バンビの独り言

バンビことけーちんの、あくまでも「独り言」デス☆

聴いてください・考えて下さい★キャンセルポリシーのこと

2017-02-13 14:33:04 | 仕事/お店/原稿

先日、イベントの主宰者さんたちが集まる会に参加して、みなさんが頭を抱えていたのが、参加者さんに「突然キャンセルされる」「キャンセル料を払ってもらえない」こと。

ビジネスホテルは前日にキャンセルしても料金がかからないことから、手当たり次第にとりあえず予約をして、直前でキャンセルをする、というケースが多いと聞きます。

私たちのような小さな民宿でのイベントで、突然のキャンセルはとても困ります。
とはいえ、子どもの病気などで参加できないのは仕方ない。
それでも、参加費が減ると赤字や持ち出しになることもあり、苦肉の策として、キャンセルポリシーを設けています。

去年のGWに2泊・連泊で予約して下さっていた方が1週間前にキャンセルされました。
ちょうどキャンセル料がかからない時期でしたが、それまでに「GW空いていますか?」の問い合わせ電話を何件もお断りしていた状況だったこと、1週間前に空きが出たとしても、わたしたちのような小さな民宿では埋まる可能性が低いことから、とても残念でした。

今回のイベントも、キャンセルのお申し出がありました。
ていねいに事情を説明し、「家族経営の小さな民宿にとってキャンセルは死活問題です。ご理解ください」と30%のキャンセル料をお願いしたところ、既読になってすぐに友だち解除され、そこから音沙汰がなくなりました。
(それまで何度かやりとりをしていたにも関わらず、です) 

一方、イベントをとても楽しみにしてくれていた知人から体調不良でキャンセルの連絡。
「キャンセル料払いますよ」って申し出てくれたけれど、別の方から直前に申し込みがあったので(そこの穴が埋まったので、赤字にはならなかった)
「今回は要らないから、また来てくれたらいいよ」
と伝えました。
(常連さんなので信頼関係があります)

キャンセル料を払ってくれた誠実な方が損をして、逃げたモン勝ちという社会はすごくイヤ。
だから(共通の友人などがいるから)キャンセル料を払ってくれなかった方を突き詰めて連絡を取ることもできるけれど、それよりも、
「キャンセルされたら主宰者が困るんだ」
主宰者側の気持ちに立つ、ということが当たり前になるといいなぁと思ってこの投稿をしました。

数名の身勝手な行動の積み重ねが、主宰者側のモチベーションを下げ、参加者に対する縛りが厳しくなっていくのだと思う。

もちろん、主宰者側も、マメにやりとりをする、などの改善策もあるかと思います♫

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.2.9★こどもの権利・読書... | トップ | 講演します★2017.3.14(土)... »
最近の画像もっと見る

仕事/お店/原稿」カテゴリの最新記事