレノンとポールがいたら、どんな奴だって出番などない。」と語ったこともあるディラン。

ジョージ・ハリスン主催の「バングラデシュのコンサートでは、主役のジョージ以上に拍手が多かったディラン。

 

そして・・ノーベル文学賞に選ばれたディランもいる。

 

本当に、色々なディランがいる。

私がリアルタイムで見れなかったディランも居れば、リアルタイムで見れたディランもいる。

 

ビートルズは私はリアルタイムでは見れなかった。私がロックにハマった頃にはすでにビートルズは解散していたからだ。

だがディランは違う。ディランはソロシンガーだから、解散ということはない。

あるとしたら引退だが、ディランは現役であり続けるために絶えず変化を続けている。今も。

なので、私はディランに関しては、かなりの部分をリアルタイムで見てきていることになる。これって、幸せなことだろうと思う。

彼は間違いなくポピュラー音楽の歴史に残る「歴史上の人物」だから。

ノーベル賞をとった今後は、なおさらだろう。

 

 

日本では、毎回ノーベル賞発表の頃になると、日本人作家である村上春樹さんがノーベル文学賞をとるかどうかで騒がれている。

そんな中、作家である村上さんがノーベル賞を取れずに、シンガーソングライターであるディランがノーベル賞を取ったことに批判めいいたことを誰かが言っている光景もあった。

その光景を見てて、「ディランが取ったことに批判の言葉を言われるのなら、もうとっとと早いとこ村上さんにノーベル賞をあげちゃってよ」と私は思ったりした。

 

もちろん、私は特別村上さんが嫌いなわけではない。

ただ、そのことでディランが批判されるのは、辛い。

 

 

ともあれ、ノーベル文学賞受賞をディランがどんな反応をするか、それは楽しみ。

どんなコメントを言うのだろう。

というか、ディランは今回の受賞を、どう思っているのだろう。

少なくても、ノーベル賞をとるために、これまでの音楽活動をしてきたわけではないだろうし。

 

ノーベル賞受賞で、ディランはあらためて注目を浴びるだろう。

前述の通り、ブームも起きるだろう。

CDショップでは、早速ディランのコーナーが設置されたと聞く。

 

また、一般紙の新聞の1面に、ボブ・ディランのことが大きく取りあげられるなんて、中々あることではない。

一般紙の新聞各紙の1面にディランの写真がでかでかと掲載されてるのを見て、かなり壮観に思った。その様は嬉しかった。とっても。

 

ボブ・ディラン、ついにここまで来たか・・・という感じで。

 

ディランももう70代中盤の年齢。その年齢で、ディランは更なるピークを迎えたことになるのでは。

 

私は・・・ディランがノーベル賞を取ったことを嬉しいとは思うが、それ以上に、これがきっかけで彼の音楽が改めて注目され、その結果今まで彼の音楽を聴いたことがなかった人に聴かれることになることのほうが、嬉しい。

というか、そうなってほしい。

 

日本では、ディランの名前はビートルズに迫るぐらいの知名度はあっても、実際に彼の音楽は、ビートルズなどに比べたら、知名度程には聴かれていないような気がするから。 

また、テレビやラジオなどで、これだけディランのことが取り上げられ、話題になり、あれこれ分析されたり、議論されたり、語られている状況・・・それが私はたまらなく楽しい。

 

その意味では、ディランを長年聴き続け、愛し続けてきた1ファンとして、ノーベル賞には感謝したい。

 

とりあえず、ボブ・ディランの歴史や伝説に、新たな1章が加わったのは確かだろう。 

そして、広い意味ではポピュラー音楽の歴史にも、新たな項目が加わったことにもなるかもしれない。

 

Dear Mr. Bob Dylan

How does it feel? 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
海外
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 泊まりがけワンダーランド・... | トップ | 病室の白1色ぶりを考える »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ボブ・ディラン (りりん)
2016-10-18 20:06:03
こんばんは。

50余りも色々なディランの姿を列記された文章
とても興味深く惹きこまれてしまいました。
おかげで、ゆうべはディランの夢を見ることが


新聞の一面にディランが出てる!!
朝刊を見たときはすごく嬉しかったです。
今もって、本人のコメントは出てないけど、それもディランらしいです。
ボブ・ディランの評伝『ダウン・ザ・ハイウェイ---ボブ・ディランの生涯』が復刊されるみたいですね。
Unknown (だんぞう)
2016-10-18 20:43:34
こんばんは。
ボブのいろいろな逸話を紹介してみました。
中には、ちょっと笑える、、、というか、微笑ましい逸話もあったのでは。
彼は様々な権威ある賞をとっており、偉くなりすぎてしまったような気がしたので、親しみがわくような逸話も紹介したかったんです。
今後ボブ関係の様々なものが復刻されていきそうですね。楽しみです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL