肉腫という稀な病気と生きてます。

延命の難しいガンですが、今年6年目を迎えてこれまでの病遍歴や現在の状態をつづります。

やだやだやだやだーーーー明日はPET

2017-05-15 21:24:09 | 日記
もう本当にイヤなんである…

CTなら まだ拘束時間も短くて
造影に手間取られると腹が立つが
我慢も出来る範囲内。

MRIの
ヘッドホンをした所で
あのヒドイ騒音と30分という時間の長さの中
「 内臓が動いたら やり直しになります 」
脅しとも言える 技師さんのセリフに
オシッコ行きたい病が最高潮に達して
顔面蒼白 心臓バクバクのパニック状態!
コレを耐え忍ぶには 本当に大変なの毎回。。


だから PET CTは 地獄((((;゚Д゚)))))))

頭から足までの全身拘束に加えて
手もバンザイの状態でピクリとも動かせない
顔面用の鉄板の様な機械が
鼻先のギリギリまで接近して来るのを
チラ見なんか した日にゃ もう血圧上昇
冷や汗ダラダラ 圧迫感満載の中での
20分以上は いっそ気を失いたい位の
恐怖なんである。

しかも撮影が終わるまでの
全行程に3時間は掛かる事も
億劫になる理由の一つ…
事前に投薬したブドウ糖が全身に回るまでの
安静時間と撮影後の被曝を散らす安静時間

技術の進歩でこの辺も
改善されると 検査ももっと
受けやすくなると思う


以前 入院で同室になった方は
極度の閉所恐怖症で 個室トイレすら
扉を閉められない所まで悪化し
ドーム型に入る検査は一切受けられないと
聞いて、それは大変な事だし 正確な判定が
出来ない事は 治療法にも影響が出るわけで
自分は ただイヤで苦手なだけなのだからと
喝を入れて 何とか明日を乗り切る方法を
あれこれ考えてみた



耳栓
アイマスク
頭の中で歌う唄を決めておく


理解ある医院だと
CDを持参すると流してくれるらしいが
ワタシはスキャニング専門病院での撮影で
設備は最新だが
そういうサービスはないらしい ( ちッ )


とにかく
機械に横になったら
睡魔がやって来てくれるのが一番良い方法!

今夜は徹夜だーい
朝まで寝ないぞーーーー!
寝ない
寝るもんか
グ〜〜💤




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« CT結果…そして見えて来たこと。 | トップ |   

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。