バンビ・わーるど

プラダー・ウィリー症候群の息子「バンビ」を愛し、その成長を見守る母・suzuのつれづれ日記(&ときどき猫だより)

乳がんのこと ~手術終わりました~

2017年08月09日 | 私の身体・病気
夏休みに入って、早3週間近くになろうとしてますが...
バンビの夏休みの様子やら、旅行の話など書きたいこといろいろあるんだけど

まずは、私の乳がんの手術、無事終わりました ってことで、その話を。


前回、近所の大学病院でセカンドオピニオンを勧められた話は書いたけど
その後 ネットでいろいろ調べて
術後の放射線治療のことも考えたら近場でいい病院を と思い、探し当てたのがE病院。

ここはネットでまず手術の申し込みをすることになっていたので、6月末に連絡を取る。
すると、7月に診察、8月上旬に手術と即日程が確定してちょっとびっくり。

夏休み中の手術なら願ったりかなったり ということで、すぐバンビを預ける手配も取る。
5月に一度利用した緊急一時保護のグループホーム。
まさか、こんな風にお試しが役立つ日が来るとは思わなかったけど...。

ところが実際 診察を受けたら、入院は2泊3日です と言われてさらにびっくり!
手術の前日入院して、翌日もう退院だよ...。すげぇな!

しかも月曜手術なので、バンビを預けるまでもなく、オットに1日休みを取ってもらえば済んでしまいそうな日程。
神様、ありがとう。


で、いよいよ手術当日。
朝から絶飲食で食事はともかく、水分取れないのはちょっとキツい。
点滴をしてもらったのだけど、私は血管が取りづらいらしく新米看護師さんはギブアップ。
これって、バンビもよくあることで、ずっとPWSのせいだと思っていたのだけど
PWSに限らず 体質的によくあることらしい。私の遺伝かも?

私は過去 帝王切開しかしたことなくて、その時は背中に注射する部分麻酔だったのだけど、今回は初めての全身麻酔。
若干の不安感はあったんだけど、マスクを口に当てられて、「始めますねー。」の声で瞬間的に意識を失い
次に意識が戻った時は 「はい、終わりました~。」

その間、ほんと一瞬。(と感じただけなんだろうけど


オットは術後、先生から説明を聞いたらしいのだけど、「早口でよくわからなかった~。」と頼りにならず。
まぁ、とにかく 予定通りで無事終わったらしい。


病室に戻ってからは、とにかくだるくて仕方ないので、家族には帰ってもらいひたすら眠り続けた。
麻酔のせいと、水分不足のせいで、頭痛・ふらつき・吐き気がする。
1日絶食ということもあり、ひたすらうとうとしていた。

バンビは過去に停留精巣から心臓から4回も手術してるんだけど、ほんとよく頑張ったんだなぁ と改めて実感。


翌日は処方された薬も効いて、頭痛や吐き気は治まっていた。
早朝、Dr.が傷口を確認&消毒に来てくれたのはいいのだけど
テープを剥がされた時に、肌の弱い私はそこがミミズ腫れになってしまって...。

後から看護婦さんが「今後は 事前に言っていただけると テープもかぶれにくいものに変えますし、そっと剥がしますので。」
そうだよね、傷口よりこっちの方が痛いもん...(涙)


そんなこんなで、「日常生活がいちばんのリハビリです。」の声に送り出され
あっという間に退院。


2日間は、濡らさなければシャワーOK。3日目からは入浴OK と言われたので
取り合えず、ラップを晒のように胸に巻いて、頭と袖口に穴を開けたゴミ袋をかぶってシャワーを浴びてみた。
貼ってある絆創膏は 自然に剥がれれば剥がれるに任せてよいらしい。

傷口はまだ自分では診ていないけど、若干皮下出血の後が赤紫色になってきている様子。
痛みも少しあるけど、痛み止めを処方してもらっているので
日常生活には支障ナシ。

今回の生検の結果も含めて、1ヶ月後に外来受診。
その後、9月の中旬くらいから6週間(他の病院では5週間が多いらしいけど)放射線治療をやる予定。



そんなわけで、今日はバンビをデイサービスに送り出し、1日家で1人のんびり静養しています。


手術を受けてみて
いやー ほんと健康のありがたみをつくづく感じるわぁ~。

健康診断はほんとに大事。
母親は子どものことに一生懸命になって、つい自分のことは二の次・三の次になりがちだけど
子どもを育てていくには母親の健康も大切。
定期的なチェックやメンテナンスは必要だよね。

今回手術するにあたって、ぐらぐらしている歯はないですか?と聞かれたので(手術の時、危険なんだとか)
億劫で行かずにいた歯医者も 急遽予約を取り付けて、虫歯のチェックと歯のクリーニングもしてもらった。


あと、保険も見直ししておいた方がいいと思った。

手術自体は 高額医療だと健保の限度額適用が受けられたりするし
今回私が入っている保険は 手術に対しての保証は1日目から適用されるので そこは割とカバーされるのだけど
通院保証がまるで付いてないので、今後の放射線治療がいくらくらいかかるのか戦々恐々。

