Bamboo(てのりぐま)日記

子どもの成長とお出かけの記録。気が向いたら好きなものの勝手レビューをします。毒も吐きます。月の最後は読書記録で締めます。

4月度月報

2016-04-30 23:34:33 | 読書
今月は5冊。(今年の合計14冊)
守り人シリーズにはまってる。

===

1.リカーシブル 米澤穂信さん 新潮文庫

ちょっとオカルトチックな地方都市が舞台。
中学生女子が主人公のミステリーもの。

主人公のハルカの置かれた境遇は、なかなか厳しいものがあります。
でもたくましいというか、かしこいというか、この子。
謎解きが結構面白い。


2.精霊の守り人 上橋菜穂子さん 新潮文庫

読み出したらとまらなくなるとおもってずっと封印していたのですが、
TVドラマに触発されて読み始めると・・・やっぱり止まらないです。

物語の世界観がちょっと難しいかもしれません。
先頭のほうに地図とか言葉とか解説されているので、それで確認しつつ、
想像力を翼にして遠くに飛んでいってみると、面白く読めるとおもいます。

ということで大人向けだと思いますよ。

やはりバルサが魅力的ですな。

3.闇の守り人 上橋菜穂子さん 新潮文庫

これはねえ、バルサの贖罪の物語なんだと思う。
すごくすごくつらいことに、命がけで向き合って、受容していく。

精霊の守り人ではぼんやりしていたカンバル王国が詳しく描かれます。


4.夢の守り人 上橋菜穂子さん 新潮文庫

美しくも壮絶な物語が展開されるのですが、
それは、一の妃が第一皇子の死を受容していく過程、ともいえるような気がします。
タンダとトロガイのキャラが深堀されています。


5.虚空の旅人 上橋菜穂子さん 新潮文庫

これは、チャグムやシュガの成長していく姿がみれて楽しいんだけど、
それ以上に印象に残ったのはサンガル王国のしなやかでしたたかな女性たちですね。

ずっと読んできた人は
新ヨゴ、カンバル、サンガルの、自然の違い、建国の過程の違い、風俗文化の違い、人の気質の違い、
こういったものが容易に心に浮かんでくるようになっているとおもいます。

すごい物語だ。


以上です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016-04-25 23:24:56 | こども・教育
お会いして、続けるのでよろしく、ってお願いしたのに、
それからなんにも連絡こないぞー
やめてまうぞー

やめてよろこぶのは、兄さんだったりする。
兄さんを喜ばしてはいけない(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビジネスホテルでちょっと節約。

2016-04-22 00:48:37 | つれづれ
小ネタ。

シャツ、パンツ、靴下、ハンカチやフェイスタオルは、
洗面所に少し湯をためて、ボディソープをちょっと入れて、その中に入れて、手洗いします。
ちょっと頑固な汚れは、浴槽のほうで足で踏み踏み。
絞るときは、タオルを絞る要領でしぼったあと、バスタオルにくるんでバスタオルごと絞ります。
これでかなり水分が吸われます。
あとは、部屋に干せばよろし。バスタオルもついでにほすと、よい加湿になります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GWはのんびり。

2016-04-21 22:55:58 | つれづれ
GWに行きたいところ

<高野山、住吉大社>
兄さんの高校合格のお礼参りにいってくるのだ。

世界遺産:高○山にいってみた
http://blog.goo.ne.jp/bamboo_horse_tenoriguma/e/a88c9870e5c2cf5ea7d297f5760bb9d5
http://blog.goo.ne.jp/bamboo_horse_tenoriguma/e/059bfa4754a70a3ad5a245c73cab7eae

住吉大社(すみよっさん)
http://blog.goo.ne.jp/bamboo_horse_tenoriguma/e/fdc564ef4e50c9453d6683d0f8dc9479


<ミネラルショー>
4月の29、30、5月1日とあるんだけど。
「綺麗なビーズはいらんかね?」とうちの姉さんを誘っていますが、どうも気乗りしない様子。
人ごみが嫌いのようなので、いちばんお客さんが少ないときをねらうか。(いつなんだろうな、最終日の午後かな?)

