時間の外 

気ままな雑記帳です。話題はあれこれ&あっちこっち、空を飛びます。別ブログ「時代屋小歌(音楽編)(旅編)」も、よろしく。

闇に映える倉敷美観地区

2017年06月15日 | 

新岡山港からバスに乗り、岡山駅に着けば、そこはもう都会。

少なくても駅の周りは、東京とあまり変わらなく見えた。

 

岡山はそれまで私がまだ泊ったことのない県だった。

通り過ぎたことはあっても。

それゆえ、今回は岡山県にも泊ってみようと思った。

 

岡山駅の前には、桃太郎の銅像だ。

桃太郎の伝説はあちこちにあるが、やはり私のイメージでは、桃太郎はやはり岡山。

 

 ↑ 岡山駅。以前、来たことが一度あるのだが、その時は通りすぎただけだった。単に乗り換えるためだったから。

 

 

 ↑ 桃太郎は、いくつかの地域が「桃太郎伝説」発祥の地であることを主張しているが、個人的にはやはり岡山のイメージが強い。そういや、昔ファミコンなどのゲームで「桃太郎伝説」というRPGがあったっけ。今では「桃太郎電鉄」の方が有名かもしれないけど。

 

 

この日私は岡山駅から倉敷に向かう。倉敷に宿を予約してあったからだ。

岡山駅から倉敷駅までは在来線1本で、すぐだ。

正直、岡山駅から倉敷駅までは、もっと離れてるのかと思ったが、電車に乗ってしまえば、すぐだった。

 

↑ 倉敷駅。案外、岡山駅からはすぐだ。 

 

やがて倉敷の駅に到着。

倉敷といえば、その美観地区で有名。写真などで見ると、まるで時代劇のような町が残されている。

江戸時代の風情を残す町は、なんだかんだであちこちにある。

その中でも倉敷の美観地区は、特に昔の風情を残しているような雰囲気がある。

だから、岡山に泊るなら、ここにしようと思った。

 

駅から美観地区に向かってテクテク歩きだした私。

美観地区のあるエリアまでの街風景は、普通の街。

だが、美観地区に入ると、雰囲気は一変した。

 

 

↑ 倉敷の有名な美観地区に入った。1歩この地区に足を踏み入れると、雰囲気が変わる。 

 

 ↑ 倉敷美観地区のメインの場所には倉敷川が流れ、その周りには柳並木と、古いたたずまいの建物が並ぶ。

 

特に、美観地区のメインのあたりを流れる倉敷川と、その周辺の景観は、時代劇そのもの。

ただ、さすがに人は多い。倉敷を訪れる人は、大半の人がこのエリア目当てなのではないだろうか。

外国人も多い。外国人にとっては、こういうエリアは特に立ち寄ってみたいエリアなのだろう。

人力車もあれば、川船乗り場もある。

 ↑ 現代の服を着た人たちがいなければ、時代劇の世界。

 

 

 

↑ 川船乗り場。川船で移動できる距離は・・あまりなさそうな気もしたが。 

 

↑ 川船。景観にマッチしていた。私は乗らなかったが、値段はどれぐらいなのかな。 

 

↑ 歩いてて、何気に「枝分かれした道」に入ったら、レトロな車が。写真右側に写っている。電話ボックスも見えるが、そういえば電話ボックスは最近減ったなあ。 

 

↑ 川船乗り場の近くに、人力車が。歴史景観地区には、定番になってきている気がする。 

 

↑ ちなみに、この美観地区を抜けると、普通の町になる。美観地区は、異質な空間だ。良い意味で。 

 

 

この日の私の宿は、この美観地区の中にある宿。

なので、宿までの移動を兼ねて、この美観地区の風景を楽しめた。

 

↑ この日の宿。この写真じゃ分かりづらいが、この宿の外観を褒める人、多し。 

 

 ↑ 植物で覆われた、宿の壁。

 

↑ 宿の敷地内。レトロな洋風建築って感じ。この旅で初めて雨が降ってきた。 

 

宿は、まずはその外観が人気と聞いてたが、確かに外観がいい。

宿泊部屋は小さめの部屋で、窓からの眺めも決して良好という感じではなかったが、なにしろこの日の宿泊代が予想以上に安かった。

それこそ、昔「つげ義春さん」が泊ってた、昭和のひなびた安宿の代金にも負けない安さ。

その値段を考えれば、ぜいたくなど言ったら罰があたりそうにも思えた。

 

