半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)第62話

2017-04-20 10:25:34 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!

朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションはドン・キホーテより「キトリの友人」のバリエーションの
躍りです。「ブライドメード」と言う名称で、ジャンプの連続です!
ではクリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)
第62話
再びバスに乗り込みホッとした。「大丈夫だった…
そりゃそうだ、僕は既に大使館から旅行ビザを
もらっているんだから…」 数時間経ってバスは
街の中へ入って来た。そこはもうショージが見てきた
今までの西ヨーロッパの景色とは打って変わった
ソビエトの街の景色であった。「一体、何なんだ、
この国は…!?」

レニングラード到着!ここが…!?

バスは揺れながら、レニングラードの街中へ
入って来た。建物も都市だけあって大きく、
バスが走っているこの道も片側5車線くらいも
あるかなり広い道だ。だが、昭和初期の銀座通り
さえ、もっとカラフルだったのではないで
あろうか。この国には色というものがあまり
ない。看板もない。ただ建物と道だけだ。
 
ホテルにようやく到着した。周りに高い壁が
張り巡らされた中に入って行くと、駐車場
にはたくさんのバスが停まっており、その
一角に降ろされた。大勢の軍人や検査官たちに
囲まれてホテル内へと引率された。ホテル内は
暗く、軍人や検査官たちも入り混じって誰が
誰なのか、客なのかホテルの使用人なのか全然
判らないほどごった返していた。

ガイドも一緒であったが、ここでは笑顔が全く
ない無表情な女性検査官が一切の指揮を取って
おり、ショージたちのグループをロビーの一角に
集めてパスポートを徴収した。パスポートの
返還はなかった。ガイドが「帰る時まで、
パスポートを預かります」とショージたち全員に
伝えた。「何故、パスポートを返してくれない
のだろう…?」訳が分らかった。
 
 取り敢えず制服の女性官に「レストランあり
ますか?」と尋ねると、「ダー!」(イエスの
意味)2階にあるようなので早速行ってみた。
「うわ~、何て広いレストランなんだ~っ!?」
料金はドル払いだ。5ドルほどでスープと肉の
煮込み料理を頼んだ。意外に美味しい。そのレスト
ランで水のボトルを買い込んで部屋へ戻った。
 
レニングラードの人々…

到着から翌日の朝になった。部屋を共有する
フィンランド人の男は爆睡中であった。
ガイドとショージたち一行も全員ロビーに集合
した。部屋を共有している男はこの点呼に現れ
なかった。横では朝だというのにグデングデンに
酔っ払ったフィンランド人の男たちがウォッカを
ひたすら飲み続けている。ショージは、少々の
ドルを持ってホテル内の商店にパンを買いに
行った。2階のレストランの横にその店はあった。
「ドルで買うよりロシアの金ルーブルでは買え
ないのかな…?」

店のおばさんに「ドルの表示しかありませんが
ルーブルだったら幾らなんですか?」と英語で
尋ねると、「ルーブルでは売らないっ!」と、
ロシア語で断るおばさんの突然の大声でショージは
腰を抜かしそうになった。「なんでさ!ここは
ロシアで、この国のお金はルーブルでしょうよ!」
おばさんは更に恐ろしい形相で「売らないんだよっ!
けっ!」その剣幕にショージは「殴られるかもしれない…」と
諦めて、とりあえずドルで買い込む事にした。多分
この外国人だけが泊まれるホテルでは宿泊客から
たっぷりとドルを巻き上げる策略なのだ。
(つづく)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側…(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側…(... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。