BAMBOO-JET  ~うみの部屋~

タケノコジェットでどこへでも!
読んだ本や見た映画、おいしい料理、旅先、日常のことなど、趣味をつらつら語ります

陶芸体験@津軽千代造窯

2016-11-05 15:15:52 | 青森・津軽

7月のとある日曜日。
Tea Waveさんのお茶会にて、
弘前にある津軽千代造窯元の展示会の事を聞き、早速その午後に行ってきました
弘前市城南地区にある小山陽久さんの工房で、
併設されてる「杜ギャラリー陽久庵」にて展示会が行われていました。
行く途中、少し迷っちゃいました。
初めて行く地域で、見慣れない風景がまた面白かったりします。

そのギャラリーがまた素敵なんですね。
壁の色といい、間接照明の優しさといい、佇まいといい、
いかにも窯元っぽい風情が~。
こういう庵でのんびりお茶飲みたい・・・と思ってしまった。
お茶碗とかいろいろほしいものあったのですが、
この日は「陶芸体験」にチャレンジしてみた。
陶芸やるのは何年か前、茨城の笠間でやって以来。
初めて「てひねり」やってみました。
陽久さんにリクエストしたのが大き目の丼ぶり!
うどんとか食べれるような。
土の量が増えてしまったので値段が若干上がりましたが、
どうせならほしい物作りたいと思って。
手ひねりは粘土をこねてる間隔で、
電動ろくろを回すとはまた違った感覚で面白かったです。
やはり自分で物を作るのはまた違った意味で刺激があります。

出来るのを楽しみに待ってたところ、
あれから3か月、ハガキが来ました。
同じ場所でまた展示会があって、
陶芸体験の作品ができてるとの連絡が。
早速本日行ってきました♪
ギャラリーの入り口の看板がなんか変わっているような気がします。
土曜日なため、お客さんがいっぱい。
とてもかわいい豆皿・小皿・小鉢の作品展が行われていました。
作品を見た後、コーヒーのお誘いがありました。
前回初めて来たときも、コーヒーと焼き菓子を頂きましたが。
この奥様手作りのお菓子が絶品で、
酸味のきいたコーヒー(丁寧に一人分だけ入れてくれました)に合う。
お庭のクリと胡桃を使ったとのこと。
秋の恵みいっぱいですね。

さてさて、楽しみにしてた作品を頂いて帰りました。
白地に緑の模様が入れてくれてる~。
ティーポットと比べると、けっこう大きいでしょ。
丼ぶりと大皿の中間っぽい。
あまり深くはないので、肉じゃがとか盛り付けたり、
カレー皿にしたり、
うどんやラーメンも食べれるかなぁ。
日常生活で使うのが楽しみです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深浦ちゃんちゃん祭り | トップ | 紅葉散歩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。