半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)第113話

2017-06-14 09:43:38 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!

朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

個人向けの指導もしております!何処の団体にご所属されていても一向に
構いません。コンクール、及びバレエ団オーデイション、DVD撮影…
何でもご相談ください!! その方に合ったスピードの音楽もお作り致します。
また、誰にも知られたくない…と言う方でも、どうぞご心配されずに
ご相談ください!!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションは「ワルプルギスの夜」からのヴァリエーションです。
様々な要素が入り、ジャンプや回転、そして目玉は表現力です。実に楽しい
踊りです。どうぞ皆様、一緒に攻略しましょうよ!!
ではクリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)
第113話
さて、ショージは数字にかけては何よりも強いと自分で
自負している。暗算に関して言えば「神童」とまで
呼ばれた事など無いものの、誰よりも軽い脳をフル回転
させてドルとルーブルの両替を必死に計算した。およそ
30分以上も掛かって、ある事にどうしても合点が行かな
かった。

「ん?1ドルがこのルーブルになるんでしょ?そしたら
僕の稼いだルーブルは何ドルになるの??えーと、えーと…」
ようやく大体の数字が頭の中に揃って来て、その不思議が
解けて来た…と、その瞬間!

ショック!

ショージの財布の中の市場で稼いだルーブルを全て取り出し、
数えて見てから、また為替レートの数字を何度もチェック
した。「こ、これって本当か…嘘だろ!?」ルーブルを
ドルに換算すると、丁度、ショージが売りさばいた商品を
買った時の値段にピッタリだったのだ。

「って言う事は、も、もしや僕は…げ~っ!100円で
買った物を100円で売っていたと言う事と同じじゃん!
んぎゃ~っ!じゃ、じゃあ、あんな寒い所でわざわざ商売
なんかしなくたって、持っていたお金をそのまま、この
銀行で両替していたら済んでいたっていう事じゃんか…
ぎょぇ~っ!?タハハハ…」と声にならない言葉が口から
出ながら「ンガガガ…」

白目を剥き出して後ろに卒倒しそうになった。慣れない
事をするものじゃないって言う事を勉強出来たわけか。
ショージはベニスの商人よりも数段商売に長けている
つもりだったのだが。「あんたバッカじゃない?」と
言う話だった。

もう済んだ話だから仕方がないが一気に気が萎えた。
「ま、良いとしておくべきだ!貴重な体験が出来たん
だから…一生涯、忘れる事の無い思い出を作ったんだし、
ソ連の人々が何を欲っしているのかも勉強出来たん
だから…」と自分で自分を慰めてみても直ぐその後に、
こんな勉強なんか金輪際するつもりはない!と自分に
腹が立った。肩の力が抜けてお尻にまで下がるほど
ショッキングな出来事であった。

「それより、早くお金を両替しないと!早くしないと
ゴールデンフォックスが売れちゃうかもしれないぞ…
いやいや、あんなに高価な物が売れるはずはないけれど、
いずれにしても時間が勿体ないか。」ショージはロシア人
なら数か月もかかって稼がなければならないたくさんの
ルーブルを持って、あの「ヨーダ」に似た妖怪こと、
度迫力おばちゃんが待つ公園に走って帰った。

マイナス40度に近い極寒のため、「歌でも歌って士気を
鼓舞しなければ!カー、リンカ、カリーンカ、カリーン
カマヤ…シャプーカ、シャプーカ、シャプーカマヤ~!
おばちゃ~ん、あんたの好きな大量のルーブルを手に
入れたぜ~っ!」
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側…(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側…(... »
最近の画像もっと見る

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。