面白くて楽しい最新情報ブログ

スマートフォンアプリ・ーシャルゲーム・デコメ・占い・カラコン・ウィッグ・ゲーム・電子書籍・ビジネスなどをアップ

中山功太の実家

2016-10-19 18:30:03 | 日記
中山功太を語る上で欠かせないのが、実家がかなり裕福であり、働く必要もないほどだったのだそうです。
なんと中山功太の生い立ちの中ではなんと身代金目当てに誘拐されそうになってというほど裕福だったそうです。
中山功太の実家はかなり広いだけでなく、トイレが4つ、サウナ、お風呂が2つ、自分用のメディアルームがあるほどだったのです。
こうしたことから「中山功太はお笑いをやっているのはただの趣味」といわれるほどの、いわゆる「お坊ちゃま」だったわけです。
しかしながら実家の家業が倒産してしまい、中山功太のゴージャスな暮らしぶりはなくなってしまいます。
ところがその運命の逆転がお笑い芸人としての中山功太にとっては、非常に「おいしい」ネタになったことはいうまでもありません。
そこで本格的に笑いの世界で生きていくことを決めることにしたからこそ、芸が光るようになってきたとも言えるのが中山功太です。

中山功太の実家の家業はソファーベッド製造会社で、倒産するまでは、豊かな生活を送ることが可能で、本当にお笑いに本腰を入れる必要もなかったらしいのです。
ところが実家のソファーベッド製造会社が倒産してしまうことによって、中山功太の豊かな生活はピリオドを打つことになります。
まさしく何不自由なく暮らしていて、他のお笑い芸人のような苦しい生活とは無縁だった中山功太の生活が変わることになったのです。
つまりはもっと普通の生活に密着し、お笑いのネタを作る視点も中山功太は変わってきて、もっとお客様の共感が得られるようになってきたのです。
中山功太のピン芸人としてのブレイクは、実家の倒産があってこそ、ともいえるのですから、なかなか運命は皮肉なものです。
中山功太についての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めて、中山功太の実家についても調べてみましょう。
中山功太自身も実家の倒産にはショックを感じたかもしれませんが、内心は「これがネタになる」と思ったかもしれません。
どのようなことが自分の人生に起こったとしても、それをネタにしてしまうしぶとさを持っているのが中山功太です。

中山功太の実家がかなり裕福であって、そのためにかなりゴージャスな生活を送りながら、そのままお笑い芸人をしていたらどうなっていたのでしょうか。
かなり落差のある人生を歩むことになった中山功太ですが、それが逆にお笑い芸人としてランクアップさせることになったともいえるのです。
裕福で何不自由ないお坊ちゃまとしての生活とお笑いが生活の糧となる生活の両方を知っているから、中山功太の笑いは多重構造になっているのです。
中山功太のネタでは裕福な生活について触れているのは、前ふりだけであって実際に笑いの中ではあまり触れていないようです。
当初は実家の裕福さをネタにしていた部分もあったのですが、そこから生活の転換からもっと身近に感じるネタを作り出したのが中山功太です。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中山功太の最新情報 | トップ | 中山功太が行った手売り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。