半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中!)第90話

2017-05-20 10:05:58 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!

朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションは「ワルプルギスの夜」からのヴァリエーションです。
様々な要素が入り、ジャンプや回転、そして目玉は表現力です。実に楽しい
踊りです。どうぞ皆様、一緒に攻略しましょうよ!!
ではクリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp


ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)
4人の爺さんたち
第90話
兎に角、この劇場の関係者入口の二重ドアーを
入った瞬間にその劇場内の温度が予想以上に温かく、
寒さが限界にまで達していたショージの身体中の
先端が急激な温度差によって痺れた。だが、人間、
どのような場面に遭遇してもタイミングというのが
非常に大切なものだ。

イレク・ムハメドフ氏が中に入った時に、その
どさくさに紛れて一緒に入ればもしかしたら門番は
気が付かないかも…と、甘い考えで一緒に門を入り、
イレク・ムハメドフ氏の挨拶も終わらない内に
ショージは爺さんたちからの死角になる、ムハメ
ドフ氏の斜め背後を歩いて顔を少しだけ下に俯き
ロシア語で挨拶をしたのだ。

そのまま止まらずに廊下を歩く事、7歩…「お、
やった…やったね~!」と、その瞬間、背後から
ガバーっと羽交い締めにされてしまったのだ。
「うわ~っ!」と驚き、後ろを見ると、門番の
爺さんの4人の内の一人が得意そうに「クトエタ~ッ!
クトエタッ~!?」(誰だこいつは!誰だ
こいつは~っ!?)と爺ぃ特有の甲高い声で
叫んだ。ショージはその手を振りほどきたかったが、
とんでもない強い力で放そうとしない。

ショージは「よっしゃ~っ!爺さん、偉いっ!
よくやったぞ!君はとうとう門番という大事な
仕事をやってのけたのだ!部外者の侵入を阻止
するのが君の役目だ!それが任務であり、使命
なのだっ!そして君は自分にもその侵入者を
捕まえる事の出来る力がある…と言う事をとうとう
立証したのだ…やれば出来る…この歳になっても
そう捨てたものじゃないさ…と今なら豪語しても
良いのだ!僕と言う部外者を捕まえた君に今
贈りたい言葉は、おめでとう…爺さん、
おめでとうっ!」などとは口が裂けても言わない。

ショージの口から出た言葉は「ちっきしょ~!
惜しかった~っ、後もうちょっとだったのにな~!
爺ぃめっ!」

ショージはその4人の門番に囲まれてドアーの
外まで連れ出された。背後からも横からも羽交い
締めのままで爺ぃたちはドアーをギ~と開くと
「そーらよっ!」ポーンとまるで罠で捕まえた
ドブネズミのように劇場から外に放り出されて
しまった。「げ~っ!さ、寒過ぎ~っ!こんな
温かな場所を体感しちゃったその後で、又、
地獄の寒さに戻らなきゃなんないのか!?」
しかし人間とは考える動物。ショージの脳が
フル回転し始めた。

門番の怒り炸裂!

まだ5秒も経ってないのに即、また二重ドアーを
開いて中にまるで初めてのように入って行くと
案の定、「こ、この馬鹿、またお前なのかっ!
何しに入って来たのだ!出て行け~っ!聞こえないのか、
出て行け~っ!」また4人の内の一人が椅子から
立ち上がりショージを目がけて寄って来たが、
ショージは頓着せずに「あ、違いますよ、ちょっと
聞きたい事があるから入って来たんですよ…」
すると、門番の爺さんは「何?聞きたい事だと…?
何だ、言ってみろ!」と鼻息も荒く、怖そうな形相で
ショージを睨んでいる。「そんなに興奮すると血が
濁りますよ…」とショージは教えてあげようかと
思ったが、そんな爺ぃの人生はどうでもいいか…
と捨ておいて、「あーあのね、今、何時かな…って
思ってさ!」

するとショージを睨んでいた爺さんの顔が見る見る
真っ赤な鬼のような形相に変わったのだ。爺さんは
震えながら「そ、そんな事知った事か…!この野郎、
出て行かないと…」拳まで上げている。

ショージを見つめワナワナと爺さんは震えていたが、
次々に楽器を抱えたオーケストラの奏者や、ダンサーたち、
また劇場関係者が入口の中に入って来た。そして
ようやく正気を取り戻したのか、それとも時間だけ
なら…と思ったのか、「お前の顔の前に時計がある
だろ…見たらさっさと出て行け…」

ショージは「あっそう…もうこんな時間なのか…
じゃ、行こうかな…今日はバレエの公演は無いの
かい?」すると違う爺さんが、「そんな事は正面
玄関で自分で調べろっ!早く去れ~っ!」
ショージはニヤニヤと笑いながら、「チャオ~」
と偉い剣幕の爺さん4人にちゃんとイタリア式の
挨拶をした。が、爺さんたち4人はこっちを
見ようとはしない。ショージは「チェッ!」と
舌打ちしながら、言われた通りに正面玄関に
廻り人でごった返しているチケット売り場で
今日の催し物を確認した
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側…(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側…(... »
最近の画像もっと見る

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン」カテゴリの最新記事