Negative Space

日本映画、文語文学、古代史劇映画、西部劇等々、よろず古典再発見ブログ。最新のトレンドもしっかりフォロー。

アンディの神業に座布団一枚:『モンタナ・ベル』

2017-05-05 | アラン・ドワン




 〜西部瓦版〜 No.57 アラン・ドワン『モンタナ・ベル』(Montana Belle, 1952)之巻


 ジェーン・ラッセルが二丁拳銃も凛々しいベル・スター(1848-89)を演じる。縛り首になるところを救い出され、手錠をはめられたままダルトン兄弟のアジトへ連れてこられるベル。かのじょをめぐりたちまち男たちの情欲が渦巻く。屋根裏部屋へ上がり、寝支度のため下着姿になるサービスショット。このあたりは『ならず者』の再演か?

 押し込み強盗に入った先のサルーン経営者(ジョージ・ブレント)は、顔を隠したかのじょの「目」に一目惚れ。二人でメキシコに逃げ、新たな人生を踏み出そうとするが……

 1948年にリパブリックで製作されるも、ラッセルと契約していたRKOのハワード・ヒューズが買いとり、52年に公開。べったりしたトゥルーカラーが目に痛い。序盤に出てくる林間の長い長いチェイスシーンはリズミカルなアクションが小気味よい。

 ラストの大がかりな強盗シーンは『逮捕命令』のクライマックスシーンと同じく独立記念日のデコレーションで飾られた街が舞台になる。

 ブロンドの鬘でモンローふうに変装したラッセルがサルーンで二曲ほど喉を披露。『紳士は金髪がお好き』を予言するディティール。ブルーの薄衣をまとい、挑発的に体をくねらせ酔客らのあいだをねりあるくさいしょのナンバーは、かなりの長回しで撮られている。ピアノ(であったか?)に尻をのせ、あらわなふとももをキャメラのほうに突き出しながら呟くように歌うバラードはいやがうえにも『帰らざる河』のMMを彷彿させる。が、いつもながら艶かしいというよりはひたすら逞しいという印象が先に立ってしまうラッセル姉御。

 フォード一家のアンディ・ディヴァインが、登場する度に人の酒を巧みにくすねるギャグで笑わせる。酒を盗むために磨いた(わけでもなかろうが)縄投げの技術が、ただ一度ヒロインを救うために発揮される。

 脚本ホレース・マッコイ。キャストはほかにフォレスト・タッカー、ジャック・ランバート、スコット・ブレイディ(ボブ・ダルトン)。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンサス代理戦争:『カンサ... | トップ | 虚匠の迷作を斬る!:『切腹』 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。