鬼ヅモ同好会第3支部・改「竹に雀」

鬼ヅモ同好会会員「めい」が気ままに旅して気ままにボヤきます。

若鶏時代なると

2017-08-05 | グルメ


2 0 1 6 年 9 月 2 1 日 ( 水 )

午 前 1 1 時 1 6 分

J R 小 樽 駅 前



駅からまっすぐ見下ろせる小樽港



駅からのびる小樽中央通り



最初の信号からは、小樽都通りというアーケード街が続きますが、その逆方向へ曲がります。


港町のグルメといえば、やはり海のものを思い浮かべるでしょう。
しかし私が目をつけていたのは、



「若鶏時代 なると」本店。魚じゃなくて鶏肉です。


入店すると中は広いですが、お客さんも多かったです。
座席に案内され、注文を・・・するのではありません。
この店は注文方法が独特で、まず席に座ってメニューを見ます。
メニューが決まったら、座席にある注文カードをレジに持っていき、そこで注文します。
同時にお勘定も済ませることになります。

私は、このお店のメインともいうべき若鶏定食(大盛り)をオーダーし、1,100円を支払いました。


約10分後、



若鶏半身揚げ! うまいっ!!

まず括目すべきは、ごはんの量と比べての若鶏の大きさ。
朝食を抜いた私でも、しっかり満腹になるだけのボリュームを誇ります。
肉は柔らかく、あっさりとした塩味で、鶏肉の旨さを味わうことができます。
当然揚げたてで、さわるとやけどをしそうなくらい。


今回もお新香はお残ししてしまいましたが、大満足でお店を後にしました。



100名城登城の旅・第15弾「北日本完全制覇?」第71話へ続く。

『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小樽へ行ってみる | トップ | 手賀沼の花火 2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む