半澤正司オープンバレエスタジオ クリスタルルーム

18年間 世界中で踊り抜いた、プロフェッショナル 半澤正司が見せる!
これが、バレエ・・・
世界に通ずるバレエです!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中!)第127話

2017-07-01 09:40:48 | ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン
皆さん、バレエ教師の半澤です!よっしゃ~っ、レッスンしましょう~っ!!
http://hanzanov.web.fc2.com/top.html (ホームページ)
http://hanzanov.web.fc2.com/index-J.html(オフィシャル ウエブサイト)
皆様、12月23日 天皇誕生日の祭日に私の発表会があります。
もし、良かったら出演してみませんか?バリエーションでも良いですし、
グランパドドゥでも良いですよ!もちろんコンテンポラリーでも
良いですし、オペラでも舞台で歌います?
どうぞ、どんどん出演してください。
私のメールアドレスです。
rudolf-hanzanov@zeus,eonet.ne.jp

連絡をお待ちしてますね!!

朝は11時から初中級レベルのレッスン、夕方5時20分から初級レベルの
レッスン、夜7時から中級レベルのレッスンがあります。
皆さま、お待ちしております!

個人向けの指導もしております!何処の団体にご所属されていても一向に
構いません。コンクール、及びバレエ団オーデイション、DVD撮影…
何でもご相談ください!! その方に合ったスピードの音楽もお作り致します。
また、誰にも知られたくない…と言う方でも、どうぞご心配されずに
ご相談ください!!

Dream….but no more dream!
半澤オープンバレエスタジオは大人から始めた方でも、子供でも、どなたにでも
オープンなレッスンスタジオです。また、いずれヨーロッパやアメリカ、世界の
どこかでプロフェッショナルとして、踊りたい…と、夢をお持ちの方も私は、
応援させて戴きます!
また、大人の初心者の方も、まだした事がないんだけれども…と言う方も、大歓迎して
おりますので是非いらしてください。お待ち申し上げております。

スタジオ所在地は谷町4丁目の駅の6番出口を出たら、中央大通り沿いに坂を
、最初の信号を右折して直ぐに左折です。50メートル歩いたら右手にあります。

日曜日のバリエーションは考え中です。
ではクリスタル・ルームでお待ちしておりますね!
連絡先rudolf-hanzanov@zeus.eonet.ne.jp

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダンサーの珍道中!)
人間の壁…!?
第127話
関係者入口はとても温かく、いつまでもそこで、ワシリエフ氏を
待っていたいのだが、どうしても馴染めないのがショージを
チラチラと見ている。4人の妖精たち…幽霊たち?いや、まだ
生きているか!しかもあと50年は死にそうにない、元気な
爺ぃたちだ。

「これじゃ、とても居づらい。」常人よりも図々しい性格の
ショージだが、ここは一度退散しなければ。外に出ると極寒の
世界は人間の自由を阻む事を身体中に感じながら、「ク,ク~ッ、
寒過ぎだ!」もう直ぐに開演時間の7時になるが、一体、この
バレエ「アニョータ」は何時に終わるのやら。

どこかで時間を潰したいものだがここは普通の場所とは違い、
共産圏の真っただ中だ。夜になっても開いている場所は高級
レストランくらいなものであった。ジーンズなんか履いている
のが大間違いで、普通のズック靴なんか履いているのは馬鹿
そのものだ。マイナス38度の温度だって風が吹けばマイナス
42,3度までは平気で下がるのである。「ああ、ちょっと
きつ過ぎる…死ぬかもしれない…」

そして自分の靴と雪を見ながら、「もっとモスクワの天気や
外気温を調べて来れば良かった…」と、反省しながらボリショイ
劇場の正面の観客が出入りする門の辺りの景色に目をやると、
「おやっ、何じゃありゃ!?向こうに柵が出来ているぞ…
こんな柵はさっきまで無かったぞ…ん?さ、柵じゃない…
人間だ!人間の壁が…人間の壁が出来たんだっ!」

軍服に身を包んだ全ての人がマシンガンを両手に抱え、肩と
肩がくっ付くほどの近さでボリショイ劇場から50メートル
離れた場所に人間柵を作り、ズラ~ッと巨大なボリショイ
劇場を中心とした半径50メートルほどの円で一周取り囲んで
いるのだ!膨大な数の軍人たちは皆、ショージに背を向けて
立っている。

その理由はこのボリショイ劇場の中に観客として入っている
政府高官や各国の大使、著名人や商社の最高責任者たちを
テロリストから守るためである。「そ、そうか…今日は初公演
だから、とっても大事な人たちで劇場が満員になっているの
だった!」軍人たちの数は2~3千人は軽くいる。外からの
侵入者を完全にシャットアウトするために。

1987年12月26日 雲上の人々

初公演の初日、プルミエールと呼ばれるその日は、ボリショイ
だけに限らず、世界中の劇場に共通して言えるのは、フランス語
で言うところの「ソシエテ」つまり財界の大金持ちや、政治家、
医者、大使館関係、弁護士などの公人、著名人いわゆるショージ
などの庶民から見れば「雲上の人々」が集まる日でもある。

特にこのボリショイ劇場は世界最高のレベルを持った芸術家の
殿堂だけに、数千人の「雲上の人々」を守るために軍人までが
動員されているのだからぶったまげであった。
(つづく)
 ここはショージも喜ぶ応援クリック!お願いします!!

blogram投票ボタン


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーカーテンの向こう側…(... | トップ | ブルーカーテンの向こう側…(... »
最近の画像もっと見る

ブルーカーテンの向こう側…(男バレエダン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。