うちの兄さんは、鉱物にはすっかり興味を失ってしまったようだが、金色または銀色に輝く何かなら机の前くらいに飾ってくれるかも。

楽しい鉱物図鑑(堀秀道さん、草思社) でも見ながら購入候補を探します。


<おいしいもの>
おいしいうどんかおいしい海の幸が食べられるところにぷらっといってきたい

しかし、出張でついた2kgの肉を落とさないといけない。(夜に食べ過ぎた・・・)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

部活

2016-04-20 22:52:56 | こども・教育
うちの兄さんですが、部活を決めたようです。
いろいろ見にいったみたいなのですが、結局中学と同じやつを選んだようです。
鬼のように勉強の宿題がでてるみたいで大変ですが、3年間文武両道がんばってね。

金は僕が出すので、知恵はそちらで出してください(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

びぇーん

2016-04-19 23:45:58 | つれづれ
かれこれ1週間ほど出張していたのですが、
空調の悪いところにいてたので、ほこりまみれになっていました。

マスクをずっとしてはいたのですが、ほこりをかなり吸い込んでしまったようで、
鼻水とまんねーぜ。横になると鼻が詰まって窒息しそうになるし。

ビェーンって泣いてみる
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

精霊の守り人の第1シーズンが終わってしまった

2016-04-09 22:43:03 | つれづれ
う~む。
毎週楽しみにしていたのに。
次は8ヶ月後か。

はよ次の見たいーーーーーはよ来年ならんかな(笑)


綾瀬がすごくいい。ああいう演技もできるのねえ。すごいなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボーリング対決。

2016-04-03 23:40:39 | こども・教育
姉さん(小学生)とボーリング対決。

なんと、2ゲーム目に、6ピン差で姉さんに敗北。えーっ。
最後のゲームは、いい感じで力が抜けてスペア連発。姉さんに勝利。ほっ。

うちの姉さん、体重が軽すぎて、ボーリングのボールに引っ張られてこけてはった(笑)

こうして一緒に遊んでくれるのも小学校の間だけかもしれんので、全力で遊んでおく。


(兄さん(高校生)も誘ったが断られたのでした。
ちなみに兄さんが小学校のとき(まだちび1号と呼んでいた時)だったか、9フレまでリードさせておいて10フレの3投目で逆転しちゃったときはちび1号呆然としてたなー。)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校受験総括(親)

2016-04-02 16:20:15 | こども・教育
うちの兄さん、めでたく高校生になれましたが、「親の立場から」高校受験を振り返ってみようとおもいます。
あくまでもbambooさん(父親)の個人的な感想であることを先にお断りしておきますね。

===

1.(親も)学校へいこう。その学校に通う生徒さんを見てこよう。

思い出せば幼稚園の入園前でしたか、いろんな噂話が飛び交っていました。
たとえば、うちの場合は、あの幼稚園にいくとおサルさんになっちゃうよ(行儀悪くなって、乱暴者になっちゃうよ。小学校で鼻つまみ者になるよ)、なんてうわさを聞いて、行かせるかどうか、夫婦で結構悩んでいました。
世の中、根も葉もないうわさ話も相当数あるようで、ネット上もまたしかり。
高校だと、ネット掲示板あたりにいろいろ進学者数の比較など数字が載っていますが、あまり信用しすぎるのもどうかと。

親も、学校に行ってみるといいです。
大阪の学校説明会はかなりオープンで、掲示板にでている数字なんかよりももっと細かい情報をくれます。たとえば、理系文系、現浪別の進学実績の数字、私立の(延べ数ではなく)実数もでてきたりします。
そして、何よりも、そこに通う子どもたちの姿を”自分の目”で確認できます。
自分の子どもがそこにいたとして、楽しく過ごせそうか、文武に活躍できそうか。
世の中のうわさに振り回されないで、自分の目を信じてほしく思います。

説明会やオープンスクールは近隣の学校でかぶることもおおいので、中1から行くようにすれば、年に2~3校、3年間で6~9校は見られますから、近隣の学校はほぼチェックできるのではないのでしょうか。
親単独で行ったこともありますよ。


そういえば、本人が中学校の希望校調査に書いていた学校は、最終的にはすべて(親子一緒に)訪問しました。
本人は相当めんどくさがっていましたが、無理やり連れて行った(笑)


2.(親も)外部説明会に行ってみよう。

個別ブースに突撃して、高校の先生に直接質問をしてみましょう。
どんなことでも(採る立場の人の視点で)答えてくれます。
うちはねえ、いろんな模試の合格可能性判定の精度についてつっこんで聞いてみたよ。ほかには大人の事情いろいろ(笑)
ネットにない情報も拾えます。ここには書けません。


3.普段。

来年度以降の入試の内申点は中1中2の評定もかかわってきますので、早めの覚醒が必要だとおもうのですが・・・
うちは覚醒が遅かったので内申点は腹をくくってました。

<べんきょう>
本人のやる気を、こちらからの働きかけで覚醒させることが、できませんでした。残念。
中1、中2の全10回の中間期末で、1回だけ、餌(現金)に食いついて、猛勉強してましたが、その次から元にもどってました。
中3の部活引退後、本人が勝手に覚醒しました。しかし、中間期末テスト対策までは手がまわっていなかった感じです。

1年だったか2年だったかとある定期テストのときに、テスト対策せずに好きなことばかりしてて、テスト結果も呆けていたので、
その次の定期テストから、テスト1週間前からのゲームや読書は禁止にしました。
(餌にくいついて高得点をとったときだけ、テスト2週間前からめちゃくちゃ勉強してました。何か憑いてたのか?)

<部活、学校>
毎日毎日(あきれるほど)熱心に部活してました。
「部活をやめさせても成績はのびません」by 部活顧問の先生より。

いろいろあったと思うんだけど、自分からは何もしゃべらんので、どういう中学校生活を送ってきたのか、わからんです。
友達としゃべっているときは明るい顔をしてますので、まあいいかな。


4.塾ねえ。塾。いろいろあるけれど。

中1から、(勉強時間がゼロにならないように)強制的に塾に行かせてました。本人的には塾通いが相当面倒だったようです。

塾も商売なので、悪い言い方すれば、数字として宣伝できるところに力が入っている(=成績上位クラスに力が入っている、人気講師も配置される)といえるのでは?そこを割り引く必要があると感じています。
では、自分の子が、塾にとって「よいお客さん」にならないようにするには、どういったところに気を使っていけばいいのでしょう。
それは、何をするために塾にいかせるのかを明確にする(子どもさんに塾で身につけさせたい内容は何なのかを突き詰めていく)、
ことなのではないのでしょうか。(中1や中2と、中3では、結構変わってくるような気がします。)
学校の中間期末テストの成績をあげる、それだけなら、個人塾や個別指導、家庭教師で、子どもさんにターゲットをしぼってマンツーマンでやってもらえればいいわけですし、
たとえば、大阪の公立入試のC問題に対応する、のであれば大手M塾の日曜コースが(子どもさんの学力レベルとあっていれば)一番効率的ですし。(あっていなければ、レベルに応じて指導してくれるプロ家庭教師さんかな。)
1つの塾で全部対応してくれるところがよいのですが、見つからなければ、目的別に2つの塾に通うことも選択肢になると思います。
中3なら、一部の教科だけでもOKと言ってくれる塾もありましたので、塾さんに相談するのもよいかと。

もちろん、説明会に行って、テキストを見せてもらうのは必須です。どういうお子さんをターゲットにしているのかわかります。
大手M塾は独自編集のテキストです。大手某塾は新中問だったような気がします。わからなければ「新中問ですか」って聞いてしまえばわかります。
大阪公立対策ならM塾のテキストのほうが効率的に学習できると思う。
あと、自分の子がついていけるかどうかのレベルの見極めは大事です。そもそも半分も解けないテキストをやるクラスに行かせても、つらいだけ。

また、塾の広告は、小さく書いてある言葉をよく読んで解釈しよう。大事なことほど小さい(特に合格者数の集計の定義とか、笑)

(4.が一番工数がかかっているよ。)


5.偏差値と模試。(親のほうが一喜一憂してしまうのですが)

母集団によって数値はまったく違ってきます。そこをよく理解しておきたい。

希学園の模試の偏差値と、四谷の小学生テストの偏差値はまったく違いますし、五木模試も違うし、学年によっても違ってきたりします。
たとえば希や浜や能開で35、四谷50、駸々堂で45、五木で50~60、学校で50なんていうのはすべて母集団が違うからなので。
模試間で比較しようとすれば、わかりやすいのは私立中学と私立高校の併設校の偏差値で比べたらよいのでしょう。
たとえば小6駸々堂と中3五木なら、同○社香里や近○付属、立○館、関○1中(高)などで比べてみるとよいのでは。
五木は、中1中2は中3より母集団が成績上位のような気がします。駸々堂も小5は小6より母集団が成績上位のような気がするなあ。

よく、中学受験で成績上位20%がぬけるので公立中学はすかすか、といううわさを耳にしましたが、(仮に上位20%が抜けるのだとしても残った80%の中から上位にあがってきてうまっているようで、)結局は小学校のときと一緒のような気がします。