病気と診断されてからでは遅いので、元気なうちに保険は見直すべきだよね。
うちもオットはがん保険に入っているのだけど、私は まさか自分ががんになるとは思わず見過ごしてしまってた。
(子宮頸がん疑いもあったので、入れなかった可能性も大だけど。)

子どものうちは医療費助成があるので、あんまりお金のことシビアに気にしたことないけど
3割負担となると、なかなか家計に影響を及ぼしそう...。


日頃の生活に気を付けていても、がんはなる時はなるのかもしれないけど
まぁ、栄養バランスやら適度な運動やらに努めて
あとストレスも溜めないようにしつつ 健康を維持すべく頑張っていかなくては。

バンビを世の中に出して、生活が安定するまでは
私には まだまだ時間が必要。やるべきことがたくさんあるんだもんね。


というわけで、手術無事終了のご報告でした。
ブログ読んで、ご心配いただいた方々 ありがとうございました。
取り合えず、元気に復帰してます。

メールはこちらまで → yakkoxhs@gmail.com
『家族』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 友達と遊ぶ | トップ | プチパニック&大泣き »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お帰りなさい!!! (りんまま)
2017-08-10 10:26:15
suzuさん

退院おめでとうございます♡

これから放射線治療が長期間続くのでまだまだ大変かとは思いますが、ひとまず無事手術が終わって退院されたとお聞きして嬉しいです(^^)

こんなに短期間で入院、手術、退院という流れになるんですね〜〜、ビックリしました(^^;

体験談をお聞きして、、、改めて子供達は入院と手術の時に本当に頑張ったんだなぁとウルウルしました(TT)
バンビくん、4回も良く頑張ったね!!!
りんもバンビくんを見習って来週2回目を頑張ってくるよ〜!

他の記事も拝見しました!
那須旅行、充実してましたね〜〜。
楽しむバンビくん一家の笑顔が目に浮かびましたよ♡

ではでは、ゆっくりと身体を休めて今後の治療も頑張って下さいね!
お帰りなさい (suzuさんに感謝ママ)
2017-08-10 21:40:05
suzuさんお帰りなさい。昨年 12月にコメントをさせて貰いました。以来です
病気をされたと言うこともあり、かなり心配で どうされているか ブログをチェックしてました。suzuさんの ブログを読み 人生の 在り方を厳しく また 人生の歩み方を励みにさせて貰ってます。感謝です
りんままさん♪ (suzu)
2017-08-12 11:10:04
いつもコメントありがとう。

りんくんも入院されていて、ママもとっても大変な想いをされたんですよね。
元気になって、本当に良かったです。ママもお疲れ様でした。

PWSの子は、3歳くらいまでは抵抗力が弱く感染症などによって突然死のリスクがあるようなので
いつもと違う、何かおかしい と思ったら、とにかくすぐ受診することが大切かと思います。
そのことは 私もブログで啓発してきたつもりなのだけど、りんままさんのように次世代の方が引き継いでアピールしてくれているのでありがたいと思っています。
まぁ、何もないに越したことないけどね。

ほんとに、入院とか手術とかって、身体的にもちろん負担だけど、日常と違う生活を強いられるって、メンタル的にもキツいですね。
バンビも 僕はもう入院いやだ と言っています。
ただ、大変な経験からも得ることは何かしらあるだろうし、決してマイナスばかりではない と思うようにしていますが...(笑)

りんくんの停留精巣の手術、無事終わりますように お祈りしています。
ママも頑張って~!
suzuさんに感謝ママさん♪ (suzu)
2017-08-12 11:15:47
お久しぶりです。
お孫さんは もうお誕生日を迎えられたんでしたよね?
反応が豊かになり、できることが増え、かわいさ倍増というところでしょうか。

私、そんな大層なものでもないですが...(笑)
PWSの子を育てる身として先にスタートしている分
私の体験やその中から得たことで 何かしら後から歩いてくる方のお役に立つようなネタがあれば と思っています。

それにしても、私の身を案じてくださる方がいる というのは、ありがたいものです。
コメントありがとうございました。
Unknown (soranohabataki)
2017-08-14 22:31:04
退院おめでとうございます。
手術が無事に終わって何よりです!!
どんな手術でも手術が成功する確率が常に100パーセントではないのだし、手術前の色々な心配がさぞかしあったと思います。
息子らのがんばりも改めて感じ、益々愛情深くなりそうです。
まだまだ暑い日が続きますし、体調を崩されませんように。放射線治療が合いますように。
お大事になさってくださいませ。
soranohabatakiさん♪ (suzu)
2017-08-19 14:25:38
いろいろコメントありがとうございます。

病院って行くだけでもとても疲れるのに
バンビは夏休みに、こっちの病院あっちの病院
1日に複数ハシゴしたりして...
頑張ってるなぁ と改めて思います。
まぁ、不調だからというのではなく 定期検診というのがまだ救われますが。

そして、私達母親はつい子どものことに一生懸命で自分のことを後回しにしてしまいがちですが
やはり母親なくしては 子どもの日常生活を営むのは難しくなるので
自分自身のチェック&メンテナンスもちゃんとしないといけないなぁ と改めて痛感しました。

今年の夏は天候不順でただでさえ調子が狂いがちですが
お互いに心身を健やかに維持して、子育てがんばりましょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む