半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)第6話

2017-07-14 10:34:30 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!

朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションは「タリスマン」からのバリエーションです。
ではクリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)
第6話
ショージの目から涙が零れた。「ママ…」眠くなる
時間ではない筈なのに閉じようとする瞼…。ショージには
そのあとフ~と意識が無くなっていった。気が付いた時は
病院の集中治療室の恐ろしいほど強い光を放つ電光の下の
ベッドの上で裸にされて寝かされていた。白い医療着を
着けた一人の太った看護婦が「あ~あ~、この子ったら、
お漏らししているんですよ~っ!」
 
ショージはそんな看護婦の無情な言葉に腹が立った。
そして心の中で呟いた。「僕は漏らした事なんか今までに
一度も無いんだっ!」しかし声を出せる気力は無かった。
「誰が好き好んで漏らすもんか…身体がもう言う事を
聞いてくれないんだよ…ああ…また、意識が遠のいて
行く…」白く霞む雲の上を歩いている…「なんて気持ちが
良いんだろう…あ~、もっと行ってみようかな…向こうは
とっても気持ちよさそう…」

その白いモヤモヤの中に包まれた世界ではとても気持ちが
良かった。白い世界の中を歩いている。もっと気持ち
良さそうな向こう側…その手前に何故だか深い溝がありそう
なのだが、栄養失調で他の子供たちに比べると小さく細い
ショージだった。「軽くポンと飛べばそんな溝は超えられ
そうだな…」そしてその一歩を踏み出そうとした時に
「しょうちゃんっ!それ以上は行っては駄目~っ!」
普段はとても優しい母が真剣に怒っている様な声が聞こえ
たのだ。

その白い世界とあの溝…それこそ、三途の川…と呼ばれて
いるこの世とあの世を隔てる一線だったに違いない。
その晩、ショージは家の座布団の上で寝かされていた。
怪我や病気をしても入院出来る様な金が少年の家には
なかったからだ。だが何ヵ月か後になってからショージの
家にとんでもなく大きいグランドピアノが届いた。それは
ショージの母が少年を撥ね飛ばした運転手から多額の
賠償金を受け取ったからだ。その全額でこのグランド
ピアノを買ったのだった。

ショージは母親に聞いた。「ママ、凄いね!こんなに
でかいピアノがどうして家に来たんだろうね?」母親は
答えた。「あなたが痛い思いをしたのがこんな形になった
のよ…。さ、これからはピアノをちゃんと習って
一生懸命練習するのよ!」ショージには寝耳に水のような
言葉だった。「げーっ!僕、ピアノ習わなきゃいけないの!?」
 これが、ショージとピアノの出会いだった。埼玉県狭山の
お茶畑でチャンバラごっこをしていた、6歳の夏の話である。
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側…(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側…(... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。