Bamboo's_Note

Bambooのとりとめのない備忘録

来シーズン用の竹細工開始

2017-07-17 17:13:19 | 最近のBamboo
海の日にピッタリの暑い日。
絶好の海水浴日和でしたね。
Bamboo個人的には海水浴が好きなのですが、
子供も成長したし、
友人を誘って行くような歳でもないし、
もう何年も楽しんでないですね。
皆様は、
海水浴の予定なんてありますか?

世間ではって、
日本列島が暑いって報道が盛んですね。
大気が不安定な処では、
局地的な豪雨なんてこともあるようですが、
真夏日を全国各地で記録している様子。
九州の大雨による災害地も、
猛暑に襲われるとの報道。
何もしてないBambooにコメントの資格なんてありませんが、
健康に留意して頑張ってください。

Bambooの生息地周辺も、
この週末は暑くって、
ちょっと何かするだけで大汗状態。
そんな時に、

百合が眼を楽しませてくれます。
一月前にも別の場所の百合が咲いていたのだけれど、
昨秋に球根を植えた娘達が可憐な姿を現してくれた。
品種の違いなのか?
なんで時季が違ったのかわからないんだけど、
この春は園芸をさぼって、
夏の花がないんでチョット得した気分ですね。

そして、
この時季限定の飲み物を楽しんじゃいます。
ジントニックwith青蜜柑。

まだ甘さもなく香りも未熟な未成熟な蜜柑を用いるのよね。
自宅に蜜柑の木あるならではの特別カクテル。
ジンにほのかにプラスされる蜜柑の香り。
香りが主張すぎず、甘さを足さず。
美味い の 一言。
昼間暑かった夜には タマラン!
っと、
最近のBamboo好みのモルトの楽しみ方。

氷を落としたロックグラスにまず 炭酸水。
その炭酸水の上に、
モルトを そぉ~~ を注ぐ。
上が濃くって下が透明なのがわかるかな?
アイラ系の香りが強いのがBambooの好み。
まずは、
ぬるくて濃い目のモルトを楽しむ。
進んでいくと、
冷たい炭酸が頑張ってくるんだけどモルトも存在を主張する。
そのうちに、
冷たい炭酸にほのかにモルトが香るようになる。
日中が暑くて大汗をかいた日のご褒美にお試しあれ!
タマリマセン!!

釣り系の話題では、
先週に釣りにいっちゃっていたので、
当然、
3連休ったって釣行はなし。
そこで始めたのが、
来シーズンのための竹細工。
今シーズンデビューのネットと点検したら、
破損している。

積層竹のグリップ部分が目立つように、
チョット変わった構造にしてみたんだけど、
強度に不安を感じたのよね。
たら、
不安的中。
おそらく、
背中にぶら下げて、
魚を掬うだけなら壊れるようなことはないと思うんだけど、
魚を掬った後に、
網部分の水分を飛ばすために、
ネットを振るのよね。
(みんなやる行為だと思うんだけどね。)
(今シーズンは振る機会がそれなりに多かったのね。
その時に、
背中に下げるための磁石が結構な錘になって、
強度が不安された箇所に余計に力が加わることが想像できるのね。
なので、
裂けるように壊れたみたい。
ちゃんと強度が期待できる反対向きで振りゃぁ良かったんだろうね。
とりあえず、
エポキシで固定修理。
そんなこんなで、
とりあえず来シーズン用の竹細工は、
ネット製作に決定。
まずは、
フレーム用の竹の割り出し。

大雑把なネット形状を創造し、
割り出した竹片を加工可能な厚さにグラインダーで加工。

来週あたりに、
ヒートガンで炙りながらの整形かな?
でも、
こんだけ暑いとヒートガン出したくないのよね。

と、
BambooRodも2本位は削りたいので、
とりあえず、
部品の作製から。
積層竹のリースシートしか考えていないので、

竹片が接着可能な形状に成型。
グラインダーと鑢を使用。
今週は、
貼りあわせまで終了。

今回は1本分全部貼りあわせてしまって、
その後に孔加工をする予定。
想定では可能なんだけどね。

釣りの予定はとりあえずなし。
孔球にエネルギーが移っていくのかな?
まだ、釣りにも行きたいんだけどね。
今シーズンが終了じゃ寂しいもんね。






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宮城釣行@2017_4回目.ゾー... | トップ | パンク@?回目 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。