高校受験の大手塾にいってると、その塾の模試がセットになっていますが、
その塾で授業をうけてその塾の模試をうけたらある意味出題傾向に慣れているので点数がとりやすいように思います。
それで合否可能性判定されてもね、どうやろ。
五木で他流試合してどれくらいの実力がついているのかを見る、というのも一案。
個人的には五木の合格可能性判定(内申込み)を目安に考えてました。ネット上に出ている情報でなく、実際にうけたあとでもらえる資料で。(ただし、本人の力も本番直前の2ヶ月で大きく変化しますし、入試の倍率の高い低いもあるし、最後の最後までわからないです。模試の成績による合格可能性判断は、あくまでも参考程度。)
模試は、弱点や課題の把握と、その解消のほうが大事。
中3のときは、子どもが間違った問題のコピーを作って渡してました。復習してたかどうかは知りません。


6.各教科に関して

<数学>
大阪の公立入試の数学のC問題は半端ないので、中3課程を先取りしておいて演習時間を確保できるようにしたほうがよいのかもしれません。かなり昔からすすめていました。
(が、よかったか悪かったかは、現時点では評価できません。これからどうなっていくのかがあるので経過観察。)

<英語>
中学受験しないお子さんで、小学校から英語塾にいっている子はそこそこいてるような気がします。
これから大阪の公立入試の英語は英問英答になるようなので、
英語のまま読む、英語のまま考える、といった思考回路が必要そうですね。
英語をいったん日本語に翻訳していると回答時間がなくなりそうです。
でもねえ、英語塾は費用が高いよね。ほかの習い事より5割ぐらい高い印象です。どうにかならんか。

<国語>
社会人になって国語力がないと致命的だと思うので、
恩師に、「高校以降でも国語力が伸びていった子どもたちは、中学生のときにどういう教材をつかっていましたか」と質問したところ
恩師が「論理エンジンで勉強した子どもたちが、最終的には一番力がついていった感じかな・・・(以降略)」と教えてくれました。
自分でも教材をみてみたら、社会人になっても通用しそうな感じの基礎教材に見えました。(塾専用教材なのでサンプルを取り寄せてもらうまでが大変だったよ(笑))
本人に相談したところ、「単に文章問題を解くよりも論理エンジンのほうがいいっ(実際は「ましっ」くらいのニュアンス)」ってことだったので、塾を巻き込んで、これからも続ける予定。
(が、よかったか悪かったかは、現時点では評価できません。これからどうなっていくのかがあるので経過観察。)


7.入試問題集

<公立向け>
初期の段階では、分野別になっている虎の巻シリーズが知識の整理もできるのでおすすめ。
最後の段階では、解説がしっかりしている大阪進研のものがおすすめ。
本人がどこまで何を考えて勉強してたかは知りません。
こちらは教材準備とコンセプトだけ考えて、管理は塾にまるなげ。

リスニングの虎の巻も買っておいたんだけど、最後まで使わなかったようです。ごらぁ。

<私立向け>
赤本を全部コピーして、分野別に並びなおしたものを作って、お正月に子どもにわたしました。
かなり有効だった模様。しかし、つくるのに3日かかった。すげー面倒。


8.倍率チェック、予測

大阪の場合、公立出願前に、2月下旬現在の進路希望調査が新聞発表されます。大手新聞の朝刊の地方版にでます。
また、出願期間中にも中間発表があります。

五木模試をうけると、過去2年分の五木模試における第1、第2志望者数の情報が得られるので、これと、
前年度の新聞発表された進路希望調査や出願状況中間調査の数値を全部並べていくと、
学校によってはある程度予測が可能になると思います。
おそらくは塾の先生はこういうことをされて塾生さんと進路相談をされるのでしょうが、
うちはそういう情報は得られなかったので自力で対応しました。1日仕事ぐらい。

(とある掲示板で、倍率予想やボーダー予想がいろいろでていましたがほとんど外れているように思います。
まあ、スポーツ紙の競馬予想といっしょやな。あたるもあたらぬも八卦。
2月下旬の進路希望調査と出願期間中の中間発表の数値(公式な数値)だけで(予想などせずに)判断したほうがいいかもねえ。)


9.中学校の進路相談

何度か行く機会がありましたが、行く前に子どもとよく話しをしておくようにしてました。
このときに、1.で、自分でそこの生徒さんを見てきているのと、2.で高校の先生とじかに話しをしてきているのと、8.で数字を追っかけていたので、
それなりに具体的な話を(子どもと)できたのではないか、と感じています。

学校や先生にもよるのでしょうが、うちの担任の先生は安全圏の学校をすすめてくださいました。
子どもと話し合った内容を先生にも相談しつつ、最終的には親子で受験校を決めました。

===

最後は神頼みなので、いくつか行ってきましたよ。
神さんありがとうね。助力感謝。お礼参りにいってこなければ(祟られたらかなわんし)。

なお、7.~9.の詳細については、「こども・教育」カテゴリの過去記事に、URLなどの細かい話があります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加