面白くて楽しい最新情報ブログ

スマートフォンアプリ・ーシャルゲーム・デコメ・占い・カラコン・ウィッグ・ゲーム・電子書籍・ビジネスなどをアップ

中山功太の名を挙げたR-1

2016-10-12 18:30:04 | 日記
中山功太の名前を知っている方は、相当なお笑い好きでしかも先物買いという方がほとんどでした。
シュールでシニカルなブラックユーモアあふれる中山功太の世界はハマってしまうとなかなか抜け出せないともいいます。
あくまでも劇場に足を運んで、中山功太の世界を楽しむということは、一種の特権意識のようなものがあったという方もいます。
その中山功太がピン芸人の日本一を決定するR-1グランプリに出場が決定したときには、どんなネタを出してくるのかが気になった方が多かったようです。
なぜなら中山功太の出してくるネタは非常にブラックな切り口とシュールでシニカルなものですから、一般的に受け入れられるのかが心配になったのだといいます。
加えてステージや劇場で中山功太の見せる世界は、おそらく日本のテレビでは放映できないような危ないネタが中心だったからです。
ところがテレビ放映ぎりぎりまで近付いて、ブラックでシュールな世界を見せたことによって、一気に中山功太は知られるようになったのです。

中山功太は自分がr-1王者になったことを、実はまだあまり実感がわいていないのだそうです。
自分としてはR-1のステージでは、現在出すことができる「中山功太の世界」を繰り広げましたが、それが受け入れられたのかが心配であったそうです。
またR-1出場者のレベルの高さに、中山功太は「自分はここで勝ち残って名前を売るだけでいい」というくらいだったようです。
年々、R-1ぐらんぷりはレベルが非常に高くなってきていて、キャリアだけでは勝ち残れないなか、中山功太は健闘しました。
その結果、日本のピン芸人を決定するR-1ぐらんぷりで、優勝者として中山功太の名前が呼ばれたとき、はじめは信じられなかったそうです。
中山功太についての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めて、R-1ぐらんぷりでの中山功太についても調べてみましょう。
実際、現在も中山功太には自分が日本一のピン芸人になったという実感は薄いそうですが、まぎれもなく日本一になったのです。
このようにまだ実感がわかなくても、メディアの取材やテレビ番組に出演する機会が増えてきたのならば、ようやく実感がわくかもしれないのが中山功太です。

中山功太にとってR-1ぐらんぷりは確かにターニングポイントになっていて、今までのブラックでシュールな雰囲気がありながら、わかりやすくなっていったようです。
今までは特にお笑いに興味があるお客様を相手にしてきた中山功太ですが、これから相手にするのはあまり熱心ではない視聴者に変わります。
いわばR-1ぐらんぷりに出場して、優勝したことにより、さらに中山功太は自分のネタを広くわかりやすいものに変えていく必要があるかもしれません。
一気にメジャーなお笑いピン芸人になった中山功太ですが、不特定多数の視聴者を相手にどこまで笑わせられるかが勝負になることでしょう。
とはいっても自分のことに関しては非常にクールに見ているようですから、さらにネタをわかりやすいけれどもシュールという芸に磨きがかかりそうな中山功太です。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中山功太 | トップ | 中山功太のスケジュール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。