肉腫という稀な病気と生きてます。

延命の難しいガンですが、今年6年目を迎えてこれまでの病遍歴や現在の状態をつづります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無事 生還。

2017-06-09 21:13:59 | 日記
手術前日に家族同伴の術前説明がある
13:30分の予定で 家族は仕事を休んで来てくれた
主治医はとにかく忙しい人…
ワタシに再発を告げた時も あまりの激務に
ウイダーを右手でチューと絞り出しながら
病状を説明してくれた位だ 笑

たぶん外来の合間を縫って
時間をとってくれるだろうからと
少し早めに家族には来院してもらった

のだが、、待てど暮らせど連絡がこない
看護師を捕まえて デイルームにいるので
声掛けて と伝えると
「 術前説明は看護師が致しますのでお待ち下さい」 などと のたまうではないか!

ワタシ
「 あのね、私はまだ何の説明も受けて無いんですよ 手術の内容を! 同意書にサインだってまだなんですから 看護師の前で 同意書にサインする病院がどこにありますか⁉️」

看護師 「 少々お待ちください 」

またしても 話が通って無いらしい

看護師長が来た
「 ゴメンなさいねぇ〜先生には連絡しましたから
もう少し 時間掛かっちゃいますけど 待っていただけます?」

看護師は術前説明と聞いて 当日の持ち物の
説明と勘違いしたのか
それだってまだ聞いていない

時間は刻々と過ぎて とうとう夕方になり
夜になった(@_@)
家族一同 爆発寸前のところで
先生登場!ーーえッ 主治医じゃない
初めて話す 婦人科医∑(゚Д゚)

もう怒りを通り越して
ハイハイもういーですって気持ちになって
一通り聞いて 同意書にサインした。

家族曰く
「 ねー、この病院さぁ…ナースのお仕事みたいだよねーゲラゲラ 笑笑笑 」

上手いこと言う 家族。

この後すぐに
看護師からの持ち物説明を聞いたが
何で こんなギリギリに言うかなって感じの
前もって聞いていれば家にあるものばかりで
しかも すぐに用意して欲しいとの事で
家族はコンビニへ走る…


後日の手術室入室は 8:30分の朝イチ‼️
コレもその時聞いてビックリで
慌てて家族は帰って行った( 寝る時間なくなる )



朝は
1時間も前に家族は来てくれて 長くなる待機時間に備えて 仕事道具を持ち込んでいた
いよいよ入室、さすがにこの空間はテキパキ
していて あっと言う間に 硬膜外も入り
マスクを被せられて 目覚めたら13:30分を少し回っていた。
意識はいつも通りハッキリしていて
ICUに入り 家族も入って来て 「スゴイの取れたんだよ〜写メったから又見せるね〜」と興奮してた

今回 ICUに入るのは初めてだが
なかなかの地獄だった>_<
器械音がとにかくうるさい ピコピコ プルプル
ティロリロ といつも何かが鳴りっぱなし❗️

あとは拘束…
私自身 オムツの中から4本の管が左右に2本ずつ
出ていて 足には血流ポンプ 両腕にそれぞれ点滴

どこも 自由に動かせないーー

痛みが酷くて眠ることもできず
最悪な事にマクラも合わなかった 泣

上手く説明出来なくて
ただただガマンしながら時計ばかり見入る
あーーツライ!こんなん次はもうイヤだ
この時初めて もう二度と手術は御免だと
初めて思った



やっと夜が明けて
地獄の身体拭き&おしも洗いが始まった
この荒行とも言える 行為は また 次回に…


つづく






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« しょっぱなからモヤモヤするぜ | トップ | 無事 生還 2 »