Bamboo(てのりぐま)日記

子どもの成長とお出かけの記録。気が向いたら好きなものの勝手レビューをします。毒も吐きます。月の最後は読書記録で締めます。

9月度月報

2015-09-30 00:00:00 | 読書
今月は7冊。
休日出勤連続なので、いつかまとめて休んでやる(ごらっ)
休みは、奈良に行って、レンタル鹿(鞍付き)や鹿車(馬車や牛車みたいなやつ)に乗ってきたい。

===

1.MEMORY 本多孝好さん 集英社文庫

神田と森野の世界が時間空間的にきれいにまとまります。
神田の苦さの原点がわかるし、森野が一歩進めない原因もわかります。
そして、出てくる人達のあたたかい視線が素敵。

神田と森野以外の第3者視点で書かれているのがいい。

MOMENTとWILLのサイドストーリーになるので、
2冊とも読んでからのほうがよいですね。


2.おかんメール
3.おかんメール2
4.おかんメール3

これは、一発芸です。
たまにつぼにひっかかかります。「子宮帰れ」とか。

かあさんたちは本当に強い。破壊力マックス。

僕もよく打ち間違えるので、人のこと笑えませんが(爆)


5.キング 堂場瞬一さん 実業之日本社文庫

マラソンとサスペンスが一緒になっている。
一気に読みすぎて降車駅を乗り過ごしました。

レース前の話がとっても面白いのですが、レースとその後の話がやや淡白かな。


6.浜村渚の計算ノート 6さつめ パピルスよ、永遠に 講談社文庫 青柳碧人さん

このシリーズは安定して面白いです。
古代エジプト数学では、割り算を単位分数の和としてあらわしていたそうで、へえ、勉強になります。
単位分数の和の例としては、
5斤のパンを6人でわけるときに、ひとりのとりぶんが1/2斤のパン1つと1/3斤のパン1つになる、という感じ。

7.あと少し、もう少し 瀬尾まいこ 新潮文庫

これは面白い。以下ネタバレ

寄せ集めの6人の中学生がたすきをつないでいく駅伝の物語です。
もといじめられっこの陸上部設楽君、ヤンキーの大田君、頼まれごとを断らないジロー、
キャラを作りすぎた孤高の渡部君、そして先輩にあこがれる陸上部の俊介。陸上部部長の桝井君。
ぼやっとしているように見える、陸上部顧問の上原先生は実はすごく大人。

それぞれの区間を走る主人公たちの視点でかかれた話が全部あわさってひとつのストーリーになっていきます。
瀬尾さんうますぎる。続編書いて!

以上です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どこでもいいらしい。

2015-09-28 00:17:15 | こども・教育
春先から、隊長と一緒に、高校のオープンスクールや説明会に出かけているのだが。
隊長さんいわく、
どこの高校でもいいらしい。
なんじゃ~それは~

わざわざ時間をかけた意味が・・・

わかった。
君は、
家から一番近い学校に
行くが良い。

もういいや(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽しそうに指揮をする指揮者さん

2015-09-20 23:58:16 | おもしろい・すき
ぼけーっとテレビの音を聞いていると、
どこかで聞いたメロディ。
あ、ドボ8だ(オケの人はドボルザークの交響曲第8番のことをドボ8と言います)
いいねえ。
テレビをみると、あれれ、この指揮者さん、めっちゃ楽しそうに棒をふってる!

テレビに釘付けになりました。
ほんま、楽しそうに指揮してはります。こういうスタイルの人、はじめてみました。
広上淳一さん、という指揮者さんです。
ほんまおもろいなあ。

指揮者で曲が変わる例
「指揮者なんて誰がやっても同じじゃね?」と思う人のための同曲異演集
https://www.youtube.com/watch?v=uJJXu6hrNe8

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

だからねぇ

2015-09-19 23:07:54 | つれづれ
選挙で票を入れるってことは、大事なことなのよ。

何でこんなことになっているんかねぇ。
僕達が阿呆だったんだと思う。

次の選挙、棄権したらあかんでぇ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結○記念日

2015-09-14 22:11:23 | つれづれ
n回目の結○記念日に花を買って帰ったが、
かあさんは突然の花を見て「なんで花なん~」
そりゃ、突然、花もらってもなぁ、っていうのもわかる。
かあさんと普段からのコミュニケーションが取れてないのが一目瞭然
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

口内炎

2015-09-12 22:04:59 | つれづれ
口の中が口内炎だらけで痛いの何の。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高校入試過去問

2015-09-06 22:19:31 | こども・教育
隊長さんと一緒に外出。
公立入試の過去問を買いにいきました。
おおきな本屋さんにいくと、通常ビニール包装されているやつでもサンプルとして開けてあるのがあるので、それらを比較。

模試のデータがついているのとか、プリントになっているのとか、
いろいろ特徴があるので、
自分の勉強の仕方にあわせてえらぶのがよいのでしょうね。

「解説が詳しいやつのほうがええで」とアドバイスすると
隊長さんは「うん」といいながら一通り過去問の問題集を見て、おもむろに「どれでもいい」
ええー?
(それってどれを見てもわからん?それともどれを見てもわかる?どっちやねん・・・)

なので、おとうさんの独断で、解説が丁寧な大○進研さんのやつにしました。
問題より解答のほうが厚い(笑)
隊長さんよ、解説が詳しいほうが絶対いいって。

(ほかには、ユーデックさんのも丁寧だと思いましたが、3分冊になっている大阪進研さんのほうが使いやすそうに見えた)

===

他には、虎の巻シリーズの各県版リスニングを買おうと思っています。
(行った本屋さんにはなぜか置いていなかった。)
塾に持ち込んで使ってもらう予定。

ガクジュツさんの虎の巻は、10年分の問題を、分野別にまとめなおしているのが大きな特徴。
特定分野を集中して解くことで、問題の傾向をつかむのに使えると思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加