Bamboo(てのりぐま)日記

子どもの成長とお出かけの記録。気が向いたら好きなものの勝手レビューをします。毒も吐きます。月の最後は読書記録で締めます。

2月度月報

2013-02-26 00:02:34 | 読書
今月は7冊。
女子が主人公の小説が多かったよ
電車の中で読みまくっていました。

===

1.でりばりぃAge 梨屋アリエさん 講談社文庫

そうですね、
中学生のある時期に、いろいろ心の中にたまっていた、もやもやっとしたもの、
それがうまくかけていると思います。

どっか走り出して違うところにいっちゃってみたい、
そういう衝動って、それなりにあった気がする。実際にやっちゃうことはなかったけれど。

親の勘違い度も、結構ありがちな話で、いいとこついてると思います。

子どもが思春期に入る前に、ちょっと読んでみると、いろいろ思い出すことがあるんじゃないかな。


2.あのね 子どものつぶやき 朝日文庫 朝日新聞出版編集
3.ママ、あのね。子どものつぶやき 朝日文庫 朝日新聞出版編集

うはははは。
こどものつぶやきは、最強だ。
こどもの世界観がくっきりと反映されて、とってもほほえましい。
そして笑える。
小さなパンチ一発で、よろける。
にこにこできる1冊。

どちらかというと、1作目の「あのね」のほうが好みだったりします。


4.ハチミツドロップス 草野たきさん 講談社文庫

あま~いあま~い、なんちゃってお気楽部活動を送る中学生女子たちが主人公。
やる気に満ちた新入生が入部し、居場所が崩壊していく過程で彼女たちはどうかわっていくのか。

大きな事件はないけれど、ひとつひとつの小さな事件が、
彼女たちが成長していく過程のスパイスになっている。
甘いスパイスも辛いスパイスもすっぱいスパイスもあるのが人生、ってところかな。

なかなか面白いと思いますよ。
これは小学生高学年以上の女子におすすめかな。


5.檸檬のころ 豊島ミホさん 幻冬舎文庫

田舎の進学校が舞台の、7つの連作短編集。
人は変わっても、田舎の学校にかかわる物語、というところはかわらない。
主人公たちは、別にスーパーマンでもなんでもなくて、ごくフツーの迷える少年少女だったりする。
そこがまた自分たちの過去の高校生活を思い出させたりする。

中年のおじさんがよんでも面白い。


6.夜のピクニック 恩田陸さん 新潮文庫

これも、
田舎の進学校の、歩行祭という徹夜で80キロメートル歩く行事の、その1日の出来事を扱った物語。

これは今月読んだの中で一番でした。
一緒の高校で一緒の部活動をしていた仲間たちに、この本を推薦したい。
この本は、当時ぼくらが感じていたスピリットを、どことなく感じさせてくれるような気がする。

今から思い出すと、特になんでもない、フツーの高校生活だったけど、
いろんな行事の中で、
友達といろんな話をして、
いろんなものをつくって、
少しだけ悪いこともして、
それで今の自分があるのは間違いないわけで、
そんな体験を思い出すと、
それが珠のようだったと思えるわけで。

1号さんも2号さんも、
そんな、珠のような時間を一緒にすごす仲間を、どこかでみつけてほしい、
とおとうさんは思うのでした。


7.ショート・トリップ 森絵都さん 集英社みらい文庫

これは、ショートショートです。
星信一とかあわない人はやめておいたほうがよい。
ちなみにうちの子は嫌いみたい(うちの子は長い小説が好み)。

僕はこういうのは割と好き。短い話でスパイスが効いています。
森さん、こういうのも書かはるのですね。作風広いな。

以上です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入学準備その2

2013-02-24 22:44:24 | こども・教育
bambooの今日の一日。

1号さんのイスが来ました。
イトーキのトルテチェアです。
ブルー、とってもきれい。
1号さん、
座面には満足の様子。
背中は、少し固いとのこと。
少しくらい固くてもいいじゃないか。
背筋をぴんと伸ばしなさいよ。

次に、突っ張り本棚を3時間かけて大移動。
移動元も移動先も大掃除+除菌。
本も掃除機でほこりを吸い込んできれいに。
1号さんも2号さんも大活躍でした。ありがとう。
本棚を移動したあとに、本が全部入りきらなくなってしまったのは不思議。
未来から何冊かbambooの手元に送り込まれたのか、
それとも、本にも座敷童子みたいなのがいるのか。

