半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)第16話

2017-02-24 09:49:45 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!

朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションはドン・キホーテより3幕のキトリの友人の
ヴァリエーションです。ブライデス・メードと呼ばれております。
ポールドブラの複雑さが非常に楽しい踊りです。
ではクリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中)
第16話
依然として狭山市に住んでいるショージはそこから
電車に乗れば一時間弱で行ける新宿で、コマ劇場の
地下にあるフラメンコを見せるレストランでのアル
バイトの仕事を見つけた。厨房で皿洗いをやれば
交通費も出してくれた。時間があればフラメンコも
勉強出来るかもしれないと思ったのだ。その厨房に
働く一人の先輩の青年がジャズダンスをやっていると
言った。また、同時にタップダンスも習っているのだ
と聞かせてくれた。

先輩が誘った。「君もどう?タップダンスをやって
みないか?」ショージは早速その先輩に付いて行き、
値段の高いシューズを買ってタップダンスを習いに
行ってみた。実際タップを習い始めた初日、その
リズムと速さに圧倒されてしまい、足が付いて行けず
棒のようになってしまった。2回目に行った時は
先生から「どうやら君にはリズム感が無いようだね。
多分、君はタップダンスよりもバレエをやった方が
いいのかもしれないぞ…」と言われた。

その日の先生の言葉でショージはタップを諦めた。
リズム感を持っていない自分が情けなくも感じた。
その場で他の人にそのタップシューズをあげてしまった。
貰った方の男は飛び上るほど喜んでいた。そのシューズを
買うのにどれほどバイトしたのか。自分に全くその
才能がないと分かると惜しげもなくただで「どうぞ…」
とあげてしまったのだ。バイト先の先輩がショージに
厨房で言った。「実は六本木の「一番街」でジャズダンスを
習おうかと考えているんだ…」

ショージは以前に「一番街」ではバレエをやっている
とは聞いてはいたがジャズもやっている事をその
先輩の話から知った。

バレエとの運命の出会い!
ある日ショージはテレビでモーリス・ベジャール振付の
「ボレロ」を見た。テレビに釘付けとなった。そして
「こんな踊りの世界が存在するなんて…す、凄い!」
前衛的なモダンなダンスに完全に魅了された。そして
ルドルフ・ヌレエフと森下洋子による「ジゼル」全2幕を
見に劇場に行った。この瞬間にショージは全身の肌から
鳥肌が浮かぶほど感動した。「こ、これだ…これが僕の
やってみたい事なんだ!」

ショージはバイト先の先輩に先駆けて六本木にある
「一番街」に行った。手ぶらだった。バレエをするに
あたって一体、何が必要なのかも知らなかったのだ。
まずは実際に目の当たりにしてからと思った。朝早く
行き、門を潜るとそこに一人の婦人が一生懸命に
掃除機で床のゴミを吸っていた。ショージは無造作に
「ねえ、おばさん、ここは何時からやっているん
ですか?」と尋ねた。

すると婦人は失礼な言葉には気を掛けずに「10時
からよ!まだ時間が早いわ!」と言った。「随分と
ガラガラ声のおばさんだな…」と思った。10時に
なった。さっき掃除をしていたおばさんが更衣室
辺りから出て来た。そのおばさんは真っ直ぐに稽古場に
入って行った。すると掃除をするどころか、皆が
一斉におはようございます!と頭を下げた。ショージは
「あっ!?」と驚き、口がふさがらなかった。その
おばさんが“一番街”の主宰者である小川亜矢子先生
である事に気が付いた時、ショージは目眩がした。
ショージは大先生に向かって「おばさん!」と呼んで
しまったからだった。「知らぬが仏…」とはこういう
事だった。
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側…(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側…(... »
最近の画像もっと見る

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。