半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

ブルーカーテンの向こう側(男バレエダンサーの珍道中)第37話

2016-10-18 09:38:09 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションは「ジゼル」より第一幕、ジゼルの
バリエーションです。ではクリスタル・ルームでお待ちしており
ますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側(男バレエダンサーの珍道中)
滅茶苦茶な英語の挑戦者!
第37話
地下鉄ピカデリー線をヒースロー空港方面に乗り継ぎ、
バロンズコート駅でおりて暫く歩いた。「ここだな…」
ロイヤルバレエ学校の門前で緊張と自身を奮い立たせる
ために深呼吸をした。「この場所こそ僕が夢見た学校
なのだ!」門を入るとセキューリティの門衛の男が
「何かここに用事でも?」と質問して来た。

ショージは頭の中で思っていた事をそのまま自分流の
英語でこの男性に言った。「校長先生に会わせて欲しい
のです」すると男性はかなり困惑して、「えーと、
あなたは校長先生とお約束をしておられますか?」
ショージは頭を横に振りながら「いえ、今から約束を
取り付けたいと思っていますが、約束したところで
会いたいのは今日なのです」

面喰っている門衛は目をパチパチさせながら「ちょっと
待って下さい、あなたは校長先生と面識でもあるのです
か?一体、どのようなご用事があると言うのですか?」
ショージは単刀直入に答えた。「私はこのバレエ学校に
入るために日本から来たのです」すると漸く考えていた
男がようやく頭を縦に振って「ああ、そう言う事ですか!
あなたは学校側から入学の許可を貰ったから入学の手続き
のためにここに来たと言いたかったのですね?それなら
それを早く言ってください!」

ショージはまじまじとその男を見ながら「いえ、私は
校長先生から学校に入るための許可を貰いに来たのです。
手続きはその後になると思います」これでセキューリティの
男性は完全にノックアウトだった。「は?どう言う事か
理解出来ないが、ちょっとそこで待っていなさい。
とりあえず校長先生にあなたの事を聞いてみますから!」

男が眉間に皺を寄せながら電話をかけて「いえ、私にも
何を言っているのか理解が出来ないのです!」と話して
いるのが見える。そして受話器を置くと「校長先生が
あなたに直接会って話を聞いてくれるそうだから、
どうぞ中に…」ここでショージは拳をグッと握り
「やった!中に入れた!次は校長先生か…」

セキューリティの門衛に校長室へと案内された。初めて
ロイヤル・バレエ学校の校長であるメール・パークに
会うと、メール校長が「どのようなご用事ですか?」
ショージは再び単刀直入に「私はこのバレエ学校に入り
たくて東京から来たのです!どうぞオーディションを
してください!」と切り出してみた。すると校長が
「あなたは今、何歳?」と聞き「21歳です。」と
答えた。

メール校長が「21歳ですって?普通その歳なら、
学校ではなくてバレエ団で働く歳ですよ、それでも
オーディションをしたいのですか?」ときびきびと
質問をした。ショージはその場ではっきりと、
「21歳であろうとこの学校にどうしても入りたい
のです!」と答えた。すると校長が暫く黙り、考え
込みながらショージをじっと見ている。
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側(... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。