塩を売って緑を買う男・バンベンの日記

塩や重曹を売りながら内モンゴル・オルドスの砂漠緑化を進めるバンベンの奮闘記。商品についてはHP(バンベンで検索)まで!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

健一歳、親一年

2016-12-13 | Weblog
12月10日(土)

前夜に健の咳・鼻水が止まらなく、家族3人ほとんど寝ずに迎えた1歳の誕生日。まず車で実家へ。両親を連れて大橋の木曽路へ。妻の両親も来てもらい、11時からささやかな1歳の誕生会。餅踏みや選び取りなど儀式的なことは僕はよくわからない。妻の言われるがまま動いていたらスムーズに終わった。健ちゃんが数ある職の中から一目散にお医者さんセットを選んだのにはみんなびっくり。座敷内を歩き回り泣きまくる健ちゃんを中心に和やかなひと時を過ごした。両親を実家まで送り届けて公式行事は終了。

午後は宗像まで車を飛ばして上田家のホームパーティーに参加。つい3年前までは独り身でファミリーという言葉が一番似合わない男だったのに、大人も子供もごちゃまぜのイベントに馴染んでいるのが不思議でならない。健ちゃんもお兄ちゃんお姉ちゃんに交じって物おじせずに動き回っている。
あっという間の1年。この1年間の健の成長ぶりにはただただ驚くばかりだが、自分自身の変化も大きいような気がする。50歳にして生まれた息子なので子と孫が一度にできたようで、とにかくかわいかった。思いっきり笑って思いっきり泣く、ひたすらハイハイしていたかと思うと電池が切れたかのようにぐたっと眠る・・・。強い生命力が感じられ、自分も刺激を受けた。

ベッドから落ちたと救急病院に駆けつけ、ノロに罹ったとオロオロ・・・。1日保育園に行ったら菌をもらってきて1週間休む・・・。最近は夜の咳と鼻水に悩まされている。1年経っても親としてはまだまだだが、夫婦で協力していろいろ乗り越え、少しずつ居心地のいい家庭になってきている。
共働きだったので、収入減と出費増のダブルパンチ。飲み事出事を減らしたり、最近は家でのビールを控えたり・・・。でももっと稼ごうという動機付けにもなっている。
子供を抱っこして歩いているといろんな方が声をかけてくれるのでちょっと社交的になったかも。

些細なことにも敏感に反応するようにもなった。例えば、息子を抱っこして保育園に送りに行くとき、前にくわえタバコの男性が悠然と歩いていた。前はまったく気にしなかったが、その時は息子にタバコの煙を吸わせてなるものか、と声を上げて注意しようと思った。結局注意する勇気もなく、通りを曲がって別のルートで保育園に向かったが・・・。

あと息子やその後の世代が幸せに暮らせるように、持続可能な社会づくりのために何ができるか考えるようになった。無駄な税金を使って後世にツケを回したくないとか、これ以上環境が悪くならないようにしたいとか・・・。

これからも日々、健の成長と自分・夫婦・家族の成長を楽しんでいきたい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チアーズマルシェに出店 | トップ | 出前講座IN周望学舎 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。