お寺の奥さんの幸せな暮らし

自分も他人もみんな幸せな暮らしを目指してます。
自分の体験や本や人から教えてもらったりした幸せになるタネを紹介します。

失敗したときの自己批判は逆効果

2016年10月16日 | 心・考え方
失敗したときの自己批判は逆効果です。

失敗したときあなたは自分にどんな言葉をかけていますか?
「どうせ変わることなんかできないんだ」
「どうにでもなれ」
なんて考えてはいないでしょうか?

これらの言葉は、更にストレスを増やし、
今までの努力が水の泡になってしまうような行動を引き起こしやすくなります。
この現象を心理学では「どうにでもなれ効果」というんですって。

自己批判をして罪悪感を抱くより、
自分を許した方が早く失敗から立ち直ることができますよ。

自分に思いやりをもって失敗したことを振り返ったほうが、
失敗したのは自分のせいだと、認めやすくなるんです。
罪悪感は必要ありません。

判断力が戻って、じゃあこれからどうしたらいいかを考えやすくなるんです。
その結果、他人からのアドバイスも素直に聞けるようになったり、
失敗したことから学ぶことも増えます。

まちがいや失敗は誰にでもありますよね。
重要なのはその後、自分を責めすぎて
失敗を繰り返す悪循環にはまらないようにすることです。

失敗したときは自分を許して自制心を取り戻しましょう!




ぽちっとしてくれるとうれしいです
人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
« 言ってはいけないこと | トップ | 失敗した自分に思いやりを持... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL