バンビの独り言

バンビことけーちんの、あくまでも「独り言」デス☆

私に必要なのは、カリスマ性でもファンではなく「友だちと仲間」

2017-07-06 13:48:57 | いなか暮らし・ちんちゃん亭

わたし、チヤホヤされるのが好きじゃないのん。
だって、それ、フェアな感じしないからさ。

ファンを作り、カリスマ性を持てばどんだけでも金儲けできるよね。
でも、ファンとか、憧れとか、カリスマ性って、ほんの一時だけだよ。
教祖を作りたがる人って、次の教祖ができたらさっさと去っていきまっせ。
いくらそのときは「絶対無二」と言わんばかりにチヤホヤしてくれても。

そもそも、この人に会ってこの講演聴いたら人生変わっちゃうってのなんてないから。

あとね、憧れやカリスマ性は、妬みと紙一重だと思ってる。
手が届かないうちはチヤホヤするけど、自分がそこに近づいたら煙たくて面白くない存在になっていくと思うよ。

わたしカリスマ性はいらないしファンもいらない。

私に必要なのは「友だちと仲間」。
助け合い、支え合い、受け止め合う関係性。
金銭のやりとりなくても、話しを聴き、聴いてもらえる関係。
助けてーと言い合える関係。

「憧れです」「尊敬してます」と評価をもらうよりも「大好き」って言ってくれた方が嬉しい。
「けーちんが弱った時は助けてやらんとしゃーないな」って思ってくれる方が嬉しいのです。

………………

Facebookに投稿して、頂いたコメントの返事を(時間かけてしっかり書いたので)ここに載せます

 
先日、「『子育ての悩みを聴くよ』と言われて、相談料として提示された金額が20万円以上だった」と話してくれた方がいて、私がよくFacebookで書いている「お金」にまつわる投稿を思い出して踏みとどまってくれたけれど、そこにいた人は申し込んだんだって。
その方はカリスマとおだてあがめられ、教祖さまみたいにみんなが心酔していたそう。
わたし、すごい世の中になっちゃったと思ったの。
SOS出したり相談するだけなのにそんな大金を払わなきゃいけないって。
 
もちろん、心理学を学んだ人や、医療を学んだ人や、そういう時間もお金も情熱もかけて学んだ人はそれなりの対価をもらうことは当然だと思ってるよ。
 
一方で、たっちゃんみっきーのように、価値を金額で計らず、どんな人からもゼミはワンコインしか取らない(余裕がある人からはありがたくいただく)。そのお礼は、子どもに向き合い続けることで返していきますってこと、ステキだなぁって本気で思ってる。
 
水野スウさんって石川県の方をお招きしたときも、彼女は数十年間、毎週、参加費無料の井戸端会議の場所をつくってきたの。
スウさんが言うには「話しを聴いてあげるなんておこがましい。話しを聴かせてもらってる」って。
わたしもそうでありたいなって思ったの。
 
誰かを憧れることやファンになることは大事だと思うよ。
真似してみることも大事だし、そうなりたいと思うことも。
でもわたしは講師の立場で「私の話しを聴けばあなたは変わる」「私に会えば人生観が変わる」なんて思わないし、そんな風に言いたくないの。
 
どこの街にも古くからある「スナック」って、看板ボロボロだし狭いし、古いし、料理は美味しくない。
けどなんで廃らないかというと、行きつけの人の居場所になってるからなんだよね。
スナックのママは、憧れの人じゃなくて「俺らが支えてやらなきゃいかん人」なんだよね。
だからお金も落とすし、酔っぱらいからママを守るし。
 
ちんちゃん亭は「ファンを増やす」というより「一緒に関わっていたい人・場所」になるといいなぁと思ってる。「ファン」って言葉ちょっと上下関係や距離を感じるんだよね。
もちろん無料では無理な部分も大きいから「持続可能にするために」宿泊代や参加費はいただくんだけど。
 
私は自分の講演代は3万円もらうことにしていて、その理由は「前日と当日は宿泊含む他の仕事は一切入れない」こと。
そして、告知協力はするのでできればワンコイン500円にしてとお願いしてる(近所の人や、園ママさんを気軽に誘える金額)。
頑張って参加費が3万円以上集まった時は主催者さんたちの打ち上げなり楽しいことに使ってねって話してる。
 
>かえってお金に執着してるなーって感じちゃうよ
執着というか、社会にとってのお金のあり方を長年考えてきてることは確か。
「お金はただの道具」だから人を幸せにすることもあれば不幸せにすることもあるよね。
ゆえに、どう使うかだけでなくて、どう受けとるかについても「適正かどうか」「フェアかどうか」気をつけないといけないポイントだと思ってる。
だから「お金のブロックを外す」って言葉は人を思考停止にする危険な言葉だと思ってる。
お金の使い方・受けとり方は常に慎重になるべきだと思ってるの。
 
やっぱり、「金額=価値」みたいな社会は寂しい。
たっちゃんみっきーの話しも、ガクちゃんも、スウさんの話しも、私にとったら500円なんかじゃもったい宝物みたいなお話。
けどどうして彼らがこの金額にするのかって意味はすごく大きいと思ってる。
 
お金でしか解決できないことも、お金では解決できないこともあるよね。
それは分かってるよ。
でもわたしは、お金じゃない繫がりをもっともっと大事にしていきたいと思ってるよ。

ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老齢の両親へ「聞き書き」 | トップ | 2017.7/24(月)「森... »
最近の画像もっと見る

いなか暮らし・ちんちゃん亭」カテゴリの最新記事