番人のプラットニュース

写真が好き、花が好き、山が好き、サボテン・多肉植物も好き、自然大好きな田舎の番人の元気ブログ!

「節分会星祭紫燈護摩供火渡り行」

2017-02-13 22:51:22 | 日記

「星祭り」とは・・・新しい一年を迎える節目である節分は、一年の幸運と厄除け・願い・目標に仏様の加護を

          いただく祈願。

「火渡り」とは・・・熱した炭を敷き詰めたその上を裸足で歩くこと。

          日本の修験道や仏教の修行で、火の上を歩くことにより、日頃我々が知らず知らずに犯している

          罪を焼き払い心身ともに清め、六根清浄を極め、生まれ変わり、心願成就、大願成就など、

          得難きご利益が授かると言われています。

12日、日曜日に岡山の花の山寺で有名な普門寺で行われた「節分会星祭紫燈護摩供火渡り行」へ行って来ました。

早朝起きて約2時間半で行ける所ですが、岡山の県北なので、山道に入ると、まだ雪が残っていて

ゆっくりゆっくり走らないと危ない。

撮影が目的ですが、家内安全などの祈願も!番人と人魚姫も、裸足になり、

先達さんに気合を入れてもらって初火渡りを経験しました!

炭を固めてあるので熱くはないのですが、つい早足になりますね!(-_-;)

ここの火渡りは、規模は大きくはないですが、地元の人たちがたくさん来られていました。

また、これが終わって、豆まき!

豆はもちろんのこと、チョコが数個入った袋やパンも撒かれます。(#^^#)

今年もいただきましたよ~。たくさん!\(^o^)/

それに、最後の福引で、人魚姫に石灯籠が当たりました!!!

番人ははずれ・・・ティッシュ一個・・(#^^#)

でも今年初めから縁起がいいね!(*^^)v 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 可憐な野草 | トップ | 「アトリ」の大軍団 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL