半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

ブルーカーテンの向こう側(男バレエダンサーの珍道中)第27話

2017-03-08 09:47:10 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!

朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションはドン・キホーテより、3幕からの「キトリ」の
バリエーションです。扇子を使って楽しく踊りましょうよ!!
ではクリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側(男バレエダンサーの珍道中)
テレンス先生との出会いとショージの希望
第27話
 ショージの人生を変えたこのイギリス人のバレエ教師と
知りあう切っ掛けになったのは教師テレンスが突然来日して、
ショージの恩師である小川亜矢子(元ロイヤルバレエ
ダンサー)のスタジオ(六本木)の訪れから始まった。
臨時の教師を務めたテレンスは小川に向かって「この
ダンサーたちを使って私の作品を是非日本でやって
みたい…!」との希望があったためであった。

小川は当時、六本木の「一番街」という巨大な総合
ダンススタジオの主宰者だった。そして小川はとても
エネルギッシュに「スタジオパフォーマンス」という
発表会をこの大きなスタジオで毎月行っていたのだ。
この特大のスタジオの壁面には巨大な観覧席が
埋め込まれてあり、引っ張りだせば楽に数百人が
収容出来るマジックスタジオになっている。

ショージはこのイギリスからやって来たテレンスに
大抜擢を受け、今は女優として大活躍している床島佳子
と二人で主役に選ばれたのだ。これにはさすがの
小川亜矢子も仰天して「あ、この子はまだ何にも
出来ない新米のダンサーです。どうにもならない
そこら辺の男ですよ!無理ですよっ!」でも、
テレンスは笑いながら「大丈夫!」ショージも
先輩たちを差し置いて大抜擢された事に驚愕した。
「まさか僕の後ろで先輩たちが群舞として踊るなんて…!」

おまけにバレエをほとんど始めたばかりのショージは
女性と一緒に組んで踊るアダージオは困難を極めた。
自分で踊る事さえも満足に出来ないのに、コンクールで
1位をとっている大バレリーナと踊るなど普通では
考えられない事なのだ。この振付をしたテレンスは一切、
何の文句も言わずに最初から最後までショージを
励ました。そしてイギリスに帰る前に「ショージ、
イギリスに来てみなさい。本場のバレエを見る事は
とても君のためになる…学費が無いのなら学校に交渉
してあげても良いから…」と言い残しイギリスに帰って
行った。

ロンドンのバレエ学校 オーディション!

テレンスの自宅で話を聞いたあと、行く先のない
ショージは取りあえずテレンスの自宅に厄介になった。
次の日にコヴェントガーデンにある「アダン・バレエ
アカデミー」と言うバレエ学校にテレンスに連れられて
行った。見た事も無いような、相撲とりのように大きな
体型の女性と、テレンスがヒソヒソと怪し気な会話を
した。実はこの驚くほど太った女性こそ、この「アダン・
バレエアカデミー」と言う名のバレエ学校の校長だった。
生徒たちは彼女をミス・アダンと呼んでいる。

テレンスが「ショージ、すぐに稽古着に着替えなさい!
今から直ぐにレッスンが始まる」ショージは言われる
ままに着替えた。そしてショージと同じような年齢層の
ダンサーたちがたくさんいる稽古場に付いて行った。
金髪の女子やジンジャーヘアーと呼ばれる生姜色の頭を
した男もいた。褐色の肌をした男のダンサーやら黒人の
ダンサー、中には「あれっ!?日本人か?」と間違える
ほど日本人にそっくりな中国人のダンサーもいる。
ショージは今まで日本人しかいないところでバレエの
レッスンをしていたのでこれには圧巻だった。
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月のスケジュールです!! | トップ | ブルーカーテンの向こう側(... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。