半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)第80話

2016-12-10 09:44:58 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!


朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションは「ジゼル」より第一幕、ジゼルの
バリエーションです。ではクリスタル・ルームでお待ちしており
ますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)
遂にベルリン到着!ベルリンで叫ぶ悲痛な声…
第80話
ヘルベルト・フォン・カラヤンが白髪を振り乱し
ながら両頬を震わせてベルリン・フィルハーモニー
を指揮している姿を想像し、ベルリンの人々が
世界に向けてその悲痛さを訴えているのをずっと
想像して、このベルリンに来る日をショージは
夢見て来たのに、ベルリンに到着した瞬間に
プラットホームからショージは大きな叫び声で
「ンギャ~ッ!誰かが僕のバッグを盗っちゃっ
た~っ!」と逆にショージからベルリンの人々に
悲痛さを訴えるような事態になってしまった。

かなり長い間歩き回っていたら、自然にオペラ座
らしい劇場を見つけた。壁一面にバレエの
ポスターが張り出されており、看板には「ドイチュ
・オパー・ベルリン」と書いてある。ここが
ドイツの最大級のカテゴリー・Aクラスのバレエ団
であり、早くスウェーデンに帰って仕事をし始め
なければ生活費が危ういショージにとって残り
僅かな時間で最後に訪れる事が出来るバレエ団
でもあった。表の大きなポスターと看板を見ながら
ショージはと言うと、「手ぶら」だった。

ドイツ最大級のバレエ団、ドイツ・オペラ・ベルリン・バレエ団!

「劇場の中の3階まで上ってください。秘書室と
稽古場は4階です」と門衛が親切に教えてくれた。
手ぶらで3階まで来たらダンサーらしき男性が
いたので、「今、リハーサルの最中ですか?」
と聞くと、背の高い男性ダンサーは「あー、今
終わったんだ…」と、答えた。ショージは着替える
物も無いまま、「ガードローブはどっちで
しょうね?」と聞くと、「こっちだよ、僕も
今から着替えるんだ、付いて来て…」と更衣室に
連れて行ってくれた。

ショージは更衣室に着くと、その男性に泣き顔で
「僕はこのバレエ団でレッスンを受けようと
楽しみにしてやって来たのに、東ドイツの国境
あたりで列車の中で僕の大切なバッグを盗られて
しまったのです!」と見も知らない彼に打ち明けた。
その話が終わらない内に続々と、男性ダンサー
たちが入って来て、「おい、何だ!どうした、
この人は誰?」と不審がっていたが、今度は
ショージの話を聞いてくれていた男性が、
集まって来た男性ダンサーたち全員にショージの
身の上に起こった話を話した。

ショージはもう一度繰り返して全てを話すと、
「皆さん、お願いです!なんでも良いですから、
僕がレッスンを出来るように、シューズや
着る物を貸してくださいませんか…」と集まって
いるダンサーたちに訴えた。皆、顔を見合わせ
ながら暫し唖然とし、沈黙した。

バレエ団の更衣室にて…

ダンサーの一人が言い出した。「あの列車の
中ではいつも物が無くなるので有名なんだよ」
すると、他のダンサーが「そうそう、あいつら
と来たら何でもかんでも盗るんだから堪った
もんじゃないよ!僕の知り合いもあいつらに
盗まれたんだ!」

すると、1番最初の更衣室まで連れてきて
くれた、背が高く皆からマーティンと呼ばれて
いる男が、「これで良かったら使っていいよ…
返さなくてもいいんだよ、どうせ捨てようと
思っていたんだし…あ、でもちゃんと綺麗
だからね…」と、バレエのレッスンではとても
大事なティーバックのサポーターをくれた。
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側…(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側…(... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。