↑ こちら、内観。明治や大正の雰囲気。廃墟になったら怖そうだが(笑)、人気の宿なのでその心配はなさそう。

 

 

ただ、宿には夕飯はついていなかった。なので、外に食事を取りに出かけた。

そろそろ黄昏時。黄昏時の美観地区の景観もまた良し。昼間の明るい時間帯よりも、風情がアップしている。

そして、やがてこれはもうすぐやってくる夜景への序章なのだ。

 

 ↑ 黄昏の美観地区。なんか、いい感じ。昼間よりも風情がある気がした。

 

↑ 同じ風景なのに、昼間とはけっこう雰囲気が違う。歩いてて楽しい。 

 

↑ 照明が、黄昏の美観地区をいろどる。 

 

↑ たそがれの大原美術館。有名な美術館で、昼間はかなり混んでいた。それにしても、この外観と、黄昏の色合いは、絵になっている。

 

 

当初、美観地区の中にある居酒屋に入ったのだが、ともかく混んでて、注文したつまみが全然出てこない。

しかも禁煙。そう、この美観地区はどこも禁煙らしい。

つまみが出てくるのが遅くても、タバコでも吸えれば間が持つのだが、禁煙なのでどうにも手持無沙汰。

なにより、いくら禁煙の世の中でも、居酒屋で禁煙・・というのはスモーカーには辛い。

そこで、ビール1杯飲んだ段階で、そそくさと店を出て、美観地区の外の「普通の居酒屋」に移動。

なんだか、普通の居酒屋に入った瞬間、安堵した。

 

で、そこそこ飲み食いし、宿に戻るために再び美観地区に入ったのだが、その夜景の風情はどうだ。

はっきり言って、昼間よりも、夜の風景の方が風情があると思った。

もちろん、昼間の風景も風情はあるが、夜景は昼間以上の風情。

 

↑ そして、夜の美観地区。いやあ、この風情!絵になる。昼間よりも好き。黄昏時をも凌駕する風情。 

 

 ↑、 川、橋、柳、建物、そして照明。そのコントラストが素晴らしい。

 

↑ 橋は「中橋」というそうな。分かりやすいネーミング。 

 

↑ 川の水面への写り込みがまた良い。まるで鏡のようだ。

 

 ↑ 建物のスタッフらしき人が、挨拶をしていた。

 

 ↑ いやあ、いいねえ。柳と川船と、川と、水面の写り込みと、照明の相乗効果。武士の装いで歩いたら楽しいだろう。

 

 ↑ メインの道を少し外れた場所でも、この風情。やりまんな~。一応、色んなお店も並んでおり、昼しかやってない店や、夕がた以後に営業を始める店も。

 

 

もし、今度倉敷の美観地区を訪れる予定がある方は、ぜひ夜の美観地区も観てもらいたいと思う。

 

さて、最終日。

改めて、この美観地区を散策。

 

↑ GWや夏休みなどのシーズンは、混み合うのだろうなあ。 こういう道がどこまでも続くなら、歩きの旅も悪くない。

 

↑ ちょっと高台になった場所に来て、美観地区を見下ろしてみた。だが、美観地区の良さは、やはり等身大で見たほうが楽しいかも。 

 

 

昨日は入れなかった、資料館などに入ってみることに。

美観地区には色んな資料館みたいな店がある。けっこう細かく入場料がかかってくるので、観光マップでも参考にしながら、自分好みの資料館を選んで入ればいいだろうと思う。

 

私が入ったのは、水木しげる関係の資料館「ゲゲゲの妖怪館」と、トリックアートの館と、あとなぜかフクロウの森・・という資料館(?)。

水木しげる関係の店は、手作り感満載のミニ「おばけやしき」があった。でも、なぜ倉敷に水木関係のイベント館があったのだろう。

↑ ゲゲゲの妖怪館に入ってみた。 手作り感、満載。でも、なぜ倉敷にゲゲゲの妖怪館があるんだろう。水木先生になにがしかの縁があるのかな。

 

 

↑ ゲゲゲの妖怪館の中にあった「おばけやしき」。これまた手作り感、満載。奥に見えるは、ろくろ首。あまり怖くないので、怖いのが苦手な人もどうぞ。

 

 

↑ おばけやしきの片隅に、こんな鬼太郎の部屋が。子泣き爺としては、恋人(?)の砂かけ婆にもいてほしかったのでは。ここはちょっとした撮影ポイント? 

 

 

トリックアートの館は、トリックの絵と共に写真を撮れば、中々面白いかもしれない。

 

↑ この絵の中に十二支の動物が隠れている。写真じゃ分かりづらいと思うので、興味がある方は、ぜひ現地へ。 

 

↑ この絵と一緒に写真を撮ると、貴方が忍法「畳返し」をして忍者を驚かしたりしてるフリができるぞ。 

 

↑ 不思議な絵。どう不思議なのかは、現地で実際に見れば分かるはず。写真では、その不思議さを再現するのは難しい。 

 

↑ これもまた、この絵と一緒に写真を撮ると、その楽しさがわかると思う。忍者好きな私としては、トリックアート館に忍者の絵が多数あったのが楽しかった。

 

 

あと、フクロウの森は、「森」ということにはなっていても、中は割と狭めの室内が森のように演出されている部屋。その部屋の中に、本物のフクロウが何羽もいて、フクロウとは触れ合うこともできた(触れ合うことが出来ないフクロウもいた)。

私はフクロウを触るのは初めてだったのだが、フワフワした感触だった。

可愛い。

 

↑ この館の中では、来訪者が実際にフクロウを指でなでることも可能だが、この写真の左側に写っている「ビギナー」マークがあるフクロウは、まだ直接触れることはできない。このフクロウは元気で、よく動いていた。だが、写真で「静止画像」として見ると、中々知的な目つきだ。

 

 

 

↑ フクロウって、首が角度的に一体何度までまわるのだろう。 首が真後ろに向いているような・・。

 

↑ まるでウインクでもしてるかのような、お茶目な表情をした瞬間をパチリ。可愛いっす。 

 

 

倉敷美観地区にある施設で一番有名なのは、大原美術館であろう。

だが、混んでいたので、私は入らなかった。

 

でひとしきり、倉敷美観地区を散策した後、倉敷駅から岡山駅に戻り、そこから岡山空港行きのバスに乗り、岡山空港へ。

 

↑ 岡山空港。ここまでくるともう、東京に帰るしかなくなった。 なんか寂しい・・。いっそ、ここから岡山駅に戻り、更にそこから新岡山港まで戻り、船で小豆島に「帰って」しまおうか(笑)。飛行機に乗る前なら、まだ間に合うぞ(笑)。

 

 

↑ 岡山空港の入り口の前に庭園みたいな場所があり、そこにあった桃太郎のイラスト。桃太郎は岡山だよ!と主張しているかのようでもあり。岡山では、桃太郎は、「高知の坂本龍馬」的な存在なのかもしれない。 

 

 

倉敷や岡山の駅である程度「人混み」には慣らしたつもりだったが、やはり東京に戻ると、その混雑ぶりに一瞬ついていけないような感覚を持った。ともかくギスギスしているような空気を、東京には感じてしまった。

 

 

それは・・やはり小豆島で味わった、あの穏やかで優しい空気が恋しかったからだろう。

 

小豆島で過ごした時間は短かったけど、それだけに「一瞬の夢」にも思えた。

普段のギスギスした空間から解放された、一瞬の優しい夢空間だった。

 

 

今回の旅行の大きな目的は、なんといっても小豆島の海の沖合に浮かぶ、「福部島」だった。

で、福部島は私を小豆島に呼んでくれた・・ということだ。

それは小学校の頃、福部島を私に教えてくれた「学研の学習雑誌」のおかげでもある。

 

 

ありがとう、学研の学習雑誌。福部島に渡った、当時の子供たち。小豆島。

私に初めて岡山県に泊らせてくれた、倉敷にも。

 

そして・・・福部島に思いを込めて・・感謝。

いつか渡らせてね、福部島。

 

 

 

 

 小豆島から倉敷に渡った、今回の私の旅行。お付き合い、ありがとうございました。

 

 

『岡山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひとまずさらば、小豆島 (... | トップ | 「アトム・ザ・ビギニング」... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL