バンビの独り言

バンビことけーちんの、あくまでも「独り言」デス☆

子育て/「自由」と「放置」の違い

2017-06-29 23:59:19 | 子育て親育ち

わたしは「子どもの自由」を尊重したいと思っているけれど、それは「放置」とは違う。

あるお店の店主さんが、お客さんの子が障子に穴を開けたりおもちゃを壊しても、親はおしゃべりに夢中で気付いていなかったり、気付いてもそのまま帰ってしまうと悲しんでいた。
(それは子どもの気持ちを尊重して大切に育てている「自然育児の親」も含む)

店員もずっと見ているわけにはいかないから、気付くのは帰ったあとだったり、気付いてもお客さんから「どうしましょう」と聴かれないのに「直して欲しい」などと言いづらい。

うちの子が小さいとき、知人の子がうちの家電を壊してしまって、ママは気付いていなくて、言うか言わないかすごく迷ったけど、勇気を出して伝えたら、「もう遊びに行くのやめるね」と言われて「言うんじゃなかった」と後悔した経験がある。
「あなたの家に子どもを連れて行くと気を使うし、何かあったら弁償になると困るから」と責められた気がした。
何でも「いいよ、いいよ!気にしないで」と言えない私は、すごく器が小さいような気がした。 

確かに「ごめんね」で済まされても困るものもある。
例えば修理費がかかったり、新品に変えなくてはいけないものなど。
支払いのときに「なんで私が」と思うだろうね。

もし自分の子が大切にしているものを破壊されたり、思い出の絵本を破られたりしたら、やった子にとってはほんの成長の過程かもしれないけど、そのモノが元に戻ることはない。

壊されて困るものは置かなきゃいいじゃん!
とやんちゃな子の親は思うかもしれないけど、大人しい女の子しかいない家庭は大人インテリアでも大丈夫だったりする。
それなのに、「壊されても良いもので揃える」必要もないよね。

うちの民宿は、子どもの自由を大切にしたいけれど、壊れて良いおもちゃや、破かれても良い絵本はないから、そのことを宿泊予約をいただいたときに伝えてる。

(参照「ご予約をしていただく前に」https://tinchantei.eyado.net/plan.html うちは保険代として0歳の子からも1,080円いただいています。なのでよっぽどでなければ「弁償して」とは言いませんのでご安心を♡)

遊んでて壊れてしまうのは仕方ないけれど、楽器を遊び道具として乱雑に扱われるのはイヤなので、そのあたりはお願いする。

やっぱり、何でも破壊したい月齢の子は、友だちの家に遊びに行くとか外食に行くのは『少し成長するまで』やめておくことが大事かもしれないね。
ずっと続くわけじゃないんだから。
自然の中なら、暴れても、ケンカしても、何かを振り回しても、ぶら下がっても、叩いても、ほぼほぼ笑って見てられるもんね。

基本、子どもは外遊びがいいと思う。

 

そして、「環境や子どもの年齢によって許せるボーダーラインがぜんぜん違う」って話。

うちの次女がおむつ外しをしていた頃(たぶん2歳くらい。布のトレーニングパンツを履いていた)、年長さんくらいの子の家に遊びにいったら、「おしっこ出たりしない?おしっこ漏らさないように見ててよ」と30分おきに言われていた。

私はいつも娘の行動を見ていてその家でリラックスすることができず、始終「おしっこだったら言いなよ」と声をかけていて、娘もイヤだったろうと思う。

どっと疲れて、帰宅後「自分だって、トレーニング中の子どもを育ててきたくせに!」とプリプリ怒っていた。

けど、子どもが大きくなったとき、その気持ちが分かった。
「おもらし」と無縁な環境になったら「おしっこ用の雑巾」など用意していないし、ソファの上や、座布団の上でおしっこされたら、洗濯して干すのは私。

ソファの
シミが残ったら、それを見るたんびに「あーあ」とガッカリするだろうし、ソファの革を張り替えてなんて言えない。
我が家は当時、イタリア製のオーダーソファを使っていたので、小さい子が遊びにくるとおしっこしちゃわないかやっぱりドキドキした。

自分の子がおしっこうんちまみれの月齢の時は「あぁ、いいよいいよ。これで拭いて」とおしっこ用の雑巾を快く差し出せるし、「うちの子が汚したものと一緒に洗っちゃうから大丈夫」と言えるけど、その時期が過ぎたママさんには、そのための仕事が増えるのはイヤだなぁと思うだろうな。

あと、よそん家で、おしっこの水たまりができて、それを「布おむつでさっと拭いておしまい!」って環境に耐えられるのは、「じぶんちの子がおしっこうんちまみれ」の時期限定だと思う。
その頃はかなり許容範囲が大きくなってるから。
とーぜんだよね、どーでもいい、って時期。 


それを「自分だって子育てしてきたんだから、それくらい許せよ」ってのは無理がある気がする。
まみれ渦中にいる人と、その時代にオサラバした人では、別次元な気がする。

もちのろん、自分だって子ども時代を過ごしてきて人さまにいーっぱい迷惑かけてきたんだし、自分が子育てしてきたときにもいーーーぱい助けてもらってきたわけなので、ヒステリックになる大人には「おまえだって子どもだっただろ!」と飛び蹴りしたくもなるけれど(私、基本、子どもと親の味方なので)、

気を使わなきゃなんないお家や、やんちゃな子を連れてお店に行くのは「落ち着くまで待つ」ことが、親にとっても相手にとっても子どもにとっても幸せな選択かなぁと思う。
もし、お店やよその家に行ったなら、子どもを「放置」しないことと、何かあったら「直すよ」「弁償するよ」の姿勢を見せることが大事だと思う。 

結論…子どもが小さいうちはやっぱり野外で遊ぶのがいいと思う!

今回は「自由と放置を勘違いしてる親が多い」ということで嘆いている店主さんのお話を聴いたので、子育て中のパパママさんに向けて書かせてもらったけど、一番の理想は、「うちの子、よその子関係なく、叱ったり、抱きしめたりできる関係性が築けるといい」と思ってます! 

(仲間づくりが大事!って話しを講演でしています♡呼んでね! http://bit.ly/2upTjLk ) 


Facebookでいただいたコメントを少し内容を変えてこちらで紹介させていただきます……

だからうちは森へ行きます(^ ^)

旅行もキャンプ。
基本外❗️

……

うちは、叱らない子育てなんですぅー
私の家のめだかに、洗剤いれて、ぐるぐる回して殺しちゃった
そういう育児は自分の家だけにしてほしいです😢

……

勇気出して言えたのはすごいな。
私、何に対しても今でも言えんよ。
いくつ壊れたかなぁ…
それも夜使おうとしてで気づいたり。
外!外!外で遊んでおいで!も何回言ったかなぁ…

……

この事例は私も耳にしました。
子供の自由はやっぱり親の管理化の範疇ですね。
尊重はするけど全て私の場合はしっかり管理しています。

……

私、乳幼児親子の遊び場で思っていることは、「親同士が繋がって見合う関係性が築けるといいな。そのための場の提供なんだよな」ということなのね。
だからって親同士話に夢中になっていても、今自分の子どもがどこにいるか、何をしているのかは心のどっかになきゃいけないと思ってる。
だからスタッフの関わり過ぎには注意が必要だし、見えてないかな?と思う時の声かけもお母さんを責めるのではなく、気づいて貰える声かけをしていくことが大事だと考えるんだよね。
でも、遊びに来る親子の背景は色々あるから(子育てにいっぱいいっぱいなお母さんとかね)やっぱ「こうでなきゃ!」はなくって、臨機応変。悩みながら日々関わっています。
……
自由について、「自分が自由にしたかったら、相手の自由も考えなきゃね」という言葉、いまでも、脳裏にこびりついています。
……
うちも、そこはわきまえてダメなものはダメと言います。子どものが魂レベルでは上だとか個性を潰したらダメだとか色々意見はありますが(爆)
社会に出て行く上で最低限のマナーは教えるのが親の務めだと思っているので( ;∀;)
至らない点が多々ある親ではありますが、外食で食べこぼしたものとか後片付けをしてから必ず出るようにはしています^_^ 
……
昨日のお話会に来てくれた人が、「子どもがとあるお店の床を汚したのに気づいてなくて、同行していた友人が再訪したときに叱られたらしく、わたしもこれから謝りに行く」…と。
けーちんが言うように、壊されていいものなんて、ひとつも無い。
わたしも店やってたからわかる。
でも、放任していて壊したり汚したりするのと、そこそこ気を付けていても壊れたり汚れたりすることは全く違う。
誰かのモノを壊したり汚したりしたときに、素直に「ごめんなさい」の気持ちでどうすればよいか伺いを立てる(弁償の申し出だとか)態度や、申し訳ないという気持ちを受けての寛容さが薄らいできているのかな。
だって、壊したり汚したりなんで、大人だって失敗することあるじゃない。
全てなくすことはできないし、使ってればそれなりに傷んでも来る。
それを全て飾り物のようにいつまでもぴっかぴかに保とうというのもなんか違う気がする。
ちびっこの振る舞いについては、思いっきり自由にふるまってよいところ、大切なものがあるところ、これは男女の差は傾向としてはあるけど、どんな日常生活を送ってるかで3歳くらいになればなんとなくわかってくるもんだったんだけどな。
たとえば、「ガラスや瀬戸物は乱暴に扱うと割れる」って経験すればかなりのインパクトなのですぐに学ぶ。
そもそも大人も丁寧に扱ってれば、それを真似るようになる。
ものを丁寧に扱うオトナの振る舞いを目にする機会そのものが減ってるから、無暗に乱暴なんじゃないだろうか…という気がすることもあってね。
これも決めつけはできないけど。
で、「𠮟り方」を教えてほしいという話にもなり、叱る、怒る、躾、ってそもそもなんだろうねと思ったの。
わたしはただ、「大切だと思うこと」が共有できるように「伝える」で十分だと思う。
感情的になることは否定しない。
あとで誤ればいいもの。
子どもを前にしたときのオトナが「偉そう」だと子どもが学ぶのは「力関係」になっちゃう。
わたしはそれを一番避けたいんだなぁ。
……
けーちんと初めて出会ったあの日、息子はお店の絵本にボールペンで落書きしちゃいました。

お店の人に申し出て、消せないから、後日同じものを買って返しに行きました。
いい絵本だったから、これもラッキー♪と思って。

でもこれ、自分が居なくて、高い家電だったら恐ろしいなと、男児の母として感じたことでした。

自分のものか、他人のものかを考えて行動しようね、と伝えています。

難しいけど、伝え続けるしかないし、何かあれば親がきちんと謝ってそれなりの弁償をする。
そういう姿を、背中を見せるしかないなと思っています。
……
やんちゃな息子故、親の対応をいかにするか?を日々学ばせていただいてます
結局は親の対応だと思ってるので💦
……
あーーめっちゃわかる!
うちの店にもいろんなお客さん来るから。

私の場合、親がそばに居て子供の動きを気にしたり乱雑に触った時に注意してくれる親ならたとえ壊されてもいいですよって言っちゃう。

でも親がそばにいるのに子供が乱暴に触っても子供に何も言わず壊された場合は半額弁償してもらうようにしてる。
そういう親に限って子供が壊したって気づくと何も言わずそーっと帰ろうとする!かなりな高い確率で(笑)
なので余計に腹立つから見逃さずに弁償してもらう。

