半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)第96話

2016-12-28 08:42:08 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!

朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションは考え中です。
ではクリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)
モスクワのメトロ(地下鉄)
第96話
ようやくホテルを出ると地下鉄を発見した。それに
乗ってボリショイ劇場に行く事にした。流石に
ソビエト連邦の首都だけに地下鉄には朝から出勤
のための途方も無い数の人並みだった。ショージは
メトロの幹線地図を眺めながら、どっちのプラット
フォームから乗ったらボリショイ劇場に行けるのか
駅員に聞き、幾ら払えばチケットが買えるのかも
聞き出した。

5カペックというコインを払えば良いらしいのだが、
ショージにはどのコインが5カペックなのかが分ら
なかった。駅員にショージの持っている手の平の
中の数枚のコインの中から選んでもらった。日本の
5円玉の様な色をしたもっと小さなコインだ。
「ほー、これで地下鉄が乗れるのか…随分と安いん
だな…さ、行こう!」

地下鉄に乗ると電車の中は薄暗く、昔の日本の
地下鉄を思い出した。ショージが母に手を引かれ、
母の叔母にあたる人が住んでいる東京の「てっぽうず」
と言う銀座の外れ辺りだっただろうか…。そして
母の美智子は叔母の家で長い事話して、母の従弟
にあたる、ショージにとっての伯父とも会った事を
想いだした。その時に乗った地下鉄が丁度こんな
モスクワの地下鉄の薄暗さであった。昭和43年の
時の事だった。しかし、この電車の中の暗さはただ
単なる照明の暗さのみならず、そこに居合わせる
人間が醸し出している暗さである事も事実だ。

 電車が次の駅に止まる前に必ず、「アスタロー
ジュナ…!ディエリ ザクリュバユッツァ スレドュ
シャヤ…!」(ご注意ください…!次に止まる駅は…!)
とアナウンスの男性の声までが暗く感じた。が、この
ロシア語のトーンと言い、アクセントの流れと言い、
決して聞きずらいトーンでは無く、言葉の流れ自体は
どちらかと言えばショージは好きだ。

「お、次の駅はプロスペクト・ミーラ?って事は、
意外にもボリショイ劇場からはそんなに遠く無い所
までやって来たんだな?よしっ、降りる用意を
しなくちゃ…地下鉄でこのプロスペクト・ミーラに
来れるのなら、ボリショイ劇場に行った後でまた
このミーラ大通りの駅に戻って、あの大きな公園で
物々交換の市場で商いをしよう…その後はまた
地下鉄でホテルに戻れるって言うわけだな、よっしゃ~!
今日も爺ぃ4人と格闘だっ!それ行け~っ!」

クレムリン…赤の広場

肝心の、ボリショイ劇場のある地下鉄の駅の名前を
駅員に聞き忘れたために、大体の見当で電車から
降りたショージ。「あれっ…お…お~っ!これは
テレビに映っていたクレムリン宮殿じゃないかっ!」
通称「赤の広場」と呼ばれている場所であった。
「じゃあ、ここにいたらソ連の主席ゴルバチョフに
会えるかな?んなわけが無いか…それにしても
だだっ広いんだな~!」それに驚くほどのツーリスト
の多さだ。

「凄いなこの赤の広場という所は…」日本にいた
時に昔テレビでよく見た。まゆ毛が毛虫みたいな
ブレジネフ書記長、そして現代になってはゴルバ
チョフ大統領が見守る中、赤の広場に数十万人の
軍人が軍事パレードをしているのを見た事があった。
巨大なミサイルや戦車も登場していた。今、ショージが
立っているこのクレムリンはごく穏やかな平静さを
保ち、軍人も時折ショージとすれ違った。

クレムリンには国を守るために戦争で亡くなった
軍人の魂を弔うための墓もある。向こうから
足並みをカパッカパッ…と合わせた3人の衛兵が
ロンドンのバッキンガム宮殿の衛兵と同じように
交代するために向こうからやって来た。足並みを
崩す事無く、同じ高さに上げた足と、その踏み込む
位置も全てが揃った美しいフォームにショージは
見惚れてしまった。「でも軍人さんたち、もうちょっと
その怖い顔はどうにかならない?あのね、口を
こうやって、イ~っと横に大きくして目を潤ませ
ながらさ…あ、なんか銃で頭をぶち抜かれそうだから
言わないでおこう!」
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側…(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側…(... »
最近の画像もっと見る

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。