半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)第3話

2017-07-11 09:11:47 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!

朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションは「タリスマン」からのバリエーションです。
ではクリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)
第3話
登場シーンでは王子と友人の4人での僅かな踊りと戯れる
ような芝居が5分ほど…。ここで女王が登場すると、
ショージと女性ダンサー2人がそっと袖幕に消えて行く。
7分あまりの出番を待つ間、ショージは今日自分の踊りが
試されるための精神的な準備をした。

通常、ソリストが踊る「パ・ド・トロワ」(3人の踊り)
の出番はたったの2回だ。王子の友人として場を盛り
上げて次の話に繋ぐだけの役である。が、この役の男性
1人と女性2人はバレエ団でも非常に実力のある者が
選ばれる。

この準主役ともなるべき脇役は女性にしても男性に
しても憧れの主役になるための一つの登竜門でもある。
普通なら喜ぶべき大抜擢なのだが、ショージにとっては
一つの試験であった。ハンガリー国立バレエ団の全ての
ダンサーはハンガリー人だ。そんな中、日本人ダンサー
を客がどのように判断するかだ。

何処からともなく突然この国立劇場にやって来て、
170人編成の大バレエ団の唯一の外国人として
迎えられたのは、ロシア人でも無ければアメリカ人や
イギリス人でも無いバレエ団の中でも最も小さい
日本人のショージだった。

第一幕の開演から20分後にハイライト・シーンである
王子の友人たちの踊り「パ・ド・トロワ」へと続く。
女性2人とショージの3人一緒に踊る場面を終え、
次はヴァリエーションと呼ばれる、女性1人きりでの
踊りが1分30秒。次いでショージの1分12秒の
踊りを終えた。客席から沸き起こる拍手喝采は予想
以上に大きかった。ショージは日本人らしく深々と
頭を下げ、観客に応えた。そして今、2人目の女性の
踊りが舞台上で行われている。

舞台で挨拶を終え、袖幕に走りこんだショージの足の
裏の筋肉が痙攣(けいれん)を起こした。額から汗が
ボタボタと流れ落ち、折角丁寧に時間を掛けて塗った
アイラインやシャドウも滲んで滴り落ちてしまった。
ステージサイドに置かれたスピーカーから聞こえて
来るのはオーケストラピットから勢い良く流れ出る
音楽。次のショージの出番までの時間は残り1分
30秒ほどか…。
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側…(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側…(... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。