そういう親はその時になってようやく子供を叱る…ってか怒鳴ってる^^;
遅いっちゅうの!
ちなみにそういう親は子供を怒鳴りつけるだけで店側に謝らない人が多い^^;
やっぱり子供の行動って親を見ると納得するなぁ。
そうならないと気をつけてもらえないのは悲しいけど痛い目にあって次からは学習してもらえればいいか(^^)
……
本来は、子どもがよそのおたくのものを壊したら親が注意して、相手方のお宅に子どもと行って、弁償なり謝罪するのが当たり前と違います?
じゃあ遊びに行かない、とかいう親とは関わりが切れて良かったのかもしれないし、そこの子どもがまともな教育受けれなくて可哀想と思いますね。
……
放任と責任ある親はちがう。
こないだバンビさんと話してたみたいに、STEP受けてるお母さんでも一回だけとかだとそこら辺を誤解したままになる人が多い気がする…
自主性を〜…と言っているお母さんたちも然り
ルールやスキルは教えなくちゃいけないし、壊したり本当に迷惑をかけたなら、きちんと謝罪する姿勢を見せるべきだし、考えられる年齢ならばどうするかを一緒に考えなくちゃと思うー。
……
私は、もう行くのやめるね、の人の気持ちもわかる。
で、どんなにみてても限界があるし、うちもビミョーなバランスで大事なものがそこここにあるから(片付いてないからw)、招き入れるのも苦手。
だからやっぱり外がいい。
けーちんの好きなドイツでは、やんちゃコゾーは怒鳴りつけられると在住の叔母が言っていた。
ドイツでやんちゃっ子の育児は日本より厳しいらしい。
……
そこんとこ、履き違えている森のようちえん関係者いるんだよねー
……
そこ!それ!
バリアフリーカフェを営むオーナーさんと、バリアフリー整体室を営むわたしが、いつも眉間をコイル巻きにしながら話し合ってる案件。
大切なものを大切に。
人の場にお邪魔する。
この、当たり前をどう伝えればシェアできるのでしょうか。
正解はないかも…だけど。
……
分かるなーー!!!
わが家も、やんちゃっ子2人だから、場所の使い分けをしているよ。
自分が疲れてるときは壊しちゃ困る場所には連れてかない。
一緒にどっか行くときには、なるべく1人ずつにするか、ちゃんと見てるぞ、と決めて、ちゃんと付き合う。
子どもを怒るのをいやがる方もいたりするし、一方ちゃんと注意するのを望む方もいるから、注意の仕方も難しいことも。
できるだけ大声で怒鳴らないように注意してる(つもり)。
結局は、社会の中で生活させてもらってるわけだから、自分も周りも気持ちよくいられるように、に尽きるよね。
けーちんにそんな風に言ったお友達は、病んでたか(笑)、ヘルプが必要なくらい、もういっぱいいっぱいだったのかなぁ。
もしそうじゃないなら(そんな母が最近増えてるなら、悲しいね)、ちゃんと大人になりきれてない(責任を知らない、子どもたちの模倣になれない)のに親になっちゃったのかな。
ずっと見ていなくても、気にかけるというか、心の目で見ているだけで違うよね。
私は自分がのんびりしたいときは、大人の人数増やして自由タイム作る(その代わり自分も他の子どもも一緒に見る時間を作る)か、キャンプか、気心しれてる友人宅か。
そうじゃないところは覚悟決めて行く。
とはいえ、やんちゃっ子2人見ているのは大変なので、「大人の都合」はなるべくやらないようにして(行くならキッズスペースのある場所とかに)、穏やかにいられることを心がけてる。
だから、外食好きのママ友との付き合いがつらくて、たまにしか顔を出せない(息子たち、お店で飽きてさわぐ。ママたちには、お店なのに子どもから目も気も離して他人任せになる人もいてヤキモキするので)。
 
ちなみにわが家は、何かあったら困ると思って、生協の共済に追加できる(160円くらいでつけられる)自賠責に入ってます。
というか、この特約のためだけに保険に入ってる。
子どもが自転車乗るようになって、意図せず誰かを傷つけてしまったら、それこそ何千万、億って単位を保障しないといけないことも…って考えてつけてたけど、今回これが役に立ちました。

