面白くて楽しい最新情報ブログ

スマートフォンアプリ・ーシャルゲーム・デコメ・占い・カラコン・ウィッグ・ゲーム・電子書籍・ビジネスなどをアップ

斎藤佑樹の投手としての評価

2016-09-19 18:20:02 | 日記
斎藤佑樹個人に対する評価はあの毒舌の広岡達朗をしても「謙虚ですがすがしい」と言わしめたほどです。
しかし肝心な投手としての斎藤佑樹の評価はどうなのか、といいますと、一般的に言われているのは非常にクレーバーな投手だということです。
プロ野球界に長年、選手時代も含めて在籍し、さまざま投手を観てきた「親分」こと大沢啓二は斎藤佑樹を「球威はないが、頭が良く、駆け引きがうまい」と評しています。
確かに斎藤佑樹は平均140キロを超える速球を投げていますが、豪腕といわれるライバル田中将大に比べ、ストレートだけで勝負できる投手ではありません。
大沢啓二がいうように斎藤佑樹は技巧派の投手であるがゆえに、プロ野球界にこれからデビューするのであればさらに変化球の種類を増やす必要があるでしょう。
現在、斎藤佑樹はスライダーやフォークも投げていますが、本当はストレートで勝負で試合を進めたがっているとも言います。
ですがストレートでは、おそらくかなり打ち込まれてしまうであろうという予測もできますので、自分本来の持ち味を見つけてほしいのが斎藤佑樹です。

斎藤佑樹は確かに非凡な投手であり、甲子園の過酷な試合スケジュールを投げ抜き、田中将大と投げ合ったほどのスタミナもあります。
しかしながら致命的なのは斎藤佑樹の投げるボールには球威がなく、いったん打たれてしまうと、軽く飛んでしまうということです。
つまり斎藤佑樹は「打たせて取る」というピッチングが現在、非常に難しく、そのままではプロ野球界で勝利をおさめることは難しいのではないでしょうか。
むしろ球威のなさを自覚し、もっと「打たせない」ピッチングを斎藤佑樹は模索していく必要があるかもしれません。
もしくは斎藤佑樹自身が大幅な肉体改造とピッチングフォームの改造をかけて、球威を重くし、速球派を貫くかです。
プロ野球界から大リーグ入りを目標としているという斎藤佑樹は、正念場にいるといっても過言ではないかもしれませんね。
斎藤佑樹についてのサイトやブログ、掲示板を使って情報を集めていき、投手としてのその他の斎藤佑樹の評価を調べてみましょう。
非凡な才能を持っていながら、まだ本当の才能が花開いていないともいえるピッチングですから、これからが面白くなってくるのが斎藤佑樹です。

斎藤佑樹がこれからも投手として活躍していくのであるならば、自分のピッチングをとことんまで研究し尽くす必要が出てくるでしょう。
まだ年齢的に若いからこそ、大幅な改造をかけても、斎藤佑樹のクレーバーさがあれば決して故障することはないはずです。
そこで今、斎藤佑樹が必要としているのは優れたピッチングコーチと冷静な目で判断できるキャッチャーかもしれませんね。
つまり現在の斎藤佑樹には本格的にプロ野球界で活躍できるように導いてくれる指導者が必要になってきているのです。
そのために獲得を狙っている各プロ野球球団も首脳陣をはじめとして、スタッフを揃え始めているという噂もあることで、やはりスターと言わずにいられない斎藤佑樹です。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 斎藤佑樹と田中将大 | トップ | 斎藤佑樹に関する本 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。