面白くて楽しい最新情報ブログ

スマートフォンアプリ・ーシャルゲーム・デコメ・占い・カラコン・ウィッグ・ゲーム・電子書籍・ビジネスなどをアップ

中山功太のネタ

2016-10-14 18:30:03 | 日記
中山功太のネタを見たある方は、最初は「あるあるネタ」で共感し、その後につらなっていく、ブラックで毒のある笑に驚くことが多いようです。
また何気なくライブで中山功太の芸を見た方は、あまりのブラックさと毒に圧倒されてしまったとも言えます。
実際に中山功太のライブに足を運んでいただけたのならば、非常にシュールであり、また毒とブラックな世界に笑いながら怖さを感じるかもしれません。
本来お坊ちゃま育ちで、おっとりと生きていたけれども、人生の急展開を迎え、お笑い芸人として本当に目が開いたのが中山功太なのかもしれません。
立場が変わると、対応する姿勢も変わるということを、中山功太は痛いほど経験してきたのかもしれません。
だからこそ笑いに変えて、人間の本質を伝えようと、中山功太自身は思っているのかもしれませんね。
究極的な人間観察から生み出されているネタがブラックで毒を帯びているのは、そうした経験がものをいったかもしれないのが、中山功太です。

中山功太のネタは最近のピン芸人に増えている、フリップを使っためくり芸と一人コントが有名ですが、「DJモンブラン」も人気があります。
中山功太が作り出している「DJモンブラン」はまさしく余すとこなく、さまざまなものに突っ込みを入れていきます。
その中山功太の演じているキャラクラー「DJモンブラン」は普段、普通の日とならいいたいことはあるけれども、なかなか言えないことを軽快にいいます。
ですから中山功太の人間観察力はなかなかすごいものがありますが、それは自分が見たり接した相手から得たものなのかもしれません。
まさしく「いいたいけれども、いったらまずい」ということを中山功太は露悪的に話しながら、笑いの中に入れてしまうのです。
中山功太についての情報をサイトやブログ、掲示板を使って集めて、中山功太のネタについても調べてみましょう。
最初、中山功太をいきなり観た場合、軽く反感を買う場合もあれば、納得してしまう場合も少なくはありません。
お笑い芸人にかかったならば、どんなに真面目な方であっても、突っ込まれる部分があるということをネタで教えてくれるのが中山功太です。

中山功太のネタにはブラックさと毒に満ちていて、本来の芸はライブまで足を運ばないと体験することが難しいようです。
なぜなのかといいますと、中山功太のネタは実をいえば、放送禁止用語やお笑いとして触れるにはおっかなびっくりになってしまうネタが多いからなのです。
とはいえども中山功太が自分の体験してきたことなどを集めて、笑いのネタにしていったのですからいわば熟成された悪意ともいえるときもあります。
そういうことから中山功太のネタの真骨頂は、実はテレビでは放映することができないのです。
人生で起こることにはなんにも無駄はないといいますが、実家が倒産したという経験から、それもネタにしているのが中山功太です。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中山功太のスケジュール | トップ | 中山功太のファン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。