半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)第117話

2017-06-20 09:53:37 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!

朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

個人向けの指導もしております!何処の団体にご所属されていても一向に
構いません。コンクール、及びバレエ団オーデイション、DVD撮影…
何でもご相談ください!! その方に合ったスピードの音楽もお作り致します。
また、誰にも知られたくない…と言う方でも、どうぞご心配されずに
ご相談ください!!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションは「ワルプルギスの夜」からのヴァリエーションです。
様々な要素が入り、ジャンプや回転、そして目玉は表現力です。実に楽しい
踊りです。どうぞ皆様、一緒に攻略しましょうよ!!
ではクリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)
小道具を手に持って
第117話
バッグがあるのだからバレエシューズをわざわざ手に
持つのもどう見てもおかしい。しかし2秒であの人を
こっちのペースに巻き込むのだから、小道具は絶対必要
不可欠とショージは寸劇に出たのだ。そしてショージの
期待通りに男は応えたのだ。「あー、今日は直ぐに舞台で
リハーサルだ。明日がバレエ『アニョータ』のプルミ
エール(初日公演)だからな!今からドレス・リハーサル
をやって今晩にはゼネラル・リハーサルだ、んじゃな!」
と言って立ち去ろうとした。

「はは~ん、やはり僕のバレエシューズを見て仲間と
思ってくれたんだな!遠目で僕のプリエをきっと見て
いたんだろうな…でも行かれちゃうと困る」 ショージは
男を呼び止めた。「あ、ちょっと!あ、アニョータって、
モダン?それともクラッシックなの?」すると男はまた
立ち止まって「アニョータを知らないのか?ウラディーミル・
ワシリエフの振付だ…クラッシックと言えばクラッシックだし、
モダンかと言えばモダンだ…そんな事は自分で見て判断
すればいいだろ…んじゃな」そう言うと、4人の爺ぃたちの
座っている筈の関係者入口の中に消えて行ってしまった。

「アニョータ…?ドレス・リハーサルだって?み、見たい、
う~絶対に見たいっ!こうなったら怒られてもいいから
関係者入口に入って見よう!そしてショージは再び二重の
門を開き、中に入って行くと直ぐに爺ぃ4人の内の1人と
目が合ってしまった。

「お、お前は今度は何の用で入って来たんだーっ!」爺ぃは、
いきなり喧嘩腰だ。ショージも咄嗟に言い返した。「えー?
何って、今日はバレエ・アニョータのドレス・リハーサル
(衣装を装着してのリハーサル)なんだし、今夜はゼネラル・
リハーサル(メーク、衣装全てを着けての本番さながらの
リハーサル)じゃないか!」と如何にも知っていたかのように
答えた。

「どうだ爺ぃ、こっちが知っているって思わなかっただろう、
えー?どうだ、すんげーか…?お前ら爺ぃ4人はどうせ
寄ってたかって井戸端会議ってもんだろうが!こっちの
知恵袋はあんたらとは、ちと大きさが違うんでね!」

ドレスリハーサル

「だ、だから何なのだ!?お前が何で関係があるんだ!
お前はこの劇場のダンサーでも無いのに、一体何しに
来た~っ!」「おいおいおい爺さんよ、そんなに怒らなく
たっていいじゃん全く。」齢を取ると人間は怒りっぽく
なるのだろうか?「関係あるさ!僕はバレエダンサー
だからな!それでドレス・リハーサルは何時に終わるん
だい?」すると頭部の横のこめかみに血管を浮かばせて
爺ぃはワナワナと震えながら「時間をお前に教えて
どうなる?お前には関係が無いっ!」

ショージは落ち着き払って爺ぃの目を見た。「あのね、
僕はここで会わなきゃいけない人がいるんだよ…」すると
言葉も終わらない内に「またか!言っただろ~が!
マエストロ・グリゴ―ローヴィチはここからは出入りを
しないって!向こうに廻れって言っただろうがっ!
こいつは~っ」

ショージは首を横に振り「違うよ違うよ!昨日ちゃんと
向こう側に廻ったよ!今日はミスター・ウラディーミル・
ワシリエフ(ボリショイの最高トップダンサー)に用があるから、
ここで待たなきゃいけないんだって!」すると「な、何~っ!
誰だ?誰だ~っ?ウラディーミル・ワシ…あん!?」
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側…(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側…(... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。