猫のアソビバ

2002年8月25日開設

ベリーダンスとアガパンサスの株分け

2017-03-20 | バラ・植物

私の祝日ってそんな感じです(笑)

これは私が愛用しているヒップスカーフ

「お願いですから痩せないでください」
先生はそうおっしゃる(笑)

スレンダーな痩せた体型というのが
もてはやされるのは日本国内だけの非常に
狭くて限られたことなのだそうで

海外でそういう人が踊っていると
子供だとか少年がクネクネしているみたいで
とても見ていられない妙な光景と受け取られるそうなのだ。

「どうか、むっちりしていて下さい」
なかなか日本にいてはそれが良いことだという意見は
聞かないね、聞くのはほんとここだけ
自分のこの体型を活かし所があるなんて
なんて幸せなことなんだろう!(笑)

さてさて、今日は楽しいベリーダンスを踊りに行く前に
私にはやることがありました


それは、タイトル通りの「アガパンサスの株分け」です
毎年毎年、ものすごく素敵な花をつけて楽しませてくれていましたが
どうもこのところ根が土の上まで盛り上がっているのが
気になっていました。

元々、実家にあったものなので
いつから株分けしてないのか聞いたら
「10年以上」だと・・・。

いくつかの株はスコップで少し掘って
ひっぱったら抜けました。
よほど、丈夫な植物なのでしょう。
そんなやり方で株を分けて植え直しても
変わらず元気です。


しかし、その他の株はどうしようとも抜けませんでした。
先に分けた株が変わらず元気なのを見届けて
ちょっとしたことでは枯れないということがわかったので
1mあるプランターをひっくり返しました

ほんとすごいな。
根だらけ。
土はどこ?って状態。

「危機的状況になっているはず」という予想で
ひっくり返してみたものの、これには
さすがにビックリしました。
写ってないけど、ビックリしたかのように
いろいろな変な虫が逃げる姿が見えました


赤玉土と腐葉土をまぜた新しい土に
いくつかの株を戻し、あとは最初にやったように
なるべく個別の鉢に植え替えました。

やれやれです。

ちなみに、本来のアガパンサスの植え替えに適した時期は
9月です。
これは先日、コーヒーとカカオの木を見る為に
鶴見緑地内にある「咲くやこの花館」へ行ったときに
『植物何でも相談』という窓口に居た専門の方に
教えてもらった情報です

ただ、私はそれまで待っていられなかっただけです。
どっちみち状態が悪くては花がつかないだろうから
1年だけ花を楽しむのは待とうという気持ちでやってます。

でももしかしたら植え替えで調子が良くなって
咲くかも知れないよ?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千早赤阪村制施行60周年記... | トップ | 大忙しだった水曜日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む