けーちんの書き込みを読んで、気にしないといけない場所でイベント等するときには、事前に「ちゃんと子どもたちを気をかけて、何かないようにお願いします」と周知していこうと改めて思ったよ。
怪我もしかり。
同世代で育ち合っているなら、周りのママたちの意識も変えていかないとなーって思ったよ。
添加物や生活品の意識を変えるのと違って(それも大事だけど)、適さない場所で子どもから目を離すのは、してはいけない類の「迷惑」だし、何より危ないもんね。
……
 
「放任」ではなく「放置」ということば。ほんとに、当てはまる
……
 こういうのの捉え方は、本当に人それぞれで難しいね。。
良識の範囲で折り合いつけながらなんだろうけども。

自分の都合のいいように受け取る人ってやっぱりいて、私が前に思ったのは、アドラーの嫌われる勇気。
これを履き違えると幸せの方向には進まないだろうな〜と思ったよ。
 
……

絶対的な自由はないと思います。
生きている限り。
ちゃんとルールに根ざした自由でないと、すべてのひとが自由になれないですよね。
本当の自由は、誰もが安心していられるものだと思います。
……

私がまだ19歳くらいの時、バイト先のファミレスでお母さんたちがおしゃべりに夢中になってました。

傍らでは離れたソファー席まで、移動した小さい子ども…やっと歩けるようになったくらいの子が大人のフォークを握って、不安定なフワフワのソファーをフラフラ歩いてて…怖くて怖くて…。

お母さんたちは全く見てなくて…言おうかな?言った方がいいかな?
と思ったけど言えなかった覚えがあります。

ただただ、仕事しながら子どもを気を付けて見てるしか出来なかった弱い自分…

壊すってこととは違う話題ですが何だか思い出してしまいました…
たぶん、今なら親御さんに言ってしまう気がします😁

見守るって難しいですよね。
でも、見守るって、最終的な責任は自分がとる。って覚悟もいるのかな?とはどこかで思います。

それは子育てだけじゃなくて、仕事でもそうなのかな?と。
私が先輩たちにしてきてもらったことですね😊
……
うちは(とくに長男)、けーちんとは逆の立場になることがよくあったので(つまりは破壊者)ハラハラしっぱなしでした💧

私がその相手の立場だったら、けーちんにきちんと言ってもらえてよかった、と思うよ。
だって、その後も気持ちよくお付き合いしたいもの。

その上で、言うか言わないかは別にして「しばらくは遊びに行かせるの遠慮しておこう」と思うかな。というのは、弁償させられるから、とか、めんどくさいから、とかそういう理由ではなくて、やはり、男子、何やらかすかわからんから、よそのお宅の大事なものを、いつまた壊しちゃうかわからない。それは弁償できるものならまだしも(物として、という意味)お金だけで済まないものもあるじゃない?そこに思い出もある、とかね。

だから、お宅にお邪魔するのは、しばらくはやめにしといて、「公園であそぼーぜー」てするかなー。
……
難しい問題ですねー。

うちは、玄関の前に
車がUターンするスペースがあって、
その反対側になかなかやんちゃなサッカー大好き少年がいて。
よくそのUターンスペースでボール遊びをしているのですが、
しょっちゅううちの玄関のドアや車に当たってる音がするんです。
ご両親共働きで鍵っ子で。
もし何か壊れたらどう対応しようか、いつもヒヤヒヤしてます。
でも昨今、子どもが放課後に遊べるスペースって本当になくなっちゃったし、
彼もわざと当ててる訳ではないし、
私もその場を見てるわけでもないし…
ふー悩みます。

うちの斜向かいのお庭にもボールをよく飛ばしてて、
ボールを取りに行くためにその子やお友だちがいつも乗り越える、共同管理のフェンスがあるんですが、
それもまたがり過ぎて壊れちゃって…
グラグラしてるから結構危ないけど、これ直すの結構面倒で高そう…
これもどうしたもんか。
でも、うちにもベビーだけど男子いるし、いつかは我が身?
とも思うと、余計フクザツです。
ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 親の老いと、「今日」は特別... | トップ | 老齢の両親へ「聞き書き」 »
最近の画像もっと見る

子育て親育ち」カテゴリの最新記事