半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)第65話

2017-04-24 10:46:04 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!

朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションはドン・キホーテより「キトリの友人」のバリエーションの
躍りです。「ブライドメード」と言う名称で、ジャンプの連続です!
ではクリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)
第65話
 「ん~、どうやったら、中へ入れてくれるの
だろう…?」このまま引き下がったら折角この
ロシアまで潜り込んだのに何の意味もない。でも、
爺さんたちのガードは固いし…どうしよう?」

キーロフバレエ団芸術監督オレグ・ビノグラードフは来るか!?

関係者入り口で呆然と立って門衛の爺さんたちを
恨めしそうに見ていると次々に、バイオリンを
抱えた人や楽譜の束をバッグからはみ出させて
持ち込む人、この劇場で働く様々な人が必ず門衛に
語りかける一言があった。耳を澄ませて良く聞いた。
「ズド?ズドラストブツィエ…?」とこの門を通行
する人々は言った。「何だ、この呪文みたいな
言葉は!?」 かなり、長い間見ていたがバレエ
ダンサーは入って来ない。「ああ…芸術監督の
オレグ・ビノグラードフ氏が来てくれたら、直談判
するのにな…」門衛の爺さんたちもドアーの中に
入ってしまった。
 
扉を開けて4人一緒で固まって座っている門衛の
爺さんに聞いたばかりの呪文の言葉「ズドラスト
ブツィエ!」って言ってみた。すると、門衛たちは
呆れた顔して、「この男、まだいたのか!」と、
一斉にショージをじっと見た。流石にショージも
「あ、これはいけない!」と思って笑いながら「オー、
ソーリー!」と言って出直す事にした。

あまりにしつこいショージに嫌気が差しているこの
爺さんたちの顔を見るとショージの方が可笑しくて
笑い出してしまったが引き返そうにもまだ心残りが
ある 。 ふと、キーロフ劇場の前の大きな道の
反対側を見ると、もう一つ劇場らしき建物があり、
何かのポスターが貼ってあるのが目に止まった。
ショージは道の反対側に渡り、そのポスターを見に
行ってみた。すると幾人かの球形に太った大きな
おばさんたちがそのポスターを囲んで見ているので
良く見えない。

ショージはおばさんたちの間に割って入り、ポスターを
見るとバレエであった。一人のおばさんに「これ、
ここでやるんですか?」とゼスチャーを混ぜた
英語で聞いてみると、おばさんはロシア語を機関銃
のように使って「ダダダダ!」って説明してくれたが、
「ロシア語のイエスはダ~だよな?どうやら、
イエス、イエス、イエス、イエス ここでやる
のよ!」って事かな…日本のおばちゃんも、
そうそうそうよ!って言ったりするもんな…。」
おばさんの一人が大きな声を出して言った。
「このバレエは良いわよ!今夜なのよ!今夜!!
チケットはあそこで買うのよ!え?あんた、分ったの? 」

何処の世界でも、おばちゃんは親切で優しい。そんな
優しくて大きな丸い体のおばちゃんは自分の腕時計を
見せて、「今日の夜!この針がここに来たらこれが
ここでやるのよ!あんた、分った?」とショージに念を
押した。 ショージは「あっ!これはもしかしたら…」
おばちゃんに礼を言うと早速その足で建物の裏側へ
走り出した。
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側…(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側…(... »
最近の画像もっと見る

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。