半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)第56話

2016-11-12 10:21:51 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!


朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションは「ジゼル」より第一幕、ジゼルの
バリエーションです。ではクリスタル・ルームでお待ちしており
ますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)
1986年 7月 オランダ国立バレエ団オーディション!
第56話
夏休みに入り、待ちに待った念願の武者修行開始だ。
朝、まだ体の調子もベストな状態ではなかったが、
前回の休暇に訪れ、心から感動したオランダの
国立バレエ団にオーディションをしてもらえないかと
電話で予約した。その期日を変える訳には行かない。

イタリアからオランダまで直行した。早めにスタジオ入り
してウォーミングアップを入念にした。オランダ国立
バレエ団「ヘットナショナル・バレエ団」の練習室は
巨大だ。色々な国のダンサーたちの肌の色が刺激的でも
ある。とても背が高いダンサーもいればかなり低い
ダンサーもいた。以前見たヘット・バレエ団の公演の際の、
プリマで踊っていた女性バレリーナはラテン系の女性
だろうか…身長が155センチ位の小柄な女性だった。
だが踊り始めたら、そんな背の高さなど微塵も感じさせ
ない素敵なダンサーだった。
 
ショージも列車での長旅の疲れを克服し、なんとか
集中する事が出来て、レッスン後にディレクター室に
呼ばれた。この瞬間は普通なら誰でも緊張するのだが
ショージは全くしなかった。何故なら受かるはずなど
無いから何も期待していないからであった。 ディレ
クターのピーター・バン・ダイツィグと、秘書もそれを
見守りなら静かにショージに向かって言った。

「このバレエ団は普通、付属の学校からの生徒しか
バレエ団に雇いません…ですが、コールドバレエ
(群舞という一番格下で大勢のダンサーの一人)で
良かったら、あなたを入れましょう…ただ、給料は
少ないですよ」そんな思いがけない芸術監督の返事に
「へ??」頭が反応しないショージであった。
「あの、少ないって皆、生活は出来ているのでしょう
か?」

するとダイツィグは表情をぐっと下げながら「ぎりぎり
な状態だろうな…」と低い声で答えた。「オランダの
貨幣ギルドで給料の額を言われても、ショージには
どれくらいの金額なのか見当がつかなかった。しかし
この予想外の結果を聞き、ディレクターに「まだ私は
イタリアのバレエ団を辞めてはいませんので午後に
返事をさせて頂きます…」と言って更衣室に向かった。
 
すると更衣室の中にはバレエ団で働いている二人の
ダンサーが着替えていた。ショージはアムステルダムの
アパートを借りるなら小さなアパートでひと月幾ら位か、
また生活に最低幾ら必要なのかと尋ねた。

 彼らに尋ねながらショージも着替えようとすると、
ショージの服が見当たらない。「え?靴も無い…
えっ!どう言う事だ? 一体どうしたんだろう…!?」
そして見つけた。服はゴミ箱の中に、靴はトイレの
便器の中に入っていた。驚いた事に靴の中に何かが
入っていた。針だ。何百本もの針!

ショージは危機感からそれらを素早く片付けると、
飛び出すように劇場を出た。失意とショックで愕然と
しながら道を歩いた。「何故こんな酷い事をするの
だろう…。何て酷い人たちが働いているバレエ団
なんだ!こんな人情の欠片も無い人たちがいるバレエ団で
仕事など出来やしない…どうしよう、もうイタリアに
帰ろうか…」項垂れながら歩いた。「忘れよう…
駅に行ってこれからの事を考えよう…」
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側…(... »
最近の画像もっと見る

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン」カテゴリの最新記事