鬼ヅモ同好会第3支部・改「竹に雀」

鬼ヅモ同好会会員「めい」が気ままに旅して気ままにボヤきます。

第70回鬼ヅモ同好会麻雀大会顛末記・2日目~暴虐の紳士

2017-05-12 | 鬼ヅモ同好会


2 0 1 7 年 5 月 4 日 ( み ど り の 日 )

午 前 8 時 0 0 分 ご ろ

大 会 会 場



大会2日目。
未明に会長・かつ氏がいったん帰宅し、このときのメンツは3名。
麻雀はできず、それぞれが思い思いの時間を過ごすことになりました。

前日の麻雀終了後に「スプラトゥーン」をがっつりプレイした副会長・たか氏とよね先生は、まだご就寝。
「スプラ」をやらずに眠りについた私は午前8時ごろに目が覚め、



なんとなく気になった「真田十勇士」というファミコン・ゲームを始めました。

とりとめもなく「真田十勇士」をプレイしていると、2人も起床。
たか先生は相変わらず「ラブライブ」
よね先生は「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」をプレイ。
三者三様の勤行(ごんぎょう)をしておりました。


そこに、元英国紳士・もと氏よりメールを受信。
午後2時過ぎに会場入りできそう、ということでした。




午 後 2 時 3 0 分 ご ろ

も と 氏 、 参 戦


平成26年(2014年)5月の第62回大会以来、3年ぶりに紳士・もと氏、参戦。
もと氏、さっそく手土産をテーブルに広げます。





ローストビーフやら春巻きやら・・・これはどうみても酒盛り。
真っ昼間から「うしうし」が始まります。

もはや「呑兵衛」となり果てた元ジェントルマン・もと氏の勢いと手土産に、3人はなす術もなく飲み込まれてしまいます。
たか氏は「山崎」の水割り。
私は「景虎」のロック。
そしてよね氏までもが麦酒を2缶空けてしまう始末。


これはわれら3人に一服盛るという、もと氏の策略だったのです・・・・・・!



酒が入っていい感じの4人は、



まず「ニムト」で頭の体操。



前日のスコア。この時点でもと氏は2位タイです。
ここに酔拳麻雀が始まります。



ドラの白を加槓し、さらに嶺上開花
滅多に出ない嶺上自摸をあっさり決める暴虐っぷり。



ドラ西ポーン! 一筒大明槓! ドラ6!!



チャンタ 西 ドラ6! 倍満!!
・・・・・・振り込んだのは私です。おおいに反省。




午 後 7 時 2 5 分 ご ろ

夕 食 へ


1局1局が長いこの日の試合。
3試合を闘い、もと氏が+78ptsを獲得し、この時点で首位。
この状況で水入り。食事の時間となりました。

中華料理という意見もありましたが、この日は3年ぶりに参戦したもと氏の食べたいものにしよう、ということで・・・



鬼ヅモ同好会御用達「太田屋」のそばを食べることになりました。
私ともと氏は大せいろ
さらにもと氏、ここで日本酒をひとりでぐい飲み。

この呑兵衛がッ!




午 後 8 時 1 5 分 ご ろ

試 合 再 開


独り酒を楽しむもと氏に対し、よね氏、たか氏、私の3名は酒が抜け始めていました。
これより暴虐紳士に反撃開始。



よね氏の反撃・立直 ドラ5で、ついに紳士の快進撃はストップ。
この日の試合は終わりを告げたのでした。



2日目のスコア~。



私はドラの嵐を耐え抜き、なんとか点数を上積みすることができました。
前半大暴れのもと氏は、結局+29ptsで終了。
しかしこの+29ptsが、大きな大きな壁となって我々に立ちはだかることとなるのです。



もと氏の参加はこの日限り。
(とも)の遠方より来たるあり、また、楽しからずや」とはよく言ったものです。
またこうして闘いたいものです。
そして、ローストビーフごちそうさまでした。



第70回鬼ヅモ同好会麻雀大会顛末記・第3話へ続く。

「真田十勇士」攻略記へ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第70回鬼ヅモ同好会麻雀大会... | トップ | 第70回鬼ヅモ同好会麻雀大会... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む