Bamboo's_Note

Bambooのとりとめのない備忘録

パンク@?回目

2017-07-23 15:53:25 | 最近のBamboo
多くの地方で公立小中学校が夏休みの始まり。
本格的な、
夏の行楽シーズンの始まりですね。
Bambooは子供達が成長してくれたので、
どんな思い出作りをしようか悩まなくなりました。
皆様は、
夏のレジャーの予定はたちましたか?

このところ、
暑い日が続いていますね。
東京の7月で真夏日でなかったのは2日間(1日、4日)だけ。
今後も暑い日が続きそうなので、
ほとんどの日が真夏日ってことですね。
北海道でも連日真夏日を記録しているようだし、
日本列島が暑さ真っ盛りって感じですね。
と、
局地的な豪雨の報道も相変わらず。
あまり歓迎したくない派手な天気ですね。

そんな暑さ真っ盛りの金曜日に、
夏休みを利用して久々に孔球に行ってきました。
暑さは大変だったのですが、
少しは風も吹いていて、
熱中症にもならず楽しんできました。
たら、
帰宅時にちょっとした愛車にトラブル。
スマートキーの電池が切れたようで、
鍵で開錠したらセキュリティー関係で、
ブゥーブゥー 車から警告音。
無事、
エンジンがかかって音は鳴りやんだのね。
やれやれって感じで、
助手席側から鞄を乗せようとしたら、
なんとなく左前輪が潰れ気味なことに気が付いたのね。
他のタイヤと比べても明らかに潰れ気味。
空気圧計で測ったら120Kpa位しかない。
パンクと確信。
孔球を一緒に楽しんだ友人も近寄ってきてくれて、
(素人同士の)相談の結果、
完全に潰れていないので近いスタンドまでゆっくり行けるのはないか と決定。
幸いにも、
すぐ近所にスタンドがあって かつ 直せる人がいた。
まずは、
石鹸水をスプレーして空気漏れの原因追及。

ブクブク泡立つ箇所があった!
何か刺さっている。
スローパンクチャーって奴だな。

こんな奴が刺さってました。
グリグリと引っこ抜いて、
接着剤を付けた修理剤を差し込んで終了。

無事帰宅することが出来ました。

それにしても、
途中高速を利用する100km位の距離を走るので、
出発前の駐車場で気が付いて良かった。
いつから刺さっていたのかわからないが、
あのまま走って、
途中で完全に潰れたら大変なことになっていたのかもしれないし、
ホイールは完全に駄目になっていただろうね。
ネットを見ると、
パンク修理したタイヤでも走行に問題ないようなのだが、
(過去にパンク修理した車も乗ってたしね。)
結局、
履いていたタイヤの走行距離、年数、
高速主体で予定されている山の神との旅行への万全の備えを考え合わせ、
(なにかトラブルがあって神が荒ぶったら大変だもんね、と神の希望。)
予定より1年早くタイヤ交換と決定。

国産メーカーのプレミアムコンフォート系のタイヤを奢っちゃいました。
ここまで贅沢する車でもないのだろうが、
Bamboo個人的な拘りで、
タイヤはあまりケチりたくないのよね。

でもね、
Bambooはパンクの経験が多すぎ。
過去のミニバンでもパンクしたし、
山の神の車も3回(?)パンクしている。
世間の人ってこんなにパンク経験するのかしら?

竹細工系は、
BambooNetのフレーム曲げに挑戦したのだけれど、
失敗。
ヒートガンで充分加熱したつもりで曲げ作業をしたのだけれど、
思ったように曲がってくれず、
最後には ポッキリ。

強引すぎたんだろうけど、
過去の経験と比べても、
曲げにくくて脆い竹のような気がするね。
エナメル質のほうに曲げるのは(逆ぞりって感じ)、
竹って苦手なような気がしますね。
今まで作製した時は、
もっと肉厚の厚い竹を薄く削って使った記憶があるんだけど、
今回は薄めの竹を選択したから、
維管束の密度とかなんとかで曲げづらいのかな?
来週再チャレンジするように、
逆ぞり予定の部分を水に漬けてみました。
フレーム曲げの作業が中断になったので、
グリップ部分の加工を開始。

色々と予定があって、
ほんのちょっとの作業で終了。

暫く、暑さの厳しい日が続きそうです。
釣りや孔球の予定はないので、
特に問題はなさそうなのですが、
休日にあまり暑いと、
竹細工をする気が起きないのよね。
それがちょっと問題ね。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 来シーズン用の竹細工開始 | トップ | 珍客@洗車時 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

最近のBamboo」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。