1週間ぶりにお花に水をあげる。ついでにベランダを掃き掃除。
いつの間にやら、青々とだいぶ茂っている。来週あたり写真をとろうか。
日当たり1等地においてるので、寒いけど成長してます。日光の力おそるべし。

次に2号さんとお雛様を飾る。
今年も、
5月人形の屏風と、
お雛様の屏風を間違える。
これだけはいつも覚えられない。
毎年毎年、
いつもリベンジを心に誓っているのに、
なんでやろ。
来年こそは一発で出したい。

次は結露がひどくてカビが生えている窓のカビ除去。
ひどくてあんまり取れなかった。う~ん。
来週もがんばるか。

今日は、だいぶ戦力になっていた気がする。
人のためになることをするのも気持ちがいいが、
家族のためになることをするのはもっと気持ちがいい。



早く仕事が正常化してほしい。
ほぼ毎日終電まで会社にいるのは、罰当番くらっているみたいでやだ。
子どもたちと話すのが1週間ぶりとか、そういうのは悲しすぎる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

否応無く

2013-02-22 23:32:34 | 仕事・育成・転職
大混乱中の仕事に巻き込まれ中です。
死にそうです

関東のように、
1時とかに帰宅して9時出勤とかだったら、いったいいつ寝るのよ、
って感じですが、
関西は終電が早いのでまだ助かります。

市長が交通局に対して、もっと終電延ばせやってゆうてるみたいですが、
終電ですからって早くあがれるのはあるんで、
あんまり延長しなくてもいいです。

どんな仕事にも自分を成長させる種がある、なんでも自責で考えてみる、改善案をつねに用意する、
って自分を磨いていくのも、
若いときはいいと思うんですけど、
長いこと仕事していると、
本当にどうしようもないケース、なんにもならないケース、無駄骨、もあるような気がしていて、
そんなときは
精神的肉体的に消耗しすぎないようにしつつ次のチャンスをまつでも
何にも罰はあたらないのかな、とも感じますね。

といいつつ、それなりに貢献してしまうbambooでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デスクスタンドその2

2013-02-19 00:46:23 | しらべもの
過去の記事 デスクスタンド

今度は2号さんに買ってあげようと思っています。

要件
◎白いの
◎LED
○昼白色(5000K)
○平均演色評価数が80以上(Ra80)
できればスタンド型
できれば国産か韓国産。

目は悪くしたら取り返しがつかないので、
多少値が張ってもよいものを求めたい、と思っています

以下候補

兄じゃとおなじの
Panasonic LEDデスクスタンド ホワイト仕上げ SQ-LD500-W
持っているから製品の特徴はわかっているけど、値段が相変わらず高いなあ。

パナの新製品
パナソニック LEDデスクスタンド ホワイト SQ-LD520-W
上より安いけど1万円超える。
結構曲がりそうだから、影が気になるときはいいかも。

ヒーリングライト研究所
自然光LEDデスクライトPRO ホワイト 世界最高レベルの照度均斉度 アイプロテクトTM機構(ティルト)搭載で、更に目に優しくなったLEDデスクスタンド W
ふ~ん、基本性能はすごいなあ。

楽天でみると、この商品の姉妹商品の感想の件数が、めちゃ多かったです。
それって、隠れたヒット商品なのか、ステマなのか、ちょっとわからないなあ。

山田照明
Z-LIGHT Z-8W ホワイト Z-8W
結構お安い。小さくてかわいい。

Z-LIGHT Z-3600W ホワイト
5800Kですが。デザインはすっきりしています。

今度、2号さんとゆっくり選びます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入学準備

2013-02-17 22:53:25 | こども・教育
中学校への入学準備で
 机
 イス
の手配が終了しました。
やれやれ。

もっと大変なのは、
机とイスが来る前に、
1号さんが自分の荷物を整理しておくのと、
机とイスの設置予定スペースにおいてある天井まであるつっぱり本棚を移動すること、です。

