半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)第4話

2017-07-12 09:35:55 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!

朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションは「タリスマン」からのバリエーションです。
ではクリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)
第4話
袖と呼ばれるステージサイドに倒れこんでいたショージは、
何とかこの痙攣を抑えたいと思うのだが焦れば焦るほど
筋肉が引き攣ってしまった。コップに入れておいた
水にも手を出せず床の上に突っ伏して、呼吸を整えるのが
精一杯だ。全力で踊ったために必死で息を吸っても酸素が
身体中に回らない。出来るだけゆっくり深呼吸をしながら、
体勢を立て直していくほかない。

出番まではもう時間がほとんどなかった。身体の
全機能が痙攣のために麻痺していくのをほとんど
精神力のみで克服しなければならない。己の気力との
闘いだった。

「さ、今立たなければ間に合わなくなってしまう…!」
出番が目前に近づいて来た。ショージの頭の中を
よぎったのは、今夜、舞台で踊っているバレエ団の
全てのダンサーたちが費やしてきた労力やこの舞台を
創り上げる為に掛かった膨大な費用、国立劇場に
携わる全ての関係者、付きっきりでショージの踊りの
ために指導して来た先生…そして何よりもこの大事な
デビューの如何でこのバレエ団に生き残って行けるか
どうか、契約が破棄されないか一線を画する人生最大の
大勝負!「絶対に失敗するわけにはいかない!」。

ショージにはバックアップしてくれる人は誰もおらず、
戻る家すらなかった。日本に帰りたくても飛行機代
さえも持ってない。ここで生き残って仕事をして
行かなければこの男は路頭に迷ってしまうのだ。

床に倒れた状態から両腕で身体を起こしたあと、
両足でガッガッと床を踏みしめて痙攣を遮った。
身体はフラフラと揺れながらおよそ人間の態を
感じられないような足取りで一番奥の舞台袖に
向かった。

出番30秒前…!

女性のソロの踊りが終わると、観客席から惜しみの
無い拍手が踊り終えた女性ダンサーの全身を包んだ。
そしてコーダと呼ばれる、踊りを締め括る華やかな
アップテンポの音楽に変わると、女性が最初に舞台に
飛び出して行く。

続いてショージの番だ。深く息を吸い素早く吐き
出した。更にもう一度もっと深く酸素を肺の中に
送り込んだショージは、オーケストラを操る指揮者を
僅かに確認すると、舞台の真中に向かって大きく
ジャンプするために全力で助走をつけて一気に舞台に
飛び出して行った。

バレエ団の全ダンサーもまたこの劇場の付属の国立
バレエ学校の全ての教員たちも、この名誉ある国立
バレエ団に一体どんな外国人が入って来たのかを
検証する目になっていた。日本を発ってからもう
6年もの月日が流れていた…。
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側…(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側…(... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。