半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

筋肉の繊維…

2012-08-22 08:50:41 | ハンガリー
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
皆さん!9月3日(火曜日)から大人を対象とした
ワークショップを開講します!毎週火曜日、時間は14時30分~16時10分です。
正しいポールドブラ、ヴァリエーション、またレヴェランスなども練習します!

ただいまサマースケジュールです!
朝10時から基礎、12時から中級、夜7時から初中級クラスです!
土曜日、日曜日、祭日は朝10時から基礎クラス、12時から初・中級レべルのクラスがあります。
土曜日の夜のレッスンはありません。
祭日を除く月曜日は休館日です。
Dream….but nomore dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションは「ライモンダ」2幕の第一場、「パ・ド・シス」からの
女性ソリストによる第二ヴァリエーションです。よっしゃ~っ!
では、クリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

(ブルーカーテン){歌舞伎で言う 前の話からの続きです…という意} 
第2109話
 筋肉は自分で実際に触ってみないとどういう調子になっているのか
分かりません。疲労困憊(こんぱい)している訳でなくとも、筋肉は
着実に繊維が凝り、本来ならピアノ線のような細くしなやかなはずの
線がまるでロープのように固まっている事があるのです。このような
状態で踊りを続けていると、とんでもない怪我を誘因する事にもなり
かねません…。

 ちなみに寝違いを起こす原因も肩の凝り、そして背中のあらゆる部分の
凝りが結果的に睡眠している最中で身体の力がコントロール出来ない時に
最終的に首を捻ったような状態にまで持ち込んでしまうのは多分、私だけでは
ないはずです。ですから、極力自分のボディのあらゆる場所を触ってしっかりと
身体の状態を把握する必要があります。

 筋肉の繊維は大きく分けて3つで組み合わさっております。1、速筋繊維、
2、中間3、筋繊維、遅筋繊維…。これだと何がどう違うのか頭が痛いだけです。
色で分別すれば分かり易いですね!1は白色、2はピンク色、3は赤色です。
そして出力で分別すると1大きい、2中間、3小さい。更に持久力では1低い、
2中間、3高い…です。疲れの原因物質である乳酸の蓄積率では1高い、2、中間
3低いです。

 このように3種類の筋線維はそれぞれ性質が違うのですが、その比率は
人によって大きく異なります。 スプリンターは速筋線維の比率が高く、
解糖系代謝が発達し、筋肉の出力が大きいものの、持久力に劣ります。 
マラソン選手は遅筋線維の比率が高く、酸化系代謝が発達し、持久力に
優れているものの、出力は小さいです。
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン
『芸術家』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月レッスンスケジュール | トップ | 乳酸を作り出す能力… »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。