荷物の整理は、1号さんが今日やっていました。いろいろ捨ててました。えらいぞ。
あとは本棚の移動ですが、これは来週あたりに予定しています。1号さんと2号さんに手伝ってもらいます。
本棚にはいっている本は、
今では1号さんと2号さんのものが3分の2近くになっていて、おとうさんとおかあさんの本は(ずっとすこしづつ処分してきたので)3分の1くらいしかありません。
子どもたちの成長を強く感じます。


さて、そのうち机とイスがやってくるのですが、
自分のパーソナルスペースができることが、1号さんのどこかのスイッチが入るきっかけになるでしょうか。

昔、1号さんが食事が遅いので、(将来を)心配していたのですが、今はそれなりに食べているのをみると、
1号さんのもろもろのスイッチも、ONになるべきタイミングでONになるのかな、とも思えます。一部はOFFのままかもしれませんが、それはそれでしょうがないのかも。
毎日楽しそうにしている1号さんをみていると、細かいことはどうでもいいかもしれません。
(細かすぎるおとうさんはいろいろもろもろ考え込むのでした。)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まりも

2013-02-16 22:21:36 | こども・教育
ちび1号さんがまりもを飼っている。
何年か前に北海道にいったときに空港の売店で買ったものだ。

このまりも、何年かするうちになんだか茶色っぽくなってしまった。大きくもならない。

生きているか死んでいるかについて家族内で意見がわかれている
「このまりもは、既に死んでいる」
「なんだか泡がついているみたいだし、臭くないから死んでいないよぉ」
(飼い主)「どうなんかな~、どっちやろな~」といいつつ、忘れた頃に水を替えている。
どれもそれぞれあっている感じがする。まりもさん、あんたどないなってんねん。

ぐぐってみると、まりもの生死判定はかなり難しいらしい。

まあ、臭くならないんだったら、気の済むまでおいておけばよろし。
場所もとらないし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そうこうしているうちに。

2013-02-15 00:00:01 | つれづれ
ちび2号
ちび1号
おかあさん
とインフルエンザに罹患。

あと残るは僕だけだ。

ポケモンバトルで最後に残ったキャタピーまたはコイキングのような気分だ。


このまま逃げ切りたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

先取りで悩むこと

2013-02-14 00:02:14 | こども・教育
正しいフォームを身につけるところが、結構悩みの種。

計算は途中式を書く、
イコールは先頭にそろえて書く、
筆算は桁をそろえる、
文章題では式を立てる(必ず「○○をxとおく」からはじめる)
図や表をかいて解く、

なかなか1号さんがそうしてくれないので、塾の先生も手を焼いているようです。
頑固者で申し訳ないです。(きっと私に似たのでしょう)
私がたまに家で出す宿題での答え合わせでもぶーぶー同じことを言っていますから、お互いぶれないようにがんばりましょう。

複数のオトナから同じことを言われたら、少しは考えるはず。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良薬は・・

2013-02-13 00:02:13 | こども・教育
ちび2号インフルエンザ発症。A型。

イナビルを処方されて、
大きく吸い込んだとたん

\(@ぶ@)/

って感じになっていました。
今までに経験したことのない不味さだったそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

某模試。

2013-02-12 00:02:12 | こども・教育
たまに1号さんが受けていた模試の会社さんから、
「差し支えなければ受験結果を教えてください」との電話。
すげーな。
こうやって一人一人の結果を追いかけて、合格判定の精度をあげているのね。

「あの~、うち受験してないんです」
本当です。
うそじゃありません。
データを増やしてあげられなくて、申し訳ない。

受験に関係なく、
学校プラスアルファの所(少し難しい問題を自分の頭で考える訓練)も勉強させたかったから、
塾でちょっと問題集もやったし、
その定着度を測るために、テストをうけさせていたんです。
受験非受験で、勉強の内容を変えなくてもいい部分があるって思うんですよね。

選択肢問題は(理解して無くても)フィーリングで解けてしまうこともあるでしょう。
深みのある問題は、考える訓練に最適だと思います。
論述させるとどこまで自分の肉になっているのかわかります。

いつも思うけど、
受験組(発展)と、
学校テストレベル(基本)との、
中間的なところ(標準)で理解度や定着度を測る模試がないですね。
ニーズが少ないんだろうね。


こっそりと告白
テストの問題や結果を見る度に、僕は、1号と約束した非受験という方針から度々ぶれそうになっていたのを白状しておく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加