Bamboo's_Note

Bambooのとりとめのない備忘録

シルバーウィークの竹細工

2016-09-19 20:37:14 | 最近のBamboo
シルバーウィークの週末。
3連休だったのですが、
特に予定もなく比較的ノンビリとしていた週末。
天気はあまり良くなくって、
秋雨前線大活躍の雨っぽい蒸っとした天気でした。
今日の敬老の日なんかは、
涼しくて暑さに疲れた助かりましたけどね。

敬老の日ながらの、
今現在の高齢者人口が総務省から発表されていましたね。
65歳以上の高齢者の割合が27.3%。
女性に限って言えば、
30.1%で初めて3割を超えたようだ。
なんか凄い数字ですね。
平均寿命がこの30年で20歳以上延長しているので、
65歳以上を高齢者とする定義も現実的ではないのかもしれませんが、
高齢化社会と表現されるように年寄りの、
人口比率がアンバランスなのが問題に感じます。
そして、
日本は高齢者の就業率の比率が、
他の国々と比較してもかなり高い統計結果のようです。
Bamboo自身も近未来には高齢者の仲間になってしまうのですが、
いつまでも働いていたくないんですけど。。。。
真剣に将来設計を考えなければならない時期なのかな?

世間では、
東京都の築地市場の豊洲移転問題の報道が盛んですね。
報道されていた工法が、
実際は行われていなったよう様子。
しかも、
都庁の関係役人しかその実態を把握してなかった可能性があるようですね。
情報の共有化とか縦割り社会とかいわれていますが、
Bambooの感想では、
まるで、
太平洋戦争以前の陸軍の意思決定に近い印象ですね。
旧陸軍であったのは、
軍官僚が決定した事案を上の立場の者が、
粛々と物事を進めていく体制。
中堅のエリート意識をもった一部の若手官僚が、
己自身の価値観のみを信じて物事を決定し、
直属の上の者に認めさせ、
己と意見のことなる他の部署の意見など全く聞く耳なく、
国を戦争に導いていった。
当時の天皇陛下の希望など全く顧みず意思決定を行い、
が、
実際の末端兵士には陛下の命令として下知することになんの抵抗も感じない。
自分は安全なところにいて泥を被らない。
都の役人も、
自らのエリート意識に安住して、
己の価値観から外れる外部委員の評価なんか気にかける必要性など全く感じず、、
公になっていることを反故するような事が公になったとしても、
どのような問題が発生するかの想像力もなく、
設計会社とか施行会社と契約をしっちゃたんだろうね。
受験をはじめとしたテストのテクニックは凄い人達ばかりなのだろうが、
一般社会で生活するのは苦手な人達って気がするね。

写真は全く撮らなかったのだが、
今週末で、
火入れとBATT部分の仕上げ削り&接着を行った。
接着剤が、
経年変化からか過去より柔らかく感じたのだが、
接着力は大丈夫かしら?
次回の休みに強度の確認をしなくっちゃな。

9月に釣りに行きたいとは、
ちょっと考えた時もあったのだけれど、
このところの雨により、
渓の増水が予想されるので、
とりあえずの今シーズンは納竿かな?
10月は仕事系で、
週末は忙しそうなのよね。
竹細工と孔球の本格的なシーズンかな?




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 剥ぎ割れちゃう | トップ | 少ない日照時間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。