半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブルーカーテンの向こう側(男バレエダンサーの珍道中)第48話

2017-03-30 08:51:27 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!

朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を下り
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションはドン・キホーテより、3幕からの「キトリ」の
バリエーションです。扇子を使って楽しく踊りましょうよ!!
ではクリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側(男バレエダンサーの珍道中)
第48話
ショージは重大な事を今この監督に正直に話して
おかなければならないと意を決した。監督がレスト
ランのボーイを呼んで勘定を済まそうとしたその時、
ショージは「すみません!あの…本当に申し訳無い
のですが給料の前借りをしてもいいですかね?」
すると黒人のランドルが驚いて「こいつ…
嘘だろ!?」とショージを見た。監督も、そして
レストランのボーイまで驚いて目を丸くしてショージ
を見た。

監督が大きな黒い目を更に大きくしながら
「前借りって、幾ら?」ショージは深呼吸して
「私がイタリアのバレエ団まで行くに当たって
監督がこれだけあれば旅費は十分だろうと
思う金額をです。何せ私は一銭も持って無いの
です…」

すると監督が胸に仕舞ってある札束から数枚取り出し
「航空チケットは渡してあるのだからこれくらい
あれば多分、十分だろう…」と残りの札を胸に戻す
瞬間、ショージは胸の方を指差しながら「あの、
それもう一枚足したら、私は途中でちゃんと食べ
れるんじゃないですかね?必ず給料から分割で
お返しします!」「わ、分かった…」そして
ちゃっかり前借りに成功したのだった。

1985年 5月 イタリアへ出発!

イタリアへ出発する当日の朝、中国人の経営する
安いアパートを出ると荷物を持ってランドルの
家に向かった。ショージの荷物は少なく、初めて
ロンドンにやって来た時と同じボストンバッグが
一つ。箪笥代わりに廃品回収で拾ったスーツ
ケースは元通りの廃品回収へ。
 
イタリアへと出発する日は意外に早くやって来た。
これまで世話になったバレエ学校の校長や、
バレエ教師のビビアンとパスィに挨拶を済ませた。
しかし憧れだったミスター・ラフィックには残念な
事だが会えずじまいになってしまった。

思い起こせばロンドンに初めて来た時から
ショージは空港のパスポート検査でただ独り
拘束されて檻(おり)の付いた個室に3時間
にも渡って閉じ込められた。その理由は金も
持っていなければ服装も貧相で、特にイギリス
では絶対に受け入れてはもらえない片道切符の
渡航であったからだ。ショージはこのロンドン
で生涯忘れる事が出来ない過酷な1年を経験した。

限界ぎりぎりの生活とショージ自身の精神との
闘いであった。と同時に人の温かさは国境を
越えても同じなのだと言う事も知った。人は
迷い悩みそして強さを掴む事を学んだのだ。
ロンドンに降り立ったあの瞬間からショージは
神から試されていたのかもしれない。

この経験を持ってショージは「きっと大丈夫!
もうこれからの僕を待ちうける未来がどんな過酷な
状況になろうとも絶対生きて行ける!」そう信じて
やまなかった。

「イタリアに行くんだ…厳しいこのイギリスから
とうとう脱出出来る!」そこにはいない
ラフィックの顔を頭に思い描きながら呟いた。
「ラフィックさん、本当にありがとうございました。
僕はバレエを踊るためにドーバー海峡を越えて
イタリアへ行きます。いつの日か僕は絶対に再び
ロンドンに戻って参ります。その時まで
ラフィックさん、どうぞ元気でいてください」

ショージは固く心に誓った。「ロンドンに戻って
来るその時はパスポートコントロールを難なく
パス出来るよう莫大な現金と驚くほど立派な
格好をするんだ!もちろん、その際は往復切符を
必ず購入しなければ!ロンドンに来た時に
パスポートコントロールの検査官たちが僕に
向かって、良くいらしてくださいました…
と笑顔で出迎えてくれるように自分が成長
するんだ!ラフィックさん、レストランの
ウォンさん、学校の先生たち!本当にありがとう!
そして見ていろよロンドン、僕はまた戻って来るぞ!
きっと…きっと…!」(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側(... »
最近の画像もっと見る

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。