ばん馬のいる風景-BANEI Photo Gallery -

ばんえい競馬や草ばん馬などの写真を紹介しています。

あれちくの合宿を追っかけて

2016-10-18 21:10:32 | 2016年
帯広畜産大の競馬サークル「あれちく」の合宿を、取材させていただきました。道新十勝版土曜朝刊の「サタデーBANBA」です。
ブログに嬉しいことを書いていただいたのでリンクしちゃうぞ。ブログだったから私もブログで。

http://ameblo.jp/chikudai-keiba/entry-12210903183.html

これは、わかりやすく感想を述べてくれた、あれちくのみなさんがすごいんです。
普段からばん馬を見て、馬の気持ちを考えることができるから、人間ばん馬を体験したときにこのような感想を言えるんです。ほとんどの人は「つかれたー」で終わるんです。
私も初めて聞いた感想だったので、ビビッ!! ときたのです。想像もできなかった。

この時の感想は全部は紹介できなかったのですが

・チームだから引いたけど、1人で引く馬はすごい。膝を折る気持ちがよくわかる
・山を越えて、疲れているときにまだ引くのはすごい。休むと、次の一歩がつらい。ゴール前で止まる馬ヤジれない
・(苦しんでいるときに)これでヤジられるのは辛い。これからは頑張れと声をかけたくなる。
・横にいると意識する。

でした。
みなさんのばん馬になった感想、楽しみにしています。
馬の気持ち、騎手の気持ち、馬を見守る関係者の方々の気持ち…
理解に近づいた時、ばんえい競馬を虐待だとは言えないと思うんです。
『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月17日(月)のつぶやき | トップ | 10月26日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。